急変する世界の経済と政治!?

2018年末ロシアは1917年からの社会主義国家101年を迎えました。そして、1991年ソビエト崩壊後、それぞれが独立国家として、今も各所で紛争は起きています。

そして、日本でも、戦前戦中生まれの方には、共産主義は、危険思想という概念が育まれています。その基本的理由も分からずに、教育されたマインドコントロールです。しかし、共産主義に対する見方が、変化し、今の若者には、賛同者がいる事も否定出来ません。そこで、共産主義を受け継ぐ、ヤマギシズム社会実顕地を見ると、これが徐々に膨らんでいるのです。

今、彼らは世界にその規模を拡大しています。働かざる者食うべからずの資本主義を席巻する様な、労働者も怠け者も同じ扱いになり、ウオッカを飲んで暮らしても、配給が受けられたことで崩壊した、ソビエト、そして、段階的資本主義と唱えて、中国を開放政策に切り替えた、習近平氏、急激な成長をしましたが。

 

資本主義社会の攻勢で、見えなかった、ゴミ箱の中身を社会に見せて、ここにきて米国との摩擦で、徐々に閉塞感が広がっています。

また、ヨーロッパでもEU離脱を叫びながら、切り離せないイギリスの内情も、資本主義の脆さと資本主義外交の対外的依存度の大きさを露呈してきています。

米国の閉塞感と停滞する経済の活性化政策か、中国への関税切上げは、諸外国の株価を暴走させ、特に日本における株価は、国主導で膨張させた、偽装株価ですから、これが崩壊すれば、国そのものの痛手は、計り知れません。

ながい自民党政権が続き6000円まで下がっていた株価を8000円まで押し上げたのは、先の民主党政権でした。

まぁ、フェイクを拡散しようとするABは、批判の言葉に置き換えますが・・・

 

それを、国費と庶民の積立を全て注ぎ込んでも、2万円前後までにしかなりません。

もし国費や年金を切り離すと、5000円くらいまで下がるのです。怖い株価操作の責任は誰が取るのか!!!

下がりました、損しましたで済ませるのですか???

あまりにも巨額の投資は、国の内外の笑いものです。ここからも、この政党政権が、危ういことは明白です。

次回選挙で、野党に投票しないと、暴走国家は、改ざんで、またも、うその拡散をしますよ!!!    あまりにも危険な、そして、庶民を愚弄する政権ではないだろうか!!!

ブログに溢れる政権批判は、数えきれなくなっています。

https://ameblo.jp/1978719/entry-12460712280.html

 

https://ameblo.jp/davidsunrise/entry-12460597598.html

https://ameblo.jp/ek-ikkyu/entry-12460455627.html

https://ameblo.jp/qwert33336

https://ameblo.jp/kama137/

https://ameblo.jp/rararara705/

https://ameblo.jp/unntama/

https://ameblo.jp/pigu-20110615/entry-12459132899.html

溢れる批判記事ですか!!ちょっと書いてもこれだけあります。

そして、こんな記事があります。昔、小生が指摘した、Wi-fiやリモコンが使える機器の怖さを露呈する記事です。

まさにそれを実証する記事ではないでしょうか!!!(リンク先、注意記事)

検査して止めるには、ソフトが必要です。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村ランキング参加中です。よろしくね。


人気ブログランキング参加してま〜〜〜す。