過去記事のリライトになります。

 

「休日は休みたい」と言えない

あなたへお伝えしたいこと!

 

 

 

幸せなおかあさんよりも

「良いおかあさん」でいたかったあの頃。

 

休日は休日らしく

充実させなければ!と思っていました。

 

平日は行けない場所へ

息子を連れて行ったり、運動させたり。

 

 

でも本音を言うと、私自身は

休日は時間に追われず、

ただただのんびりしたいタイプ。

 

息子が生まれるまでは何の問題もなく

そんな感じで過ごしていましたが、

 

「おかあさんになったのだから」

息子に何か経験させないと!と

思っていたフシがあります。

 

 

公園でよく話すママや

幼稚園のママたちから

 

「土日はここへ行った」

「○○を体験させてきた」

 

といった話を聞くと

 

素晴らしいなあ

○○さんちのお子さんは幸せだなあ

 

それに比べてうちは・・って

思うことも多々。苦笑

 

芝生は青く見える問題ってやつです

 

 

だから、一日家事して

なんだか終わってしまった週末は

すごーく悪いことをした気がする。

 

誰も責めてなんかいない。

 

私が私を責めていたのでした。

 

 

当時はフルタイムで

働いていたわけではなく

外注の仕事をちょこちょことして、

 

でもまるでパートのように(!)

不妊治療クリニックに通いながら、

 

小さかった息子は託児に預けたり

 

幼稚園入学してからは

幼稚園&習い事の送迎の色々。

 

 

今の私からしたら、それだって

十分頑張っていたではないか!と

思えるのですけれどねー

 

 

二人以上の子を育てながら

幼稚園のことと習い事のことをこなし、

 

土日はレジャーに行ける

周りのママみたいに

子育てできない私はダメだと。

 

 

自分がやれていることは

まるで認めずに、

 

人と比べて

欠けている部分ばかり探していたら

 

そりゃあいつまでも

自分の心は満たされません。

 

自分と

自分の中の「自分」という人との

関係が不仲なんですもの、

 

心の中はいつも休まらない。

 

 

勇気づけや潜在意識のことを学び

周りと比べてどうか?よりも

 

自分自身に矢印を向けて

自分の本音や出来ていることに

注目していく

「勇気づけのかかわり方」を知ってからは

 

休日がだいぶ楽になりました。

 

私もよく頑張っていると

自分が自分を

認められるようになると

 

休みたい時は「休みたい」と

家族にも自分自身にも

言えるようになったからです。

 

 

で、ですね、これって


仕事を持たないママの方が

苦手分野


なんじゃないかなー

と思います。

 

 

「私、働いていないのに・・」っていう。

 

だから、休みたいと言うことに

抵抗を感じる、ってあると思うのです。

(というか、私がそうでした。笑)

 

このあたり、

話し出すとまた長くなるので

今回は割愛しますが、

 

 

外で働いていない

働いていない

 

 

というわけではないから。

 

家事代行サービスって

高いです!

 

それくらい価値がある仕事を

家でしているわけです。

 

週末くらい

休んだっていいじゃないですか。

 

 

明日からまた元気に

機嫌良く動けるための時間。

 

 

ともあれ、

ママが丸一日休むのは

難しい部分もあるのも確かです。

 

この場合は

 

ゼロか100

 

で考えないこと!!

 

 

休もうと思ったのに

結局、あの家事もこの家事もした。

ムキ―っ!

 

とせずに、

 

平日の家事が100だとしたら

休日は6割くらいに減らそう

 

みたいな感じにする。

 

「4割は休めた!」

と思うか

 

「4割しか休めなかった・・」

と思うかは

 

自分で決められます。

 

 

 

本日もお読みくださり

ありがとうございました。

 

 

ベル 講座・レッスン・イベントのお知らせ

→自分と仲良くなってより幸せなママになる!ELM講座

→勇気づけカフェ@オンライン

→キレイなママになるためのメイクレッスン


ベル 必見!マタニティ・産後のお役立ち記事リンク集→目次

人気記事はコチラ!→マタニティインナー →産後インナー


ベル 姉妹ブログ『キレイ妊婦になる方法』→ママのためのプチ心理学

こちらにも『ママの心にまつわるお話』を書いています。
「何度も読み返している」というお言葉をいただくので、よろしかったらお読みください!