妊婦さんとブーツ。

テーマ:



妊娠しても、ブーツはきますか?



数年前、マタニティカタログ秋冬号の撮影打ち合わせで、

もめにもめた課題です。



「なぜ、そんなことでもめる??」と思われる方も

いるかもしれません。



もはやシーズンレス化までしているブーツですが・・。


「妊婦さんは、ブーツはNG!」


と発したのは、媒体責任者。つまり、エライ人。40代男性。


エライ人の主張はこう。

妊娠中はお腹が大きく、下が見えにくい。

しゃがんではかなければならないブーツは危険。

ファスナーを上げる時に、腹圧がかかるのも心配と。

石橋を叩いても渡らないくらい慎重派の人らしい言い分です。

まあ、やさしい性格からとも言えるのかもしれませんが・・。


一方、私を含めた制作・デザイナー・スタイリストさんたち女子は、

妊娠中とはいえ、ブーツ無しの秋冬ファッションはありえないと

主張しました。それに、脚の防寒にだってなる!と。


あんまりエライ人がごねるので、

撮影用の“お腹”(たしか腹囲は95cm)をつけて、

ブーツを脱ぎはきしてみた私。

たしかに、サイドファスナーのものは骨が折れました。

お腹が大きくなると、本当にお腹から下が見えにくくなりますね。

(気づかぬうちに、妊娠線が出来てた!というのも頷けます)



もう、本当にあきれるくらいもめたのですが、


・ローヒールであること。


・サイドファスナーではなく、

すぽっとはけるデザインであること。

(つまり、脱ぎはきしやすい=危険が少ない)


という条件付きで、なんとかエライ人を説得。

水天宮にも、やっぱりたくさんいましたよ、ブーツの妊婦さん!と、

リサーチもぬかりなく。


ロングジャンスカの時代とはちがい、

今のマタニティファッションは、とってもおしゃれです。


特に、スキニーデニムやレギンス、

ミニ丈のワンピースやジャンスカには、やっぱりブーツが合いますね。


最近では、ブーツにもバリエーションが増え、

ウエスタンやムートン、ニット、くしゅくしゅタイプなど

すぽっとはけるデザインがたくさん。

街行くブーツファッションの人を見る度に、「いいぞいいぞー」と

未だに内心うれしく思う私です。



が、去年あたりからまた問題が。


そう、ブーティの登場です。



三十路の私などには、「お母さんのレインブーツ?」に

見えなくもなく、ちょっと抵抗がありますが、

若い女子がはくと、かわいいんですよねー。

ミニワンピとカラータイツに合わせたりしたら、最高です。


残念なことに、ローヒールのブーティって、

見かけませんね。ハイヒールだからこそのブーティ?


せっかく、ミニワンピもカラータイツも

マタニティでかわいいのがあるのに・・と、残念に思います

いっそのこと、ヒール低めでもかわいいブーティを

企画してしまえ!とも思いますが、もう、その立場にいないので。

残念です。トレンドにも波がありますしね。



マタニティブーツファッションを勝ち取った(?)ものの、

なんだか危険な香りがするブーツを履いた妊婦さんを

見かけると(少数ですが)、心配になってしまうおせっかいな私です。


前出のエライ人に、

「企業姿勢として、妊婦さんへの配慮を大切に」と叩き込まれ、

個人的にも、それは大切なことだと考えていたので、

「かわいいから」の一言で、なんでもありにしてしまうのは、

やっぱり気になります。

「かわいい中にも安全で」といいましょうか。



なんだか、最終的には小姑のグチみたいになってしまいましたね。


妊婦の皆さん、どうか、安全なブーツでお過ごしください。



妊娠中の靴選びに関しては語り出すと止まらないので、

今日はこのへんで。





↓参加してます。応援、よろしくお願いします(*^-^*)


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ にほんブログ村 マタニティーブログへ