映画「アウトブレイク」(1995年製作)を彷彿とさせる現実。

2015年のビル・ゲイツさんの予言通り、パンデミックに準備不足だった世界。

あの名曲「なんでもないようなことが~幸せだったと思ぉう~」が沁みる昨今。

世界中がコロナに翻弄されたこの数か月。そして同時に、長い間不可能だと

思われていたことや、非常識と思われていたことが、リアルになり始めたのも

また事実です。

 

会議アプリZoomの1日の利用者数が一気に30倍になり、現在3億人、

日本では長年リモートワークは実現されませんでしたが、可能な業界では

すぐ導入できました。それに伴い、会社(社屋)って本当に必要なのか、

絶対的に出勤する必要性があるのか、など今まで当たり前すぎて議論の

対象にもならなかったことが真剣に問われています。これから一気に

不景気になることで、人手不足ということばも死語になり、バブル期並みに

入社のハードルを下げてきた企業も、突然就職氷河期並みの難しさに

逆戻り。複数の一部上場企業は昨年から45歳以上の希望退職者を募って

きたので、この不景気を機にバッサリ行くでしょうし、しばらく転職も難しく

なります。3密が敬遠されることから、音楽、演劇、お笑いライブなど屋内で

開かれるイベントはNGになり、映画を観るにも外食するにもキャパの50%

程度しか入れないでしょう。普通に乗っていた新幹線や飛行機も以前の

ようには乗れなくなりますし、そもそも出張が劇的に減ると予測します。

私たちは価値観とライフスタイルの変革を余儀なくされます。

 

一方、一連の報道を見ていて変わらないと思ったのが、日本人の国民性

や考え方。3月中旬から、日を追うごとに急激に悪化していくニューヨークの

現状を目の当たりにして、東京も1か月後にこうなると思いました。

現在5月15日、新規感染者数は100未満、毎日500名以上亡くなっていた

ニューヨークとは比較にならないくらい少ない感染者数です。報道では

遺伝的要素や、予防接種などのワクチンが効いているなど、様々な憶測が

ありますが、僕は日本人の衛生概念と、お上への従順さも一因ではないか

と考えています。

 

僕は高校、大学、社会人と足掛け約5年アメリカに住んでいましたが、

アメリカ人は家でも靴を脱がない。ベッドの上でも平気で乗っかります。

あと手を洗う習慣が徹底されていない。マスクをする習慣もない。

外出禁止令が連邦政府から出ても、「オレたちの自由を奪うな!」と

3密状態でデモに参加する人々。。。日本人は自粛と言われると一部の

人を除いて基本的には従うし、自粛警察と呼ばれるような人まで登場します。

今回(今後はわかりませんが)コロナ拡大が限定的だったのは、こうした文化

的背景も一因だと思われます。

 

コロナで変えなければいけないこと、変えない方が良いこと、私たちが

ひとつひとつ丁寧に考え、実践していく必要がありそうです。

ちなみにコーヒー業界は価格が高いものから、リーズナブルなものにシフト

していく、とICO(国際コーヒー機関)は予測しておりました。世界的不況なの

ですから当たり前で、そんなことKCK(児玉コーヒーの勘)でもわかります。