南仏マルセイユでマタニティライフ・・・と、その後。

2012年12月初旬、ワーホリにて渡仏。
2013年、すぐに妊娠発覚で男の子を出産。
2016年、出会って12年目にして南仏男と結婚。
国際結婚、第2章がスタートです!!


テーマ:

子供達へのサプライズ第2弾!!笑ニヤリ

 

って、事で・・・。

 

ディナー会場は元々4つ星ホテルのレストランだけあって

 

何も無い状態から椅子やテーブルの業者、

 

又はトレトゥールの(ケータリング専用)会社にお願いする状態

 

ではなかったのでフローリストからも

 

シンプルにお花を設置する事で打ち合わせが済んでいて、

 

実際に費用も削減。

 

何より、日本と違って設置した際のお花とかは後から

 

撤去しなければいけない・・・。

 

派手に着飾れば着飾るほど撤去に苦労する。

 

(業者を入れない限り誰も片付けてくれないので自分たちで必然的にやる事になるから。

 

あっつ、でも、最低限はホテル会場なのでホテルのスタッフさんがやってくれますが・・・。

それ、最大のメリットかも。)

 

実際に翌日、

 

持って行ってもらえるお花はゲストに配って、

 

出来ないデカイお花とかは会場のレストランに寄付。

 

(もったいない・・・持って帰りたかったけどえーん泣く泣く。)

 

 

それから、

 

ディナーを楽しむ予定のテーブルは通常のディナー時のテーブルセッティングで

 

会場のレストランにお願いしたのだけど、

 

問題は子供たちのテーブル。

 

1歳〜7歳までのちびっこ達。

 

通常よりも自分たちでいろいろ作成して費用を削った分、

 

子供達のテーブルにはこだわりたかった。

 

 

ここで、彼と大もめ。(゚Д゚)≡゚д゚)、カァー ペッ!!

 

 

元々、会場探しの時から、

 

子供達が多いから〜っといろいろ注文を付けていたので、

 

制限される会場選びで全然決まらなくてあせる

 

うちの旦那、子供が多い事に嫌々になっていた。

 

それに、離乳食の子以外は食べなくてもしっかりディナーの料金とかも請求される。

 

子供が多ければ多いほど、親のためにベビーシッターを雇わなければいけなくなる。

 

でも、来る人(ゲスト)の親は何も支払わないよ。っと。

 

要するに、

 

子供になぜお金をかけるのか?

 

祝儀も一切もらえないのに。

 

騒がれてぐちゃぐちゃになるだけ。

 

子供は預けて来るべきだ。っと。

 

 

旦那の友達には子供が多いと自分たちも楽しめ無いし、

 

ずっと子供の面倒を見ないといけないから、面倒くさい。

 

っと打診するほど。

 

 

その事に、私、大激怒!!ムキー

 

 

子供も立派なゲストだし、

 

子供が多いなら多いでどう楽しめるか

 

考えてあげればいいだけ!

 

 

お金の問題じゃないのよ。

 

 

それでもアンタ、

 

 

父親!!!?( ̄へ  ̄ 凸DASH!DASH!DASH!

 

 

私側のお友達の子供は全て女の子だけどちびっ子でもちゃんとマナーがある。

 

どの、子供を見て言ってるんだい!!(# ゚Д゚) ムッカーアップ

 

っと。

 

結局、子供が来るのは決定だから、

 

私一人で考えるから文句つけないで。っと。

 

(あなたの)友達にも余計な事言わないで。

 

気を使うでしょ!!

 

相変わらず、人に対する配慮がない。ムキー

 

結局、

 

旦那の友達の子供は直前に自分たちの親に預けるから

 

連れて行か無い。

 

っと聞かされ、

 

それも、

 

一人が言い出すと違うお友達も気を使う。

 

って事で、

 

うちの息子が大好きなフランス人の

 

お姉ちゃん達2人が来れなくなって、

 

ガーンショック!!

 

その時点で、すでにもう、子供用のグッズを買たり、

 

会場内のトイレにオムツの替えやらマットの準備をしてしまっていたから。

 

これも、彼のデリカシーのなさが原因。

 

 

ホント、最悪。ムキー

 

 

小さい子ほど、きっと記憶には残らない。

 

そんな子供達になぜ、時間とお金を使う必要があるのか?

 

合理的なフランス人の分かりやすい意見。

 

 

ちょうどムービー製作中に昔のアルバムを見ていた際に思い出した事があって、

 

私は小学校1年生の時に出席した母の弟の結婚式で

 

綺麗な綺麗なオーダードレスを着れたのにずっと、

 

座りっぱなしでしょんぼり退屈で退屈で仕方なかった記憶しかない。

 

写真に写る私はつまらない表情。

 

早く帰りたい表情。

 

だからか?

 

結婚に対してこだわりがないし、国際結婚だし、

 

前撮りのウエディングフォトだけですでにもう

 

満足してしまっていたから、

 

『結婚しよう。』

 

『ウエディングドレス着れるよ。』

 

っと言われても、

 

あんまりピンと来なかったし、

 

お金がかかるだけだし準備も面倒くさいから

 

わざわざショボーンやらなくてもいいんじゃない!?

 

っと言う、意見だった。

 

二十歳越えてから定期的に誰かしらの結婚式に参加して、

 

結婚式の感動は味わえてるからそれだけで十分。

 

何より、自分の結婚式・・・

 

真顔イメージが湧かない。

 

全然、憧れがない。

 

なんて、乙女じゃないんだ・・・私。汗汗汗

 

でも、

 

やるか、やらないか。

 

やる。っと決めてしまったから、最後までやりきりたい。

 

きっと子供達の記憶に残らなくてもいい。

 

ただ、可愛いちびっ子お姫様達が自分たちが結婚する時に

 

本物のお姫様になる時が来る事を夢見て欲しいと思った。

 

私みたいに真顔シラっとしたつまんない女子にはならないで欲しいなと。

 

 

フランスは本当に離婚率が高い。

 

日本みたいにしっかり結婚パーティーまで挙げる人は少ない。

 

常にパートナーはいても、子供がいても婚姻はしていない。

 

だから、結婚式自体しない人が多いのも頷ける。

 

実際に、私たちの結婚式間際に唯一の既婚者の旦那の友達が

 

離婚するから奥さんは来ない。

 

っと言われて驚いた。

(それも式当日間際でしっかり料理代支払いましたよ。しょんぼり

 

↓↓↓単なる愚痴ですが・・・。

 

滝汗離婚調停中で職もないからお金もない。

 

なぜ、そんな人を呼ぶのか?

 

愚痴り出したら長くなるのでてへぺろ

 

また、別でダメフレンチ男の実態でも記事にしますわぁ。苦笑)


 

今年に入ってから3人目。

(パートナーと決別した人。ぼけー笑えない。)

 

だから、幸せいっぱいで結婚する。っていうのもなんだか心苦しい。

 

でも、子供達には夢見る少女でいて欲しい。

 

って、事で彼の意見を真に受けず独自に作戦を立てて実行。

 

 

結果・・・

 

 

うちの旦那、子供達へのサプライズテーブルの内容を

 

ママンの友達に褒められてご満悦。ニヤリ

 

 

自慢げに経緯を説明。

 

 

 

(# ゜Д゜)∂ はぁあ?

 

 

おぉお〜〜〜〜い!

 

 

その人、

 

大反対してましたけど。

 

 

滝汗あせる複雑な心境な私。

 

 

 

私が彼の意見を聞かないから、彼はママンに愚痴って、

 

途中から彼のママンからも子供には気を使わなくていいのよ。っと打診され、

 

 

(ママンに)余計な事を言わないで!っと

 

 

ムキー大・大激怒

 

 

このぉ〜マザコン男め!!!Σヽ(`д´;)ノ うおおおお!

 

 

そんなこんなで、一悶着あっても、

 

みんなに反対されても押し切った子供達のテーブル。

 

 

クラッカー大成功でした。

 

 

女の子が多かったのが功を奏して、あれこれ考えて探し出した

 

アイテムの一つがこちらのBOX↓↓↓

 

 

意外にこの大きすぎず、小さすぎずで尚且つ、


誰が見ても『ラブ可愛い』って思えるBOX。

 

結婚式後にお土産の形にしたかったから、

 

取っ手付きにこだわったのもポイント。

 

姉妹のちびっ子お姫様もいたから、喧嘩しない様に10個以上在庫がすべて揃う物。

 

結果、

 

喜んでちびっ子お姫様達はいろいろと好きな物をそのBOXに詰めて

 

帰って行きました。

 

うちの姪っ子も

 

『たからものボックスなの。ドキドキ』っと言ってくれて恋の矢

 

機内持ち込みにまでして日本へ帰国して行きました。

 

デレデレ可愛すぎ!!ドキドキドキドキドキドキ

 

 

元々このアイデアを思いついたのは参列してくれた日本から

 

わざわざ来てくれたお友達のおかげ。


以前、

 

うちの息子のためにの日本から送ってくれたカンカンで出来た

 

トーマスのお菓子BOX。

 

 

このBOXがお気に入りになったうちの息子は出かける時はもちろん、

 

寝る時も離さない時があって、同じ様なカンカンBOXを

 

日本で探したのだけど全然見つからない。

 

それに、フレンチお姫様には知らないキャラクターだと

 

アウェイになってしまう。

 

そうするとディズニー系?

 

・・・ディズニーストアにまで足を運んだけど

 

全然目ぼしいBOXが見つからず汗汗汗

 

ようやく探し当てたBOX。

 

それを、席札&プレゼントの代わりにしました。

 

日本の駄菓子とデコアーティストで活躍している

 

学生時代からのお友達にオーダーした

 

ロゴ入りストラップと子供サイズの指輪や髪留め・・・。

 

友達がマルセイユに来てくれた結婚式前日、

 

マルセイユの空港内のスタバでひたすら持て来てくれた

 

ロゴ入りストラップを事前に作っておいた

 

エスコートカードとコラボ。

 

友達も手伝ってくれて完成した子供たちへのサプライズ!!

 

 

 

 

 

ラブラブラブ本当に可愛い、可愛いちびっ子お姫様たちでした。

 

 

それから、

 

きっと、ディナーが出て来てもじっとはしていられないちびっ子お姫様達のために

 

お絵描きセットを持ち込んだら、いっぱい絵を描いてくれました。

 

そしてなぜか?

 

びっくり絵のモデルが私。

 

ディナー時、

 

私はどうしてもあちこち動けなかったけれど、

 

いっぱいの子供達が私の席に描いた絵を持ってきてくれました。

 

今は私の宝物です。

 

諦めないで良かった。

 

いっぱい子供達の可愛い、可愛い笑顔を見られました。ラブ

 

 

そして、何より、市役所での手続き後の

 

シャボン玉シャワーから、

 

セレモニーのフラワーシャワー、リングガール&ボーイ、

 

Photo Boothでのカメラマンもみんな子供達が

 

大活躍してくれました。

 

そして、最後のダンスタイムも大はしゃぎ!!

 

うちの親や姪っ子は案の定、

 

早々と併設されているホテルの部屋に行ってしまったけど

 

日仏ハーフのお姫様達はダンスタイムも盛り上げてくれました!!

 

 

日本で子供の多い結婚式を見た事がなくて、

 

(ほぼ、迷惑だと思って連れて行かない。

 

来ないで。が現状だと思いますが。)

 

どうなるかなぁ?っと、いう心配も(主にうちの旦那。)

 

吹き飛ばしてくれるほどの子供達の大活躍で

 

本当に、本当に楽しい結婚式でした。

 

ラブドキドキありがと〜〜〜!!

 

 

 


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

じゃがっ娘さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。