南仏マルセイユでマタニティライフ・・・と、その後。

2012年12月初旬、ワーホリにて渡仏。
2013年、すぐに妊娠発覚で男の子を出産。
2016年、出会って12年目にして南仏男と結婚。
国際結婚、第2章がスタートです!!


テーマ:

今回、

 

最大の難関になった、

 

自作のオープニングムービーとサプライズムービーの2本。

 

実は、フランスで日本みたいオープニングムービーやエンディングムービーを

 

会場内で余興として上映するのはかなり稀。

 

新郎と新婦にくっついて1日撮影した映像を編集してムービーを製作してくれる業者はいっぱいあったけど、

結婚式の余興用にオリジナルムービーを作成してくれる様な会社がほとんどなかった。

 

 

私はここも予算削減で作る気満々で準備。

 

 

当初の私の考えでは、

 

自作ムービーの発端はうちの旦那のためにサプライズムービーを作りたくて、序章のオープニングムービーはあっても、なくても?っという感じだった。

 

でも、

 

『ドラクエ城』(勝手に命名。)を発見した時にもう、

私の頭の中でドラクエのオープニングムービーの曲がリピート!!

 

 

旦那にこんな感じにしたい。デレデレドキドキドキドキドキドキって言い出したら、

 

 

 

旦那、真顔・・・。』

 

 

 

・・・完全に冗談だと思っていたらしい。

 

私が有言実行でオープニングムービーの画像を制作しだして、

 

日に日に出来上がっていく姿をみて、

 

 

旦那・・・

 

 

チーン・・・絶句。』

 

 

この、口笛音楽にしたいの。って、ドラクエのオープニングの音楽を流したら、

 

 

何度も

 

 

ポーンポーンポーン本気か!?

 

 

 

本気なのか!!?』っと聞かれたけど、

 

 

どうして、冗談に何日もの時間を費やすのか。

 

そんなに、暇じゃないっす。私。

 

って、事でオープニングムービーは日仏の国際結婚らしく、

 

お互いの国を紹介しつつ、私と旦那の紹介と出会ったなれそめと息子の紹介・・・。

 

日本だとオープニングムービーの上映時間は4〜5分くらいがいいと言われているけど、

 

私たちはすでに子供が生まれてしまっている関係で

 

息子を登場させないと全体的な流れが作れない&息子を知らないゲストのためにも。

 

っという事で8〜10分を目標に思案。

 

長いからどう、飽きさせない工夫をするか?が課題。

 

そして、制作準備段階で何が大変か!?って、笑い泣き

 

 

膨大な写真から使う写真を

 

選ぶのが本当に大変。

 

 

それも、オープニングムービーは写真が中心だから日仏の字幕を入れないといけない。

 

日本語はいいけどフランス語翻訳を全然やってくれないうちの旦那。ムキー

 

今回、ゲストに飽きられないようにいちよう、ストーリー構成で作成。

 

注意点は自分たちのラブラブな写真はあんまり入れない事。

 

その代わり、結婚式に参列してくれた人たちの写真を入れるために過去12年分の写真&お互いの幼少期の写真や親の結婚式の写真までさかのぼって探しまくった。

 

 

とりあえず旦那の『やる気スイッチ』が入ってくれるまで進めちゃおう!

 

っと勝手に推し進めた私。

 

いろいろなシナリオを作成して、

 

ウインクいざ作ろう!っと思った時に、

 

重大な事が起きてパニック!!!∑ヾ( ̄0 ̄;ノDASH!DASH!DASH!

 

 

実は、私・・・

 

前職は広告代理店で営業をしていて、

 

見積もりを立ててデザイナーに発注していた人。

 

だから、会社を辞めて少しデザインの勉強をした際、WindowsからMacへパソコンを変え、

 

以前使っていたWindows専用の動画編集ソフトが使えなくなってどうしよう?っと

 

思っていた際に、

 

私よりも数ヶ月前に結婚式を挙げたCちゃんにMacの中に導入されている

 

『iMove』っという動画編集ソフトの使い方を日本にいた際に教えてもらって

 

それで作成する予定だった。

 

だが、しかし!!!滝汗滝汗滝汗

 

フランスへ戻ってきていざ、作ろうと思ったら・・・。

 

なぜか、写真が上手く読み込めない。

 

私はデザイナー歴が少なくて(マダ!?)プロではない。

 

問題が起きた時の解決がサクサク出来る人ではない。

 

だから、

 

ガーンパニックになりつつ、

 

問題解決のためにいろいろなHPを検索、

 

YouTubeで検索。

 

3日後・・・。

 

えーんダウンダウンダウン諦めた。

 

もう、時間もない。

 

出来ないんだったら違う方法を。

 

迷って、悩んで、足踏みしてる時間なんてない。

 

たまたま、パソコンを買った際に立ち上げを前職の先輩にお願いしたため、

 

『Premiere Pro』っという、

 

動画編集ソフトを入れてもらっていたため、

 

どう使うかを検索。

 

・・・このソフト、

 

テレビ局や動画編集会社が使用するプロ用の動画編集ソフトだと分かった。

 

ゲッソリチーン。

 

でも、もう、これを使うしか道がない。

 

っとパニクってるのを卒業して、どうやって使うかを再度ネットで検索。

 

 

さっぱりわからない。笑い泣き

 

 

・・・と、とりあえず作ってみよう。

 

 

 

大切なのは前に進む事。

 

 

 

って、事でド素人な私でも、

 

 

出来るのか?

 

 

出来ないのか???

 

 

未知な世界にIN!!

 

 

 

・・・やってみるもんだ。グラサン

 

 

 

なんとか、形になった。

 

実はこのソフト、プロ用。ってだけあって、

 

専門用語が多いし、

 

機能をどうやって使うのか全然分からなくてそれを調べ上げるのに数日。

 

写真を入れ込んでも、素人でも簡単に出来る様な自動編集とかはない。

 

(簡単に編集出来る動画ソフトのメリットは

 

勝手に写真を並べてくれて、

 

それを編集すればいいだけだからマジで簡単だと気付く。)

 

 

 

何度も無理かもしれない。笑い泣き

 

 

って半泣きな毎日。

 

 

でも、諦めきれない理由があった。

 

 

それは、

 

私が日本へ戻った2ヶ月の間に、

 

旦那のためにサプライズムービーに登場してくれた人たちに、

 

『動画、撮らせてもらったけど

 

 

上映できませんでした。』って

 

 

いう言葉を絶対に口にしたくなかったから。

 

 

やるか。やらないか。

 

 

結婚式準備をし始めた時に決めた私たちの合言葉。

 

 

やるか。やらないか。

 

 

絶対に諦めきれなかった。

 

 

それが理由。

 

 

それも今回、

 

サプライズムービーの方は、

 

旦那が日本に住んでいた際にお世話になった人たちばかり。

 

 

時間を作ってくれて撮影させてもらった動画を絶対に無駄にしたくなかった。

 

 

うちの旦那を懐かしんで探してくれた&頂いた昔の写真を無駄にしたくなかった。

 

 

忙しいのにすぐに動画の日本語をフランス語翻訳にしてくれたSさんの協力を無駄にしたくなかった。

 

 

一部動画がなくて、

忙しいのにオカンから借りたビデオカメラの中から動画を探して送ってくれた兄嫁の時間を無駄にしたくなかった。

 

 

ハネムーンの準備で忙しいのにムービー作成の方法をせっかく教えてくれた&いろいろ協力してくれたCちゃんにも、

 

『出来ない。』って泣きを入れるなんて絶対にしたくなかった。

 


 

一人の力ではなく1本のムービーに関わってくれた全ての人たちの行為を

 

無駄にしたくなかった。

 

 

だから、

 

絶対に諦められない。

 

 

そんな事、全然知らない能天気なうちの旦那。

 

 

上手くいかなくてムキーイライラしまくってる私を横目に、

 

『・・・やめれば?』っと何気に言ってくる言葉を完全に無視して、

 

ずっと作り続けたムービー。

 

気持ちを切り替えて、新しい未知なるソフトで作り始めて何度もトラブルにぶつかったけど、

 

何とか上映出来た2本のムービー。

 

 

DJの人に『2本目はサプライズだから。』

 

っと念を押して上映してもらったムービー。

 

 

 

 

 

旦那・・・。

 

 

 

 

 

泣いた。びっくり笑い泣きえーん

 

 

 

 

登場してくれた人たちが私の会った事のない面識のない人達も居て、

 

 

旦那:『ポーンどうして?何で??(知ってるの?)』

 

 

ビックリなサプライズムービーになりました。

 

 

そして、何より驚いたのが、

 

時間がなさすぎて、なかなか上映時間を短く編集できないままになってしまって、

 

きっと、フランス人は飽きるだろうなぁ〜。

 

席について見てくれないだろうなぁ〜っと思っていて、

 

興味のあるのは親族くらいだろうなぁ。っとぶっちゃけ思っていたから、

 

自己満ムービーを見させられて飽きれられるだろうと思って覚悟を決めて上映したムービー。

 

びっくり意外にもちゃんと席について見てくれて、

 

好評でビックリ。

 

両方とも、連日徹夜で作業しても出来上がらなくて笑い泣き

 

結婚式当日の会場にパソコンを持ち込んで最後の仕上げをして、

 

上映間際に出来上がったのだけど、

 

何とかトラブルもごまかし、

 

一通り上映出来て拍手をもらった時には安堵感しか残らなかった。

 

でもえーん

 

完璧なムービーではなかった事にやっぱり悔しさが残って、再度作り直しました。

 

理由は、旦那のママンがまた、

 

『見たい。』っと、言ってくれたから。

 

クリエイター魂がふつふつ。

 

実はオープニングムービーは旦那がやっと翻訳してくれてフランス語の字幕を入れて

 

最終チェックすれば完成!!っていう時に、

 

ファイルが固まってすぐに落ちてしまうので

 

途中経過の日本語のみしか入っていないムービーを上映することになってしまって、笑い泣き

 

当日は出来上がっているフランス語翻訳をマイクで旦那、朗読。(^◇^;)苦笑

 

だから、後日、完璧にフランス語&日本語翻訳の入ったムービーを作ってみて、

 

翻訳を入れるとさらに4分も長くなってしまって

 

日仏の国際結婚の面倒くささを実感してしまいました。

 

でも、ある程度納得がいく出来栄えにはなったからまぁ〜いいか。

 

欲を言い出しだしたらきりがないし。

 

でも、この長時間ムービー作成のおかげで、テレビを見ている時、

どうやって作られてるのかが少しわかるようになってしまって、ドキドキカッコイイムービーを見るとどうやって制作されているのかが気になって、気になって・・・。

 

時間が出来たらもっとカッコイイムービーを作ってみたい!!

 

そんな欲望が湧いてしまった・・・。

 

 

 

オープニングのロゴ。↑↑↑

 

欲を言うと左右から花火を打ち上げて花が咲いたように左側に散らした動画を作成したかったけど時間と知識が無くて断念。

 

作り方を解読するのに時間がかかりすぎて無理だった・・・。

 

文字もどうしても岩肌が上手く出来なくて断念。

 

結構、断念した部分が多くて限られた時間では作りこむのが大変だった。

 

総制作時間:3週間(2本のムービーを同時進行。)

 

 

すっごい、余談ですが・・・。

 

こだわったのは、

 

ドラクエシリーズ大好きな私が一番好きで持っていた音楽CDを使えた事。

 

それも、

 

『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』の序章テーマ曲。

 

(シリーズによって音楽が微妙に違うの。)

 

このシリーズは、

 

主人公が小さい頃から青年、

 

大人へ成長してその冒険の中で2人の女性と出会いのちに

 

どちらかをお嫁さんにして産まれてきた2人の双子と冒険をする一生のストーリー。

 

私はどちらのお嫁さんも選んでエンディングを2回見た人。

 

(決してマニアではない。)

 

それだけドラクエ好きな私が、

 

まさかの『ドラクエ城』(何度も言うけど勝手に命名。)

 

で、結婚式が出来るとは・・・。

 

人生何があるか分かりません。


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

じゃがっ娘さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。