南仏マルセイユでマタニティライフ・・・と、その後。

2012年12月初旬、ワーホリにて渡仏。
2013年、すぐに妊娠発覚で男の子を出産。
2016年、出会って12年目にして南仏男と結婚。
国際結婚、第2章がスタートです!!


テーマ:
ドレス探しを始めた今年の始め・・・。

子供連れでのドレス探しは結構大変で、孫の面倒を見たがる義理母に絶好のチャンス!だと、
息子の面倒を見てもらえないか・・・?

でも・・・
そういう時に限って義理母がパリに2週間ほど遊びに行ってしまったり・・・。

悩みまくってたウエディングドレスをなんだか雰囲気的に推されて仮予約で一部お金を支払ってしまって
後悔&彼に超~怒られて
(ウエディングドレス代は私が支払うのに。)
契約を取消すために再度ドレスショップに行かないと行けない&私の親知らずが急に痛くてのたうち回ってる間、
義理母、
今月はお休みいっぱい使っちゃって休めない。
っとか。
つくづくタイミングが悪い私たち。

「頼って、頼って!」っと言われて頼りたい時にいつも息子を預かってもらえなくて本当嫌になる。

あぁ~実家のオカンの方がやっぱ楽だわぁ~。
っと比べてしまう義理母

今思えば息子が産まれる間際も義理母が病院までの送り迎えをしてくれる前提で(その時、うちの相方は免取り&車が無かった。)義理母のアパルトマンの近くの病院にわざわざしたのに
「ママン、孫産まれる前に乳がん手術する。」
っと、急な陣痛の際は隣街に住んでいる相方の兄を叩き起こして迎えに来てもらい、
退院後の送りはお友達の旦那さんに頼む羽目になったり・・・。

本当にタイミングがいつも悪い・・・。

決してママンが意図的に都合を合わせてくれない訳でも全然なくって運命なんだと思う。

っと、
今回は
「日本とフランスのウエディングドレス事情」
の内容なのに愚痴から始まってしまいましたがそれだけ子連れでのウエディングドレスを探す。っという面倒臭さとこれからお話しする日本とフランスの違いもこの私と義理母のようにタイミング悪いと良いウエディングドレスは手に入らない。
っていう教訓の前置きでした。(苦笑)


それでは・・・。
私がフランスでウエディングドレスを探して思った事・・・。
※独断と偏見の率直な意見。
by30代より。


《フランス》
・フランスのウエディングドレスブランドはどれも
●マーメイドライン
●ボヘミアンライン
●エンパイアライン
●スレンダーライン

スラっと背の高い人向けのシンプルなデザインが多いし、それを好むフランス人が多いのか?
日本だと取り扱い店は少ないと思うのですがフランスではよく見ます。

パニエを使わないドレスがどれも大人ぽくて、年齢問わず人気で着こなせるならいいなぁ~っと遠い目な私。


・フランスはキリスト教信者が多い国なので教会挙式をする場合は
ロングトレーンがオススメ。
※今の若い人はこの伝統的な教会式を省く人が多いらしいく、南仏は暑いので肌がスケスケなエロティックな下着みたいなウエディングドレスも普通にあってびっくりします。

でも、
教会挙式は、
ドレスのデザインもクラシックでチャペル内では肌が見えないようにレースの取外しが利く上着を来なければいけなかったり。
NGワードなウエディングドレスがあるから面倒くさかったりするみたいです。(←うちの相方情報。本当か!?
でも、
そこはドレスショップの方も商売なので、
教会挙式を行う場合はドレスショップの専属仕立て屋さんが上手い事、
肌を見せないための2WYドレス作ってくれます。

お値段は・・・高いですが

・南仏では派手婚?
する人の大半がディズニーに出てくる某キャラのようなお姫様スタイルのプリンセスラインもとっても人気!

・ラインが綺麗でシンプルなウエディングドレスブランドがどれもスペイン製が多い!

・シンプルだけど製法がしっかりしていて体のラインが強調されるデザインが多い。

・胸元を強調するデコルテの形がハートカップやVネックカップが人気。

・ビスチェのデザインが縦にレースの線が入っていたり、スケスケで肌が丸見えセクシードレスが好まれる。

・南仏ではガーデンパーティーが当たり前で、
(なんて言っても年間300日は晴れるという南仏なので。)レセプション会場に広いお庭が付いてる&ガーデンでアペリティフするスタイルが人気でプリンセスラインの方が見栄えがとっても素敵!!
っと、いう事で私が足を運ぶドレスショップは人気だというパニエを使わないウエディングドレスを選んでる人はほとんど居ませんでした。

一生に一度!(離婚率高いけど。)
シンプルだけど豪華なウエディングドレスを探す人のために予算的にフランス人のニーズにあった1000ユーロくらいのオリジナルブランドを展開しているお店も多い。

そして、
前回も言いましたが、購入者がほとんど。

その中でも私が一部ですが、
フレンチ美人さんはシンプルワンピース系のウエディングドレスを選ぶ人がチラホラ。
でも、そういう方・・・。
本当にスタイルがイイ!!!
そして、スワロフスキーのストーンを沢山使った質重視のウエディングドレス!

背の低い&足の短い私には・・・無理だ。

そして、
日本人王道の
Aライン・プリンセスラインのウエディングドレスを着たいと思うフレンチ女・・・
結構スリムじゃない。(失礼だとは思いますが事実。)
それは体をカバー出来ないから!
店員さんも同行してる家族も勧め方が
Aライン・プリンセスライン推し



《日本》
※実際の日本のドレスショップで試着出来た訳ではないのですが、ネット上で紹介されている口コミやドレスショップを何十件か参考にして思ったこと・・・。



・Aライン・プリンセスラインのふわぁ~っとした可愛らしいウエディングドレスが多い。


・リボン、フリフリ、乙女系の可愛いドレスが人気。


・生地の素材がサテン系でテカテカのドレス素材が多い。
その中でも最高峰なミカドシルクはかなり上品系。


・胸元のデコルテデザインが
ボートネックタイプ」が多い。



※独断と偏見の率直な意見。
by30代より。


《違い!》
フランス人は顔が小さくておっぱい大きくて手足が長くてスラっとしているので体のラインがハッキリ見えるウエディングドレスを好む。

そして、
シンプルな普段着のようなウエディングドレスを好む。

それから、
何より重要なのは年齢関係なく自分が着たいドレスを選ぶ!

私の様にもう30代なので・・・っといろいろ悩まない。

さすが、我が道を行くフランス人。

人の意見に流されない。

だから、優柔不断な私と違ってパッパっときまちゃうんだろうなぁ~っと。

そのおかげで、試着して悩んで、悩んでもう一度着てしっくりきたらもう、これに決めよう!!

っと、一番気に入っていたものはタイミング悪くサッサと売れてしまいました。

それも、在庫処分品で安かった。
予算内だった・・・。

また、振り出しに戻り、再度いろいろ好きなウエディングドレスライン、私の体型にも合いそうなラインを探す事に・・・。


それから切に思った事・・・。


日本人は背が低いのでフランス人が好むマーメイドラインなどの体のラインがハッキリ見えるドレスは着こなすのがかなり難しい。

バックスタイルがフランス人は、
お尻がぷるんとしているからとっても綺麗でセクシーでエロティックでフレンチ男性好みのウエディングドレスを着こなせる。

でも日本人は・・・

いやいや、私は・・・。

フランスで販売されている普通の服でも手足が長くて私には合わず・・・。

だから、
試着させてもらうドレスがことごとくサイズが大きくて、(当たり前ですがフランス人女性の体型ばかりだから。)
ショップ内でドレスを選んで絶対に自分のサイズにお直ししてもらわないといけない。

って事で現実を思い知って、
私は背が低くてヒールを履いてごまかせるAラインとプリンセスラインに絞って探し、

最低、
セミオーダーで注文しなくてはいけない。


※ブランドを選び、
デザインは既にある既製品をお取寄せしてサイズ直しをしないといけない。って事。


だから、時間がない。
(要は早く注文しろ!って事。
販売店はいろいろな在庫を販売して、
店内でお直し出来るお店もありますが、工場に一括生産している場合もあって早く注文して、そこからまたお直しするのに約半かかるから販売店は急かせる。
特に私みたいに既成のフランス人寸法と違って全体的に小さくしないといけない場合は手間がかかるから・・・。
私、パタンナーさん泣かせかしら。)

っと、いう事で、
ヘ(・o・Ξ・o・)ヘ焦りまくり。


そして、日本でも同じだと思いますが、必ず第三者の視点が必要!!

私は自分好みのドレスがことごとく合わなかった・・・。
足が短く見えたり、バランスが悪かったり・・・。

写真の中に写る自分は自分が好んで着ているドレスにも関わらず・・・
本当に!
似合わなかった!!。
・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


背が低い、中肉中背の体型の私にはウエディングドレス・・・。
結構難しかったです。

ダイエット必須!!

そして、
時間もそんなに無いし、日本みたいに何十着も吟味出来ない。

限られた時間で効率良くドレスショップを回らないと行けない・・・。

通訳してもらってるお友達の都合も有るし、自由奔放に歩き回る息子もいる。

でも・・・

でも・・・

でも・・・

全然、決まらない。(。>0<。)

全然、ピンとこない。

って、言うよりも・・・

自分に合うドレスが
自分でちゃんと
理解できていない!


でも、早く決めなきゃ行けない!
みたいな雰囲気と焦りでおかしくなりそうでした!Y(>_<、)Y


だからか?o(TωT )

急に親知らずが・・・。

激痛で病院に行く羽目になるくらい精神的に追い詰められたウエディングドレス探し。

私のウエディングドレスを見たことも無いくせに
大反対してくる相方。

もう、辛かったです。

何度、結婚はいいけど結婚式をする。
彼のお望みのパーティーをする。
っていう事への興味がどんどん意味不明になっていくマリッジブルーのようなウエディングドレス探し。

本来なら楽しいはずが・・・
全然、楽しく無い。

結婚って何!?

結婚てやらなきゃいけ無いもの!!?

ウエディングドレスって着ないといけないもの!!!?

もう、結婚の意味すら分からなくなってきたウエディングドレス探し。

一回、リセットしてまずは自分に合う、好きなドレスを雑誌やインターネットから探す事にしました。


次回は・・・
事前調査重要!です。











AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

じゃがっ娘さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。