こんにちは!

 

小学生の宿題で時間がかかるものと言えば

 

作文ガーン

 

ではないでしょうか

 

 

まず何を書こうかな~口笛から始まり

 

書き出すまでが長---い・・・えー?

鉛筆を持ったままボ~っとしてみたりうーん

指のささくれを気にしてみたりにやり

髪の毛をネジネジしてみたりイヒ

 

 

 

いや、もうとりあえず一文書いてみようよ!

と母の心の声が漏れだしてきます。
 

 

さいごには

書けない自分にイライラしてきて不機嫌にえーん

 

何度かこのパターンを繰り返していました。

 

 

今は、特にネタがなければ、

 

家のどこでもいいので

1か所お掃除作戦。

にしています。

 

 

今日は姉弟二人で庭掃除をすることに。

 

よし!これで日記書こう~

お姉ちゃん(小4)は長いホウキと短いホウキの使い分け・・・

 

弟(小1)はダンゴムシがいたとか落ち葉がたくさんあったとか・・・

 

 

 

いつもより短時間でスラスラと書いていました。

 

 

合格サクッとかけるし

合格作文も掃除もどっちも達成感味わえて

合格家族やご近所さんにもほめられて

 

何より、

きれいになって

母シメシメ流れ星

 


トイレ、お風呂、下駄箱、メラミンスポンジをつかったシンク磨き

などネタはいくらでもある!!

(日記ネタというより、もはや母の思惑秘密

 

うちの子が通っている学校はしょっちゅう日記の宿題が出るので

お掃除シリーズは今後も使っていこうと思います。
お料理も書きやすいけど、より簡単で短時間でおわりますよ。

 

日記が嫌いにならないように、

今は「書けたキラキラ」の気持ちを大切にしたいと思います。