アニメ「鬼滅の刃」無限列車編 | 外国人妻の日本びっくり日記

外国人妻の日本びっくり日記

外国人の視点から日本でのびっくり体験を投稿します。

1週間前のことですが、アニメ「鬼滅の刃」無限列車編が、ついに始まりました。

 

特に、完全新作の第1話は、絶対見たかったんです。最初から最後まで、煉󠄁獄杏寿郎のエピソード。

 

煉獄さん、立ち振る舞いから戦闘まで、もうカッコよくてカッコよくて、惚れ惚れします!

 

 

TVアニメ版の無限列車編第1話を見て、改めて思ったことがあります。無限列車編は原作コミックの中では、最初の方のエピソード。この早い段階で、炎柱・煉獄さんが終わったのが残念でならないのです。

 

上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)との闘いや、鬼舞辻󠄀無惨(きぶつじむざん)との最終決戦で、煉獄さんが炎の呼吸で戦っていたら、どんな凄い戦闘シーンになっていたのだろうとよく想像します。

 

上弦の鬼は、柱と隊士が数人がかりでやっと倒せる程の強さ。

 

煉獄さんだけは、上弦の鬼と一対一のガチンコ勝負だったでしょ。負けちゃっとけど、上弦の参・猗窩座(あかざ)をあれほど追い詰めた実力は凄い!

 

こんな事を考えると、外国人でも熱くなるんですよ~! やっぱり、鬼舞辻󠄀無惨に斬撃を与えるところが見たかったなぁ~!(苦笑)

それに、原作コミックでの戦闘シーンは数コマなのですが、劇場版、そして、TVアニメ版での戦闘シーンはド迫力です。

 

特に、私は、劇場版無限列車編が鬼滅の刃を知った最初の作品なので、原作コミックでは伝わり切れないのかもしれません。日本語の微妙なニュアンスも読み取るのが難しい時もありますし・・・

 

まぁ、語りだすとキリがありませんね。(笑)

 

今回のTVアニメ版の無限列車編第1話、煉獄さんの「うまい!うまい!」とか、食べていたお弁当にも意味を持たせた作りでした。 これには、制作者の作品に対する敬意や意気込みを感じました。

 

アニメ「鬼滅の刃」無限列車編第1話は、期待通りの素晴らしいエピソードでした!

 

12月からの遊郭編が終わったら、次はどれがアニメ化されるのかな?

 

鬼滅の刃、まだまだ楽しませてくれそうです!