食べ物の恨みは恐ろしい | 外国人妻の日本びっくり日記

外国人妻の日本びっくり日記

外国人の視点から日本でのびっくり体験を投稿します。

「食べ物の恨みは恐ろしい」

 

これは万国共通、そして、たとえ親子でも無視できない諺(ことわざ)です。

 

 

昨夜の夕食、娘を連れてマクドナルドに行きました。

 

旦那様は仕事が長引いて遅くなるとの連絡がありました。

 

 

娘は、大好きなテリヤキバーガーを美味しそうに食べています。

 

 

子供ってジャンクフードが好きですね。

 

 

マクドナルドは久しぶりだったので、本当に上機嫌で食べています。

 

 

私は、喉が渇いていたためか、自分の飲み物を早々と飲み干してしまいました。 もうちょっと何か飲みたかったので、娘のジュースを飲みました、

 

そしたら、娘のジュースも残りが少なくなっていたので、私が飲むとすぐに無くなってしまったのです。

 

その直後、娘が自分のジュースに口をつけたのですが、ジュースはもうありません。

 

 

そしたら、何と、娘は凄く怒り出したじゃありませんか!

 

 

「もう~、ママが全部飲んだぁ~!」と大声で言った後、レジの方へ一目散に走ったのでした。

 

追いかけると、娘がレジの女性店員さんに大声でこう言っています。

 

「ママが、〇〇ちゃんのジュース全部飲んだ。ママ、本当に悪い!」

 

もう、私、恥ずかしくて、どうしようかと思いました・・・

 

 

でも、驚いたのは、レジの店員さんの神対応です。

 

「そうなの?じゃあ、これをどうぞ!」

 

と言って、飲み物のカップに氷と水を入れ、それを娘に与えたのです!

 

娘もそれをもらって、「うわぁ~、もらっちゃった~!」と笑顔に!

 

もう、周りのお客さんも大爆笑です!

 

店員さんのとっさの機転で、娘の機嫌も元通り!

 

私は、店員さんに何度もお礼を言いました。

 

「食べ物の恨みは恐ろしい」

 

子供でも甘く見てはいけないですねぇ。

 

今回は、それ以上に、マクドナルドの店員さんに感謝、感謝です。lol

 

にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村