子供 習慣づけ コツ | 外国人妻の日本びっくり日記

外国人妻の日本びっくり日記

外国人の視点から日本でのびっくり体験を投稿します。


テーマ:
昨夜、旦那様が帰宅するなり、「何じゃ、これは?」と玄関で大声を出しました。

何だろうと思い玄関に行くと、旦那様が床を指でさしています。そこには、3歳の娘のコートが脱ぎ捨ててあったのです。「お前、子供の生活習慣を真剣に考えたことがあるのか?」と、旦那様は烈火のごとく怒っています。



そういえば、旦那様が娘と保育園から帰って来た後は、必ず4つの事を徹底しています。

1つは、靴をキチンと揃えて家に入ること。
2つ目は、コートを自分でハンガーに掛けること。
3つ目は、リュックをベッドルームに置くこと。
4つ目は、手を洗うこと。

最近では、靴をそろえることも、コートをハンガーに掛けることも上手になってきました。

昨日は、私が娘を保育園に迎えに行きました。考えてみると、家に入った時、娘は、靴もそろえなかったし、コートは脱ぐ捨て、手は食事の前に私が洗わせるまで洗いませんでした。

娘は、3歳とはいえ、誰と一緒にいるかで、行動パターンを変えているってこと?つまり、ママは舐められているってこと?

「いいか、お前の靴、コート、バッグを見てみろ?」と旦那様。

えっ、私の?

よく見ると、私の靴は脱ぎっぱなし、コートはキッチンの椅子に掛け、バッグもキッチンの床に置きっぱなし・・・ これって、娘の行動パターンと同じ・・・

「いいか、子供は親を見て育つし、生活習慣も親の生活習慣が身に付くってこと。まず、親が手本を見せろ!」

娘は、単に私を見て行動していたに過ぎなったのですね。

旦那様は、娘と帰ってきた時には、娘と一緒に靴をそろえ、自分の部屋にバッグを置いてから娘に同じことをさせて、コートも自分のを掛けてから娘がマネするのをジッと見ています。

最初の頃は、幼児にそこまで厳しくしなくてもと、心の中で旦那様に反発していました。でも、やっぱり、娘の成長を長い目でみれば、どうやら旦那様が正しかったようです。

規則的な生活の習慣づけのコツは、まず親が手本を見せて、子供にやらせてみることなのでしょうね。

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村






オルガさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス