虫の鳴き声 秋 うるさい | 外国人妻の日本びっくり日記

外国人妻の日本びっくり日記

外国人の視点から日本でのびっくり体験を投稿します。


テーマ:
最近、朝と夜は少し肌寒いです。

夏が終わって、今は秋。

秋になると、日本では、コオロギとかの秋の虫が鳴き始めます。

私が住んでいる所はそうでもないのですが、旦那様のお父さんとお母さんが住んでいる所は、少し自然があって、虫の鳴き声がよく聞こえます。

最近でそ、この秋の風物詩に慣れたものの、日本に来た初期の頃は、この虫の鳴き声がうるさくてたまりませんでした。夜に眠りを邪魔する雑音でしたね。



日本人は、この虫の鳴き声を心地良い音、または特に気にならない音と解釈しているようです。これも日本人の文化ですね。でも、一部の外国人には、これがうるさい雑音にしか聞こえないようです。

日本人と結婚している外国人のお友達のお話ですが、彼女の子供はスズムシを飼っているそうです。スズムシも鈴のような音を出します。彼女にとってスズムシはうるさいだけで、最初は全く眠れなかったと笑っていました。

ある音が心地良く感じるか不快に感じるか、やはり、文化が関係しているのですね。面白い。

私の大好きなユーロビート系の音楽は、旦那様にとって不快このうえないそうです。逆に、旦那様の大好きなヘビーメタルは、私にとっては単なる雑音です。この問題は、文化とは関係無いか?lol

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村








オルガさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス