焼き鳥 食べ方 | 外国人妻の日本びっくり日記

外国人妻の日本びっくり日記

外国人の視点から日本でのびっくり体験を投稿します。


テーマ:
先月、旦那様のお友達(福山さん)と彼の奥さんと私たち夫婦の4人で串焼きのお店に行きました。私も旦那様も焼き鳥は大好きです!

早速、注文した焼き鳥がテーブルに来ました。「はい、じゃあ、かんぱ~い!」。それから、みんなすぐに焼き鳥を食べ始めました。

その時、「おい、ちょっと待てよ。それだめだって言ったじゃん。」と、福山さんが奥さんに一言。

福山さん「串から肉を外すなよ。」
奥さん「だって食べにくいでしょ。」
福山さん「串の食べ方のマナーだと思うけど。」
奥さん「焼き鳥の食べ方にマナーがあるわけ?」
福山さん「あるよ。当たり前だろ。」




ここで、旦那様も「串屋で串食べる時は、串から外さないでそのまま食べるのが串屋でのマナーだと思うけど。」と一言。

そしたら、奥さんが「じゃあ、オルガちゃんは・・・」って言ってきたんだけど、私の食べ方を見てびっくり。私は、串のままパクパク食べてたんです。みんなで大爆笑です!奥さん、ごめんなさい。

実は、旦那様から、焼き鳥の食べ方は串から外さずに食べるのが串屋さんでのマナーって聞いてたんです。美味しい串屋さんは、肉に串を刺すのに何時間もかけて準備するそうです。串屋さんには堅苦しいマナーは無いけど、お客は串を手に持って食べるのが串屋さんなりのマナーだと教わりました。

日本人の女のお友達と居酒屋さんに行くと、みんな串から外して焼き鳥を食べてたのにはちょっとびっくり。串のままではお醤油や油がほっぺにつく時があるから、女性は串から外すんでしょうね。

私は、慣れてしまいましたから、串のまま食べて問題ありません。みなさんは、焼き鳥を食べる時、串のままですか、それとも串から外しますか?






オルガさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス