第8回お茶会『脳波測定をして遊ぼう』を終えて | キクノのブログ

キクノのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
スピリアル研究所 所長 キクノです!

今日2017年11月12日(日)は、第8回お茶会『脳波測定をして遊ぼう』

なのですが、参加者がいなかったので、『自分の為の脳波測定会』ということで開催しました。
{90E2A8FF-5AB1-4465-A4B9-B615DA34F8CA}




グラフの読み方は、
横軸が周波数(Hz)
縦軸がそのボリュームです。
通常ノイズは一番左端にあらわれます(デルタ波からシータ波にかけて急な階段状にあらわれます。)。
※日本において初めて脳波の「アルファ波」を3種類に分け、ファストα波、ミッドα波、スローα波と質的な違いを提唱した、志賀 一雅さんの数値、名称を使わせていただいてます。

脳波の内訳は、名称、周波数、意識状態の順になっています。
デルタ波0.8〜4
深い睡眠の時にあらわれる無意識状態

シータ波 4〜8
浅い睡眠の時にあらわれ、意識がない

アルファ波 8〜14
    スローα波 8〜12
休息や眠る方向にしており、意識が低下している
    ミッドα 9〜12
リラックスした意識集中状態で、頭が冴えている
    ファストα 12〜14
緊張した意識集中状態であまりゆとりがないときの波形

ベーター波 14〜26Hz
緊張や不安、いらいらなどストレス状態を反映する波形




さっそく計測!

通常時

パソコン画面のグラフは、一番上の横長がリアルタイム、4つで二段あるのが10秒毎の平均が左から順に、並んでいます。
今回は6分計測。
横はHz、縦はそのボリュームを現している。0〜12までの目盛りがある。
10Hzのところに縦ラインがはいっています。

1コマ目のグラフと2コマ目のグラフは眼を開けていたノイズがふくまれています。
{747D7AC6-7095-49EA-9B9B-19AE640F1FD0}
びっくりしたのは、眼を閉じた直後からアルファ波が高く、リラックス状態。脳波測定器を入手した一年前頃は、平均の高さが2くらいでほぼ平らだったのをおもうと、今は6から8もでている。終わりの1分くらいは少し眠くなったのか値が下がっている。あれ?もしかしてシータ波も割と出てたりする⁈
{8AF4AF29-159B-4D67-8912-C2C213467FA3}

ちなみに、こちらが脳波測定器を手に入れた頃、2016年11月6日に測定したものです。
通常時、全然違います。( ̄▽ ̄)
まったくリラックスしていません。
2017年4月4日にスピリアル研究所と名付けて、第1回お茶会を開いたのが2017年4月30日。実は部屋の模様替え、やってみたんですよ。以前より部屋でリラックスできてるってことですね。
{2CE213DC-39B0-4F97-90BC-FF921A0FF091}


瞑想時

こちらも1コマ目はノイズが入っており高いミッドアルファ波でスタート。
{EDAED80B-9156-421E-A692-18E5B792DBC8}

開始から80秒後値が12まで達している。ここで面白いのが、高い値が続いた後、急に下がって、またしばらくして、高くなる。それを繰り返しているようだ。まあ、瞑想の集中のムラなのか、定期的に調べていけば、瞑想中の入りこみ具合を監察できそうだ。
シータ波もところどころ少しでている。
{BDB5F762-8543-49A6-A2A7-2EC4BF169329}



遠隔ヒーリングしている時
こちらも1コマ目はノイズが入ってます。
{65227F8E-A52F-42B1-B931-6F284E733CD9}

はじめの1分半はミッドアルファ波が高く、アルファ波ほど高くはないですが、シータ波がでている。ところがちらほら。

{C0844470-4E8D-4B73-8F6F-5C97EC4D59F1}



スピリアル研究所の空間をヒーリングしてる時
顔と首の傾け具合変わらない(^-^;
2コマ目までノイズが入ってます。50秒の時12まで達してる!

{6E1770F0-3BFC-4207-A0E6-D93645C4B1AF}

{6265F9F4-EFB2-4A15-90B5-B73BDB80C3FA}



瞑想する時、遠隔するとき、いつも、地に繋がりそのあと自分の中心をとおって天と繋いでからとりかかるので、その際、ミッドアルファ波が高く出ているのかなと。で、遠隔相手を、イメージまたは捕捉するときにも高くでている感じ。送る準備をするときですね。
あとは、波というか集中のムラなのかなと。

かれこれ1年半くらいほぼ毎日遠隔をやっているのですが(それに付き合ってくれる人がいるって幸せだな)、時間は5分〜長くて15分くらい。最近は10分くらいが多いですね。はじめの半年は3分くらいでしたね。で、その時の感想きいて、ふむふむと、あーしたらどうなる、こうしたらどうなるとやっていました。
で、昨日から遠隔する対象が複数(昨日は、1人と1匹)にしています。
で、徐々に送る対象の状態に合わせた複数遠隔にしていき、なれてきたら、最終的には場と対象それぞれに合わせた遠隔を同時に出来たらいいなと、妄想中。

LINEで、じゃ、これからはじめますってやりとりして、終わる時は終了って。
この脳波みるかぎり、短時間集中に慣れてきたのかな。

高い状態で長時間キープできるようになりたいですね。
あるいは、一瞬でブワッて必要なだけ送れるように鍛えていきたいな❣️

※遠隔は、遠隔ヒーリングのこと

この記録は定期的にやってこそおもしろさがでてくる。計測が短時間だったけれど、30分とか1時間とかでどういう推移をするか。
途中で絶対寝る( ̄▽ ̄)とわかっているけれど、それも含めて次回記録していきたい。



キクノさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス