第7回お茶会「改定→スピリアル研究所で観察実験会」を終えて | キクノのブログ

キクノのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
スピリアル研究所 所長 キクノです。

燃え尽き症候群もやっと少し落ち着いてきたので
レポートをかいてみました。(^-^;
ラストにそのことにも触れています。

2017年10月28日(土)
第7回お茶会「スピリアル研究所で遊ぼう」改め
「スピリアル研究所で観察実験会」
ということで、今回参加メンバーをみて内容を変更いたしました。

第7回お茶会を終えてのレポート!

とても長〜くなったので、興味がある方はラストまでぜひどうぞ!

第7回のお茶会には、

〝やまじゃさん〟と〝ゆかさん〟のお二人!
はじめにゆかさん、からの参加申込、次にやまじゃさんからの参加申込。ゆかさんお一人の場合、何して遊ぼうかとあれこれ考えていましたが、やまじゃさんからの参加したい旨きいたときには、コレだ!コレしかないって。(*≧∀≦*)

そう、「セッションを観察させていただく」

それでゆかさんとやまじゃさんに打診!

詳しくはゆかさんがまとめて下さっているので
こちらをどうぞ❣️
さすが記録係!(*´꒳`*)





※お茶会の参加費は内容にあわせて大幅に変更させていただきました。



私〝キクノ〟の特徴
私は、1枚だけ一瞬を切り取ったオーラの写真や、ビフォーアフターの写真を撮るより、セッション中であったり、施術中のオーラの変化を観察するのが好きなのです。動画でみれるから、揺らぎがみられる。このわずかなな揺らぎ、はたまた一瞬で変わる様はみていて飽きません。感情の変化が顕著に現れるオーラ。だから、受ける側も同じ楽しみを持ってないとできないことなんです。わざわざセンサーに手を長時間のせたまま、ヒーリング受けたり、施術受けたり、セッション受けたり、はたまたセッションする側なんてしませんよね。自分をの変化を観察したい人(ニッチな世界)
脳波についても変化を観察、パターンの違いでまた観察。そういった繊細な変化を観察し、パターンで比較して、分析する。そういったことが無性に好きなのです。

今回はそんなニッチな世界が好きなお二人のおかげで叶ったお茶会(計測観察会)でした。


計測風景
よくよく考えたら、画面だけ逆を向ければ正面からもっと別な絵がとれたなと動画をみなが、おもってしまった。
{93DA2E9B-F074-425D-8D47-6A20B7BB084A}


お風呂に浸かりながらセッション中の測定画面を録画した映像を眺めていると、ある事にきがつきました。
《セッション観察のまとめ》
セッション中のオーラの色の移り変わり。
スタート直後は全体に青だったのが、
一つ目の前世の質問がはじまったあたりから全体に緑にかわり、緑・黄緑から青をしばらく行ったり来たり。一つが終わる頃には、緑〜黄緑がメインに。

この時、フラットに前世を見たり感じたりしている気配。
個人的感情は含まれておらず、得た情報をいかにわかりやすく伝えるか、伝える内容に愛情とみずみずしさを感じます。表現が変かもしれませんが
そんなニュアンス。この時慈愛的な感じ。

2つ目の前世の話の途中からやまじゃさん自身に関係ある内容にはいったあたりから、オレンジになりはじめ、しだいにゴールドオレンジになり、その後ずっとさいごまでゴールドオレンジで時々赤がチラチラ。後半は黄色も時々。
自分に関連する内容をよみとったと思われる表情の変化の一瞬前からオレンジやゴールドオレンジがチラチラはじまり、言葉にしたあたりから、一気に全体の色がゴールドオレンジになりました。感情が高まると赤や赤外がチラチラしましたが、基本的にゴールドオレンジ。ゆかさんとやまじゃさん自身に共通点をみつけて、のってきた感じです。
この時、オーラの色から友人や同士に向ける好意、癒やし、好奇心、創造性そんなものが混ざった感じ。やまじゃさんが伝える内容・言葉に芯が通ったものを感じていました。
爆笑した時は赤外に急変。

脳波について、読める範囲から(ノイズが激しかったため、情報が拾える部分のみ)
前世読んでる間はアルファ波は他より僅かしかたかくなっていなかった。しかも上がるのは、時々。
セッション終わりにヒーリングをおこなった時に少し高いところが観察できました。

また、これはノイズの波形の中にあったので、使えるデータの可能性50ノイズの可能性50です。ノイズの波形の中に、ピコンと立つ部分がシータ波あたりに。

途中眼を開け少し計測されたところがあったのですが、眼を開けてる方がノイズ少なかった。
(。-_-。)

あとでチャクラをみてみたら、こんな感じの比率。第1〜第6までがなかなか活発。なかでも第2が元気です。いい状態。重心が下にきていて安定感のあるセッションになっていたってことですね。発見ですね。繋がるのは上ではなく下!

ちなみに、私の夢解釈中のチャクラもこんな感じのバランスでした。
{8DFAB100-DDFE-4C25-B9A4-6038B30E27E5}



そしてこちらは声紋分析ソフトて、セッション前とセッション後を比較したものです。ソフトの関係から最大12秒までなので、移り変わりを観察するには、録音したものを何度も再生しながらみないといけないので、これはこれで使える使い方を楽しみます。
まず、ゆかさんの場合、本名とよく使う名前、ブログなどで違う名前それぞれ使う時はどんなエネルギーを発しているかをみて、それが、セッション後どう変わったかをみることにしました。
ゆかさんの開始前(よく使う名前)
左から
mayuka  、ゆか 、 正木友香 を12秒間それぞれ繰り返し発声していただいた。
三分割の上が見るエリア右下が聞くエリア左下が感じるエリア。外側の二重円顕在意識内側の二重円が潜在意識。
共通してるのは聞くエリアのターコイズブルーの順応性や人に合わせるのが向いているところ。ただ、〝mayuka〟を使用する時は、エメラルドグリーンの共感力や協調力げ高くなる。一方本名のほうが、ややイエローの個性が強くなる。
〝ゆか〟を使うときはレッドの表現して行くエネルギーが強くでている。ブログで使用する〝mayuka〟は〝ゆか〟に比べたら控えめ。その代わりコーラルの本能的な感覚や体で感じるセンスが生かされている。

{B460FB95-5591-4622-AB0B-5A7832C6ADC2}
セッション後

ブログで使う〝mayuka〟が、レッドの表現していくエネルギーが強くなり、
〝ゆか〟のゴールドの信念や思いの強さ、自分の芯になるものが高くなり、また、イエローの個性の強さや自我のエネルギーが強くなりました。こちらももっと表現していこうという感じるまま、思うまにいこう感が漂ってます。ヒーリングで、癒され弾けた感がうかがえますね。
本名は感じるエリアが顕在意識に完全に移行し、ターコイズブルーの順応性や人に合わせるところエメラルドグリーンの共感力協調力はさらにまし安定感すら感じられますね。

{923C254E-7C0C-4CB9-9489-857A9481965A}

セッション前に(よく使う名前)
山澤瑛寛 やまじゃを発声していただいた。
左が本名右が〝やまじゃ〟
本名は社会で生活するには適した感じ。〝やまじゃ〟はエメラルドグリーンの共感力協調力がすくなく、ターコイズブルーの順応性や人に合わせるのが低下、代わりにイエローの個性の強さや自我のエネルギーがつよくなって、ゴールドの信念や思いの強さや自分の芯になるものがやや
強く出る。そして、ネイビーブルーの直感力や第六感、ブルーの理解力思考力が本名より高くなっている。
自分の体を通してたあら伝えることが楽しい感じがうかがえます、ら{7AFEDEBA-7747-4E98-ACA9-C011F74A3C56}

セッション後
本名のターコイズブルーの順応性や人に合わせる部分がでてきて、エメラルドグリーンの共感力協調力も出てきた。
本名では、セッション前に比べ表現していくエネルギーが少し落ち着きました。
〝やまじゃ〟では、オレンジの直感力体を通して感じる力がでてきて、本名ではマゼンタピコンの慈愛が、減少した。〝やまじゃ〟はコーラルの本能的な感覚、がでてきています。オレンジの体を通して感じる力がやや増えています。

{92B8A970-9B8F-42B8-B51D-0B549B56C02F}

計測実験ご、ゆかさんのサプライズホロスコープタイムでわたしの2017年の太陽回帰をだしてきてくれたり、やまじゃさんと私、ゆかさんとわたし、やまじゃさんとゆかさんのホロスコープでお茶会当日の関係性をみせてくれたりで、盛り上がりました。

31日で誕生日を迎え、太陽回帰10月30日からものすごい一年になるのがわかり、テンションピークに。余韻に浸ってるところでやまじゃさんとの関係性をみせられて、ああ、そんな感じそんな感じ、ゆかさんとの関係性で、ああ、そうかそうか、ゆかさんとやまじゃさんの関係性でほーほー。
ゆかさんありがとうございます。
お互いニッチで攻めて追求・探求しましょう!

本日のお茶菓子は、
プリン
デーツ
プルーン
ドライマンゴー
アイコ(ミニトマト)

飲み物は、
ルイボスティー

写真撮り忘れ^^;

カボチャパンと焼き菓子の差し入れごちそうさまでした!


最後に、

燃え尽き症候群になってしまった原因を考えてみたいとおもう。今後の為にも。
(上のレポートが、おそらく覇気がなく、いやに冷静な感じになっているかもしれませんが、ご了承ください。)
なぜこの状態に陥ったかお茶会を振り返ると、あまりにも面白く、盛り上がり、弾け、喋り尽くした感満載だったからではないかと思われます。それと、もう一つ、一番欲しい情報はやはりベールの中にあるという、今回の実験にはこの手段では知ることが出来ないという無力感の2つだったからではないだろうか。
期待感が大きいとダメだった時の喪失感が半端じゃなくなるようなので、あまり期待しないではじめるように心がけないといけないということがわかりました。
見えない世界を探る時最近の私は脳波に注目していて、細かい変化をのぞいては楽しんでいました。脳波には瞬きや眼球運動がノイズがあらわれてしまうので、目を閉じて計測するのですが、それでもノイズがでるのはしょうがないのでその部分は諦めて他の部分から観察をする事に。
あまりに激しいノイズだったので、どんな動きをしているのかと観察していると、なんと!目を閉じているのに瞬きをしきりにされていました。∑(゚Д゚)
なぜ瞬き⁉︎
何をそんなに目を凝らしているのか、閉じた目の奥で、、、。
かくいう私もすごいノイズを経験しました。夢解釈をしてるところの脳波を測った際、いつもは眼を開けてるので、まぶたをも閉じるのにものすごく違和感があり、閉じても痙攣するように瞬きしてしまう状態でノイズがひどくでていました。
この時私は感覚は眼を閉じながら眼を凝らしていた感じでした。だから眼球だけでなくまぶたもつられて瞬きのような動きが起こってしまったのではないかと。
それが、手を顎ラインにあててからはノイズはほとんどみられなくなりました。


今回脳波が隅々まで見れないのは例えるなら、目隠しをしている状態に近かったのがかなりショックが大きかったようです。
次回があれば是非通常の脳波と自己ヒーリングしているところの脳波を計らせて欲しいです。


最後の記念撮影をしたあたりにはすでにその症状がはじまっており、
お茶会が終わり、お二人が帰られた後、ぼーとお菓子を食べ、お茶を飲み、もう限界とそのまま朝まで寝てしまいました。最低限の返信などで済ませ、何もする氣になりませんでした。
素っ気なくなってましたらごめんなさい。

この  な ・ に ・ も とは、
本来私が興味を向けるであろう事柄全てにです。
いつもなら、すぐにでもまとめたくてうずうずしているだろうに。
翌日は姉とあるブ ツの受け渡しのため接触してきましたが、受け身はできても何かを作り出していく欲求がガクンと落ち込んでいました。
今回のことで、私の場合、興味やテンションがあまりに強くあがりすぎると、崩壊して、放心状態や鬱になるということがわかりました。また、過度な期待、あまりに一度に上がり過ぎないようにコントロールしていこうとおもったしだいです。(^-^;
レポートまとめられてよかった。

{109F451F-899F-4FF2-A2A5-F96A4FE007A7}






キクノさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス