夢解釈の新たな進化 | キクノのブログ

キクノのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
スピリアル研究所 所長のキクノです!

2017年4月15日(土)は水道橋でテラビバのイベントに出店させていただきました!

いや〜私にとって大きな収穫でした!
ほんとに感謝しかありません。

主催のいしはら花奈さんをはじめ、サポートの方方々。一緒に出店させていただいた方々、愉快な仲間達、たのしい時間をありがとうございました。m(__)m
{18AAA56E-C747-42FF-8709-AB67BDC1D523}


出店内容は手相と夢解釈

特に今回は初めての試みでもあった夢解釈の口頭セッションで、興味深い体感をしたのでまとめておきたいとおもいます。
今回の出店で新たな進化を体感した私(笑)。

高校時代からはじまった夢に対する追求。かれこれ24年。5〜6年前に壁を乗り越えなんでも読み解くことができるようになったわけですが、この手段はメールで内容を書いて送ってもらい、私がそれを読み夢解釈をする。文章を書いて返信。というスタイル。
ただ、一度だけ、2010年に口頭で夢の内容を聞き、その場で口頭で夢解釈をしたのです。その時もスムーズに映像が見え変換されて伝わってきて、おおっという体験をしました。壁を乗り越えてすぐくらいの時期の事でした。

夢解釈のスタイル(メール)はもう固まってしまったと思っていましたが、いえいえ、新たな進化の手ごたえを感じました
常日頃、夢は生ものといっている私。それは夢をみた前後3日間が内容に深く関わっていることが高く、長期的な期間を表すこともあるのですが、なるべく、みたその時に夢解釈をして伝えることで活かせる率が上がるのです。

今回口頭の夢解釈セッションを意外にも沢山の方にさせていただく機会を得て、この口頭セッションスタイルの有効性を再確認。

口頭セッションに今まで踏みきれなかったのは私の中にあった夢の意味がその場で分からなかったらという不安からくるものでした。

しかし口頭セッションがはじまるとその心配は全くなかったと氣がつきました。私の中の勝手に変換機能が作動して、夢の上映会と同時解釈がはじまるのです(笑)。

夢解釈の壁を乗り越える前には、映像は断片てきで、全てを滑らかにみることができませんでした。壁を乗り越えてからのこの数年間、夢の内容をきくと映像が目の前に浮かび、勝手に夢解釈がはじまるのです。目の前の景色は目に映ってるのにほとんどみえなくなり(集中具合で全くみえなくなり)夢の映像が鮮明に流れるのです。
今までのスタイルの場合、メールで送られて来た内容をよみ映像と同時解釈をみて、それを文字に起こしていたのですが。夢の映像と入力する行為。右脳と左脳つかってとくに入力はブラインドタッチができるわけでないなで、かなり左脳を使いますので、完全に切り替わるわけです。それでまた、映像をみて入力。こうやって書いてみるとかなり効率わるいですね。

口頭セッションだとその場で質問もでき、みえる映像に更に情報が加えられ、より鮮明な映像でみることができたのです。この感覚の感動は面白い事に夢解釈のセッションを終えたあとにきます。現実の景色に意識が完全に戻った時といいますか。夢の上映をみている時にはグイグイとその中に入り込んでいく感じで個人的思考は遮断された感じなんですよね。
映像と同時におこなわれている解釈をただただ伝える感じ。夢の上映中、映像が鮮明にみえないところは、浮かんだ質問をしていく事で鮮明にみえるようになります。質問をする時は意識が現実にもどるので、目の前の景色がみえてくるんですよね。夢の映像と現実の映像がダブった様にみえます。意識の移行でどちらかのえがはっきりしたりみえなくなったり比例します。
口頭セッション中何度かこの〝質問〟をする機会があったので、自分の身体のある仕草に氣がつく事ができたんです。それはもう少し読むとわかります(笑)。
クライアントさんと会話を交わしながら夢解釈を伝えている時は、面白い事に
映像もみえつつわまわりの景色も薄っすらみえたりみえなかったりを繰り返していました。完全にこちらから伝える時はクリアーに映像がみえていていた。今このブログを書いているのは物凄く左脳つかってるかも(笑)。
口頭セッションは右脳と左脳の切り替わりが緩やかに、右脳中心に時々両方を同時に。なんて効率のいい使い方なんだろう!(*☻-☻*)




夢解釈の受ける側のネックとも考えられるのが、夢の内容を書きとめる。さらには送るために入力をすることなのです。
読み解く私側からしても、内容を文字に起こすという労力は、なかなかなもので、ちょっとしたじれったさを感じていました。
記録に残すことができるという利点はあるのですがね。


今後、口頭セッションを、電話、対面、スカイプ、zoomなどで、録音や、録画をしながら進めるスタイルも取り入れていこうとおもいました。
今後そのうち、1か月、2か月と月単位で夢解釈セッション受け放題のメニューも作っていこうかと。夢の中のヒントやアドバイスを拾い、現実に生かすことができたら、なんだかすごいことができそうじゃないですか。
夢は現実を反芻(はんすう)したり、まとめたり、警告したり、氣づきのヒントを表すものになっています。みんな自分の中でそれが行われているんです!ただ夢は映像言語とでもいいましょうか。置き換えがおこっているので、そのままってことが稀なんですよね。
みえない世界(物資世界ではない世界)を物資世界に反映する、有効な手段。それが夢解釈セッション。
昔、夢読みをする人が王様や長に助言をしたりした話、現代でも復活できそうですね。
人によって夢の傾向がちがうので、もしかするとこのメニューを受けて活かせる人は、
何か自営をされてる方や、常になにか改善していこうと考えている人に対するものになりそうな感じです。








今回何件もさせていただいたことで、発見もありました。
1つ目は、
口頭セッションを一件二件としていくと、ある感覚に氣がつきました。目と目の間で額のやや上の奥あたり(皮膚から頭の中に1センチくらい入ったあたり)が熱くなり、ぐわんぐわんしてくるのです。よく第六チャクラとかサードアイとか呼ばれているあたりです。
(メールの夢解釈をよんでいるときもこの場所が同じようになっていました。ただ口頭セッションだと、その具合が1.5〜2倍くらいです。)
面白いですね、右脳の映像をここでみてるのかも。左右の2つの目は物資世界を、第3の目はそれ以外の世界を映し出す(*☻-☻*)そういう事だったんですね。(´∀`)ふふふ、こんなたのしいモノ持ってたんですね。

映像が浮かんでいたのはこの部分のチャクラが活発になっていたのかな〜と、思わないではいられない私でした。

2つ目は、
私が夢解釈をしている時、目の前に広がる映像と変換される解釈をみている時、クライアントさんに質問する場面で、映像と目の前の現実の景色にが薄っすらみえるときに、意識も少しこちら側に戻るのですが、その時、なにやら左上をみている感じがしたのです。それがずっとにきなっていたのですが、、、なんと
それを証明するセッション中の写真を、お隣で出店していた秋間さんが撮ってくれた写真が捉えていました!
この写真です!ちょっと見えにくいかもしれないので、
{31053B97-3DE1-4560-B991-09BFEA28D05B}

アップでみると、おお!左斜め上をみている。
この時は夢解釈口頭セッションの真っ只中くらいです。
{127B4175-5413-45DB-84DE-403AD589D3F7}

セッションの話しはじめだと、ちゃんとクライアントさんの方をみて喋っています。
{B75ED1F1-D7B0-4E76-B2A6-BCB8296FF3DC}


心理学系の話で目線の向きとその時の状態(嘘や真実)の関係をきいた記憶があったので、検索してみると、
右脳は左目(左半身)を支配、左脳は右目(右半身)を支配して、交差して繋がっている関係で記憶を辿ったり、瞬間的に反応してイメージ脳である右脳を使うとき左上をみてしまい、

嘘をつく時、言語を組み立てて意識的に作り上げようとするので、言語を操るのは左脳の働きなので右上をみてしまうとのこと。

これです!(笑♪───O(≧∇≦)O────♪




左脳的に何か考えながらしてる時は浅い感覚なんですよね。

反対に全身で意識を向けた時、深海にダイブする感じになるのかな。

他に別の感覚、第六感とかチャネリングって呼ばれているもの。ほんとに別のチャンネルにリンクするんですよね。うまいこと名前つけたなぁ(笑)。繋がっているところはそれぞれいろいろだけどね。

集中しなくて体感が変わる時、でもそれはやっぱり意識を向けた時、あるいは完全に〝空〟になった時、または、自分を開いた時、解放した時、などなど。

感覚のチャンネルが切り替わる感じになるんですよ(笑)。(シンクロニシティが起こっている最中はまさにチャンネル切り替わってます。)


体感してその後にその状態を振り返り分析する。そうすると物凄く面白い。あ、私がですけどね(笑)


今回はテラビバで、その体感をしたので分析して楽しんでみました。


ブログをまてめていたら時間がかかってしまった。(^-^;


会うたびに氣づきをもらえる存在の愉快な仲間の1人でもある秋間さん。アロハタロット仲間です。自分で作るのが好きな私がタロットクロスを頼んだのには、自分でビックリしました。この日追加のタロット巾着と小さな巾着の受け渡し。

{83637E07-B5ED-4B44-9C8F-0A907D699124}

コンプリート!
タロットクロス使ってるところはこちら
↓↓↓

{A76CF84A-D63D-442F-A798-15241D68DD53}
昼食       ベーグルと食べかけの鹿シチュー(^-^;
氣になったジュースは瓶ごとお持ち帰り!
{E4F58906-D8F2-4C29-B300-C76794345CE4}

おやつ
{FBCE8E07-6055-46F7-B279-20D3EC543307}



ああ、まとめてみたら、物凄く長くなった(^-^;
最後までお読みいただきありがとうございました!(=゚ω゚)ノ


またまた素敵な呼び名をつけてみました!
↓↓↓

キクノさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス