2012年サバイバルというサブタイトルに注目して手に取ったのですが、ケルトのほうのコルブリン・バイブルというのは初めて知って、おなじみの聖書とよく似ているので、興味深かったです。

この本のオリジナルの英語本は2007年に出たようで、2007年からの惑星Xの予測が出てるのですが、2009年5月の予測では、惑星Xは火星と木星の間の小惑星帯のほぼ真下にあって、南半球では市販の望遠鏡などで暗赤色の点として観測できるだろうとあったのですが、実際はどうだったのでしょうか?

あと、この本は、IQの高い特別な部類に属するグループの人たちが書いた本だそうですが、2012年12月のマヤ暦については、たしか一部の学者さんたちが唱えている説であると他の本などで聞いたのですが、それをそのまま受け売りというか、信じてしまっているようなので、そのあたりのことを調べなかったのかなあ?と少し疑問に思いました。

いろいろな話題にふれながら、惑星Xが来たときのサバイバル方法を解説したり紹介したりしている本ですので、怖い感じもしますが、いちおう読んでおこうと思って目を通しました。


「惑星Xの再襲来を警鐘する本書の共同執筆者は、いずれもメンサ(MENSA:全人口の内、上位2%の高IQの会員組織)のメンバー。惑星Xとはゼカリア・シッチンが唱える惑星ニビルと同じものであり、現実にNASAがその発見を伝えたこともある太陽系のもう一つの惑星である。惑星Xが2012年に地球に最接近することを科学的に予測し、地球上にはどんな悪影響があるのかを検証。また大災厄を無事切り抜けるために各個人がなすべき準備まで具体的にガイドされている 。」

2012年、地球への影響は甚大なものになる!NASAはすでに確認済みだが、パニックを怖れていまだ隠蔽中。古代エジプトの叡智『コルブリン・バイブル』には、かつての惨劇だけでなく、何を準備しておくべきかまで詳細に綴られていた。本書の共同執筆者は、いずれもメンサ(MENSA:全人口の内、上位 2%の高IQの会員組織)のメンバー。知られざる歴史と最新科学から、惑星Xを徹底検証、大予測する。





AD