七草粥



今日は、人日の節句(1月7日)になります。
昔から7日の朝に 七草粥お鍋を食べる風習があります。

ばらの咲く 漢方薬局 桃仁です。

皆さん、七草粥は、いただきましたか?
今日は、「人日(じんじつ)の節句」と言って、五節句のひとつです。
節とは、季節の変わり目で、
五節句には、人日、上巳、端午、七夕、重陽の五つがあります。
上巳は、3月3日。端午は、5月5日。七夕は、7月7日。重陽は、9月9日と奇数が重なる日が、選ばれていますが、1月だけは、1月1日は、元旦なので、7日の人日が取り入れられたようです。

季節の旬の植物から生命力をもらい、邪気を払うために食べたとされています。
七草粥は、1年の無病息災を願って、食べられます。

七草は、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ、語呂合わせで覚えたりもしましたね😊

百人一首の中に
君がため 春の野に出でて 若菜摘む
我が衣手に 雪は降りつつ
古今集の光孝天皇の歌ですが、この若菜は、春の七草のことです。

七草粥は、お正月食べ過ぎの胃腸に優しい 季節のお料理です。
疲れた胃腸が、喜ぶ七草粥、是非お試しを😍