花つむぎ教室のブログ

花つむぎ教室のブログ

生徒さんの作品や日々の出来事など、
また移りゆく季節を彩るさまざまな美しい花などをご紹介しています。

ようこそ♪「花つむぎ教室」のブログにご訪問ありがとうございます。

昨日の東京は、朝からの雨日で散歩に出ることは出来ず、弥生月の1日に

いつもの北沢川緑道から芦花公園へ、そして将軍池公園への沿道などに

咲く花木を撮ってきていますのでご覧ください。

 

-白椿の花-

ツバキ科 ツバキ属 常緑樹 日本原産

日本内外でも近縁のユキツバキから多くの園芸品種が作り出されており、

一重咲きから八重咲き、色も白、ピンク、紅色、赤、そして絞り咲きなどと

様々な品種の花が見られるようになりました。

 

 

 

 

-水仙の花にも様々な種が-

              

 

            ボケの花

 

-蘆花公園の花の丘に咲く花-

 

 

 

               菜の花

 

 

-将軍池公園に咲く見事な早咲き桜の光景-

 

 

 

今までに椿の花に注目し、こんなにたくさんの写真を撮り納めたことがありません。

それだけ魅力ある多種多色の椿が出回ってきたということでしょうか。

本当に癒されます。

今年は、まだ雪に見舞われていませんが、この時期の雨はやはり厳しいですね。

今日は雛祭り。整形外科の定期検診がありますので、帰りにひなあられや桜モチ、

ちらし寿司でも買ってこようかと思います。

皆様も体調管理には、どうぞお気を付けくださいませ~♪

本日も、お越しいただき誠にありがとうございました。

 

 

いつもの花をもっと素敵に飾りたい!そんな貴女に

月1回:3,500円(花材、器付き)

花悠々クラブ

http://www.sfdhanatsumugi.com

 この近辺には、かつての目黒川の支流を生かしての3つの緑道があるの

ですが、この時期になると緑道へ出なくても、その近辺の商店街の街路樹や

店先、玄関脇に飾られた鉢花などに咲く美しい花を見ることが出来ます。

買い物や郵便局、銀行に用足しに行った帰り道に見てきた春花です。

 

-小田急線の梅ヶ丘駅高架線下や商店街に咲く花-

ミモザアカシア

 

ジンチョウゲ

 

 

 

バラ

            ツワブキ

 

-茶沢通りから抜ける太子堂中央商店街に咲く花-

吹上絞り椿

 

 

 

ヒョウタンボク

 

水仙

 

 

             梅の花

商売をされている方も、店の前に植樹されている街路樹の狭い根元地を

利用して、こうして好きな草花を育成されているようで嬉しいですね~♪

アジサイの最盛期には、特に多くあちらこちらで目にします。

少し肌寒くなりましたので気を付けてお過ごしくださいませね~♪

本日も、お越しいただき誠にありがとうございました。

 

 

いつもの花をもっと素敵に飾りたい!そんな貴女に

月1回:3,500円(花材、器付き)

花悠々クラブ

http://www.sfdhanatsumugi.com

 今日から花見月とも呼ばれる3月に入りましたね。

昨日は日差しも暖かく日曜日ともあって、多くの家族連れがお弁当を持参し、

ここ駒沢オリンピック記念公園の梅林にくつろぐ姿が多く見られました。

そろそろ梅の花も後半期を迎える時期なので、今週から来週にかけてが

ピークとなりそうですね。

 

-園内の北側にある梅林の光景-

 

 

 

 

 

 

 

 

-帰り道の沿道に咲く花-

吹上絞り(ふきあげしぼり)という2~3月に、梅の花と同じくらいに咲く

中大輪(花径12cm)の人気の椿の花だそうです。

 

 

-山桜の花も見られました-

 

 

-辺り一面を色鮮やかに明るく咲き誇るミモザアカシア-

 

 

駒沢公園の東口から環状7号線の野沢通りに出る東が丘住宅街に咲く

とても印象に残る花木の光景でした。

イオンのクレジットカードを何処で失くしたのか分からず、いろいろと詮索

していたところ登録本部より昨日連絡があり、ここ駒沢店に置き忘れて

行ったようで、取りに行った帰り道に公園に寄ったのですが、こんなに

たくさんの人が梅の花を愛でているなんて本当に驚きました。

本日も、お越しいただき誠にありがとうございました。

 

 

いつもの花をもっと素敵に飾りたい!そんな貴女に

月1回:3,500円(花材、器付き)

花悠々クラブ

http://www.sfdhanatsumugi.com

 2月も今日で終わり、いよいよ明日は桜月とも呼ばれる3月に入りますね。

ここ桜の名所としても知られる世田谷100景にも選ばれている北沢川緑道の

入り口近辺に、イギリス人が作出した「オカメザクラ」という早咲きの桜の花が

満開状態に淡紅色の花を咲き誇らせていました。この花が咲き出すと、この

並びにある様々な園芸品種も咲き出し、ソメイヨシノが咲き出すまでの繋ぎ心

の癒しとなっています。

 

-色鮮やかな「オカメザクラ」-

バラ科 サクラ属 落葉性小低木 イギリスで作出の交配種

イギリスの桜研究科・コリングウッド・イングラムにより、カンヒザクラとマメザクラ

を交配して作出された早咲きの桜だそうです。

花付きがよいため遠くから見ても目立つ桜で、日本の美人「おかめ」をイメージして

この名が付けられたそうです。

 

 

 

 

-川辺に咲くリュウキンカ-

 

 

-沿道の民家の軒先に咲く花-

 

「金のなる木」とも呼ばれる「フチベンケイソウ」の花

 

 

彩りを添える旬の椿

 

 

 

 

近くには、「北沢八幡神社」や針供養などが行われる「森厳寺」がある

三宿公園前に咲く桜の光景でした。

水仙の花が、椿の花や梅の花がと言っている間にもう桜の時期にやってきました。

自然界は春の到来となってきましたが、朝晩の気温はまだまだ冷え込みがきつく

これからコロナのワクチンも受けなくてはならないようですね。

近所の老夫婦は、持病があるので怖くて受けたくないと言っております。

私も心臓病を抱えているので心配です。

皆様もお元気でお過ごしくださいね~♪

本日も、お越しいただき誠にありがとうございました。

 

 

いつもの花をもっと素敵に飾りたい!そんな貴女に

月1回:3,500円(花材、器付き)

花悠々クラブ

http://www.sfdhanatsumugi.com

 ここ上馬にある宗円寺の山門脇に咲く椿と紅梅の花が、石垣の瓦屋根上に咲く

姿がとても美しく目に留まり、今年2度目の参拝となりました。

今年の2月初めにもサザンカの花を愛でに来たのですが、椿と梅の花とのコラボ姿は

初めて目にいたしました。駒沢公園や医療センターに行く時に利用する通りなのですが、

この山門前は国道246号線や玉川通りともなっていて大変車の往来なども多いため、

いつもは蛇崩れ緑道から野沢通りを通り、東が丘の住宅街を抜け目的地に行っております。

昨日は三軒茶屋へプリンターのインクを買いに行った帰りに国道沿いを降りてきました。

また素敵な光景が見られて癒されました。

 

 

 

-曹洞宗・宗円寺山門入り口-

曹洞宗に属した八幡山宗円寺。

慶長1丙甲年(1596)の創建と伝えられます。明暦の大火後に浜町御坊町から

築地に移転し、関東大震災に罹災後、昭和4年に当地へ移転したとされます。

国道246号線より少し脇道に入った角にあり、境内も150坪程と狭く、山門から

5~6歩で本堂に行きつきます。本堂裏手には墓地があり、関係者のみが立ち入り

出来、一般の参拝者は本堂前にしか立ち入りすることが出来ません。

この山門前の道を右手に行き、住宅街を抜けて駒沢オリンピック公園に行っております。

 

 

宗円寺本堂

 

 

 

 

-境内の裏手沿道に咲くジンチョウゲの花-

ジンチョウゲ科 ジンチョウゲ属 常緑性低木 中国、ヒマラヤ地域原産

 

             ボケの花

 

 環状7号線と国道246号線の交差点脇にあり、周りを高層ビルに囲まれた境内

ですが、この時期に見られるサザンカ、椿、梅の花が石垣の瓦屋根にもたれ咲く姿は

何とも言えず風情があって印象に強く残っています。

皆さんの周りでは、当たり前に見る光景なのでしょうが…。

ジンチョウゲの花も、あちらこちらでよく見かけるようになりましたね。

本日も、お越しいただき誠にありがとうございました。

 

 

いつもの花をもっと素敵に飾りたい!そんな貴女に

月1回:3,500円(花材、器付き)

花悠々クラブ

http://www.sfdhanatsumugi.com

 ここ目黒区の碑文谷にある、かつてはタケノコの産地としても知られていた

区立「すずめのお宿緑地公園」に2度目の来訪です。昨日同様にロンドンに

住んでいる友人に、日本の風情ある光景の一つとして梅林の次に竹林の光景を

と思い訪れた次第です。やはり相も変らぬ青竹が空に向かって伸びゆく光景は

日本ならではの独特の風情感を漂わせていました。

 

園内正面東口前の光景

 ここ目黒付近は、昭和の初期頃までタケノコの生産が続き、一帯の竹林には

すずめが多く飛び交い、いつしか「すずめのお宿」と呼ばれるようになったそうです。

やがて付近は宅地へと変わっていき、タケノコの生産も見られなくなった頃に、地元

の一住民の意志により戦後自身の所有地が寄付され、目黒区の竹林整備公園として

1981年4月1日に一般公開されたそうです。

 

 公園はかつてのタケノコの産地であることを思わせるような見事な竹林と遊具の他、

一角に当地にあった江戸時代中期建築の古民家を休憩場所として移築し、農村だった

当時の暮らしぶりを再現しているのもこの公園の特徴のひとつだそうです。

 

入り口を入った左手に古民家があります。

 

遊歩道沿いに続く丸竹の柵も、竹林とマッチしていて馴染みがありましたね~♪

 

 

園内の奥・南側は広い遊戯広場となっていました。

 

               -Uターンをして古民家を覗いてみることに-

 

 

 

-座敷には真っ赤な雛壇が飾られていました-

 

            古民家前からの光景

 

もう来週にはお雛祭りがやってくるのですね。

早いもので2月もあと2日となりましたね。

コロナも厳しい状況下に入りましたので、どうぞ皆様も油断のなきよう

気を付けて過ごしましょうね~♪

本日も、お越しいただき誠にありがとうございました。

 

 

いつもの花をもっと素敵に飾りたい!そんな貴女に

月1回:3,500円(花材、器付き)

花悠々クラブ

http://www.sfdhanatsumugi.com

 ここ小田急線の梅ヶ丘駅より徒歩3分ほどの北側丘にある、梅の名所でも

知られる「羽根木公園」に咲く梅林の光景です。何所を見渡しても枝いっぱいに

紅白梅の花を付け、まさに満開状態といった光景でした。 (2021.2.22 撮影)

 

 ご主人の転勤に伴い、2年前に2人の子供を日本に残しロンドンに行っている

友人にこの梅の写真をメールで送ったところ大変喜ばれ、海外にいると特に

こうした四季折々の風情ある日本の良さが身に沁みると返事をいただきました。

ロンドンは日本以上にコロナが収まらず、ここ2年の間に一度も日本に帰国できず、

寂しい思いをしているようですので、せめて花の力で癒され元気に暮らして欲しいと

願っております。

 

 

 

 

 

園内南側の梅ヶ丘駅口階段

 全体として丘状の地形となっています。南側の斜面を中心に約650本の梅ノ木が

植えられており、開花時期の違いに伴い1月末から3月初旬まで長く楽しめる都内でも

名所の梅林となっています。園内には、羽根木プレーパーク・野球グランド・テニスコート

世田谷区立図書館・茶室「日月庵」などがあり、平日にもかかわらず多くの人が利用し

賑わいを見せている公園です。梅の開花後は桜の花を愛でることが出来ます。

 

 

 

 

 

         ブロガーさんの記事内では、20日(土)にこの位置から富士山の

         写真を捉えていました。この日は見られませんでした。

 

 

          -南側斜面の梅林の光景-

 

 

 

 

 

 

こうした写真を見ても、なかなか現場で味わった大きな自然空間に覆われた

梅の花の美しさは伝えられず、いつか機会があれば彼女と一緒に花見の出来る

日を待ち望みたいと思っております。

本日も、お越しいただき誠にありがとうございました。

 

 

いつもの花をもっと素敵に飾りたい!そんな貴女に

月1回:3,500円(花材、器付き)

花悠々クラブ

http://www.sfdhanatsumugi/com

 この時期の沿道には、梅の花や早咲き桜の花で春を彩られていますが、

長く日本で愛されてきた椿の花も、最近では日本の内外でも多くの園芸品種が

作り出されていますので、一瞬目にした時の印象がバラの花のように見える

椿もあり目を奪われ癒されます。

いつもの散歩道に咲く椿やサザンカの花を撮ってきましたのでご覧ください。

 

-赤と白の絞り咲きの椿-

ツバキ科 ツバキ属 常緑広葉樹 日本原産

名前の由来には諸説あり、厚みのある葉「あつば木」、艶やかな葉の「艶葉木(つやばき)」

光沢のある葉の「光沢木(つやき)」などいろいろあり、花よりも葉の美しさが名前の由来と

されている説がおもしろいところです。

よく似たサザンカとは別品種で、サザンカは葉の縁の刻みが深く、花も1枚1枚がバラバラ

に散り落ちることで見分けることが出来ます。

 

 

-蘆花恒春園に咲くヤブツバキ-

 

 

乙女椿

 

 

-まだサザンカの花も-

 

 

-梅の花をバックに-

 

 

 

 

烏山川緑道の宮の坂駅に繋がる世田谷区若林5丁目の山堰橋(やませきばし)近辺

に咲く紅白の梅と椿の花の光景でした。

2月もあと4日ほどで、来週には桜月・弥生とも言われる3月ですね。

関東も今週末は雨模様が続き、寒暖の差が厳しいようですので、体調管理には

充分気を付けてお過ごしくださいね~♪

本日も、お越しいただき誠にありがとうございました。

 

 

いつもの花をもっと素敵に飾りたい!そんな貴女に

月1回:3,500円(花材、器付き)

花悠々クラブ

http://www.sfdhanatsumugi.com

自宅近くの目黒川緑道に咲く1本の河津桜の光景です。

ついに満開状態になったようで、日中の温度も15度との暖かい陽射しを浴び

まさにこの近辺は春の雰囲気を漂わせており、多くの行き交う人の心や目を

奪い止め、癒しの心を与えていたようです。

 

バラ科 サクラ属 落葉小高木 日本・静岡県賀茂郡河津町原産

1月下旬から2月にかけて開花する早咲きの桜です。花は桃色ないし淡紅色で

ソメイヨシノよりも桃色も濃く、花期も1ヶ月と長く見られるのが特徴です。

オオシマザクラとカンヒザクラの自然交雑種と推定されています。

1955年に静岡県賀茂郡河津町の河津川沿いの雑草の中で1mほどの原木を

発見し、庭先に植えたことから現存されてきたそうです。

毎年2月10日前後から3月10日前後にかけて河津祭りが開催されるのですが、

今年はどうなるのでしょうか?。

 

 

 

 

 

-川辺に咲く花-

リュウキンカ

 

 

 

-寒アヤメと水仙の花-

 

 

 

 

 

 

北沢川と烏山川との分岐点・東仲橋から池尻ジャンクションまでの約500mほどの

目黒川緑道に大小2本の河津桜の木があるのですが、この花木の満開姿を見るだけ

でも春が近いことを思い知らされます。

梅の花も最盛期のようで、旧暦では春と呼んでいた所以も分かるような気がしますね。

花粉が多く飛び散っているようですので、どうぞ気を付けてお過ごしください。

本日も、お越しいただき誠にありがとうございました。

 

 

いつもの花をもっと素敵に飾りたい!そんな貴女に

月1回:3,500円(花材、器付き)

花悠々クラブ

http://www.sfdhanatsumugi.com

 この時期には、毎年日本フラワーデザインスクール(山手線高田馬場駅より5分)

から卒業創作展の案内状が届くのですが、今年は一般公開はせず自粛展示のため

我が教室も休講しておりますので、生徒さんへの補修授業を兼ねて過去の作品展から

何点かご紹介させていただきます。

このスクールは、花業界でプロとして働くための授業をしており、毎年この作品を見ながら

原点に返り、その創作力と視点の素晴らしさに刺激を受けておりました。

 

 

 

 山間を流れる花川を表現

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここを卒業された生徒さんは、個人で花屋を開業されることはもちろん、ホテルやイベント

会場などの空間を彩る花の仕事を請け負う業務に携わる人も多いそうです。

2年間の授業で、ここまでの創作花を作り上げられるなんて本当に凄い!と感心しております。

花の見せ方が、一般人の方にはなかなか理解しにくいかと思いますが、何かテーマや意図を

持って作り上げております。

本日も、お越しいただき誠にありがとうございました。

 

 

いつもの花をもっと素敵に飾りたい!そんな貴女に

月1回:3,500円(花材、器付き)

花悠々クラブ

http://www.sfdhanatsumugi.com