花つむぎ教室のブログ

生徒さんの作品や日々の出来事など、
また移りゆく季節を彩るさまざまな美しい花などをご紹介しています。

ようこそ♪「花つむぎ教室」のブログにご訪問ありがとうございます。

NEW !
テーマ:

今年もこの北沢川緑道の川縁に、紫色の小さな花を穂状に付けたヤブランが

咲き誇っています。

何年か前には、対岸に咲く白いヒガンバナの群生を楽しんでいたのですが、今は

ヤブランの世界と化していました。

川面の風景からも秋の気配を感じるこの頃です。

 

キジカクシ科 ヤブラン属 常緑性多年草 日本、東アジアに分布

別名:リリオペ、サマームスカリ

山野の薄暗い藪の中に群生し、葉がランに似ていることからこの名が付いて

いますが、ランの仲間ではありません。

性質が丈夫で日陰でもよく育つので、庭園の下草などとして広く利用されています。

8月~10月の花期になると、葉の間から花茎を伸ばし藤色の小さな花を穂状に

咲かせます。花は花径4~7mmほどで6枚の花被を持ち、数輪ずつが束になって

咲きます。基本種の花色は薄紫色ですが、白やピンクの花を咲かせる品種もあります。

涼しげな印象の花で派手さはありませんが、花の少ない夏の時期に咲くので目に

付きます。花後に実る果実は球形で熟すと黒く色付きます。

日本に自生するだけあって、暑さ寒さに強く強靭な性質なため、手ががかからない

育てやすい植物として重宝がられています。

 

 

 

 

 

 

 

 雨上がり後に一斉に開花するレインリリー

 

 

 

 

 白い彼岸花も見られます

 

 

 

 

実家の垣根下にも何株か植わっていますが、こうした川辺に咲いているヤブランは

別の植物のように見え、美しさも倍増して映ります。

環境にもあってか繁殖力も強いのでしょうね。

 

 

いつもの花をもっと素敵に飾りたい!そんな貴女に

月1回:3,500円(花材、器付き)

花悠々クラブ

http://www.sfdhanatsumugi.com

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

        ー10月のレッスン開催日ー

 

          ・10月11日(水曜日)三宿教室

           フラワーデザインコース:10時~12時

                 花悠々クラブ:10時30分~12時

 

          ・10月17日(火曜日)三宿教室

           フラワーデザインコース:10時~12時

                 花悠々クラブ:10時30分~12時

 

          ・10月18日(水曜日)太子堂区民センター

                 花悠々クラブ:10時~12時

 

          ・10月18日(水曜日)三宿教室

           フラワーデザインコース:18時~20時

                 花悠々クラブ:18時30分~20時

 

          ・10月21日(土曜日)太子堂区民センター

                 親子体験コース:10時~12時

 

          ・10月25日(水曜日)三宿教室

           フラワーデザインコース:10時~12時

                 花悠々クラブ:10時30分~12時

 

 

       ー「花悠々クラブ」および「体験レッスン」の花

                         1回:3,500円(花材、器付き)

 

                   「花悠々クラブ」の花

 

 

            「体験レッスン」の花

 

※花材や色などは仕入都合により、多少写真とは異なりますのでご了承ください。

※体験レッスンの方は、スキルも用具も必要ありません。服などが汚れないよう

 ご準備ください。

※入会および体験レッスンのお申し込みは、レッスン開催日の5日前までに

 お申し込みください。

※キャンセルに関してのお願い

 キャンセルにつきましては、必ずご連絡いただけることと、出来ましたら予約レッスン日の

 5日前までにご連絡ください。上記を過ぎたキャンセルにつきましては、キャンセル料が

 発生いたしますのでご了承ください。

 

                                    花つむぎ教室

                                   TEL/FAX:03-3410-4870

                                   受付 9:00~18:00

                                   http://www.sfdhanatsumugi.com

 

 

ー色付くコリウスー

 

 

 

ー酔芙蓉ー

 

 

 

 

 

いつもの花をもっと素敵に飾りたい!そんな貴女に

月1回:3,500円(花材、器付き)

花悠々クラブ

http://www.sfdhanatsumugi.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この季節ならではの秋を感じさせてくれる紫色に実を染めるムラサキシキブ。

ムラサキシキブより小粒で、実は枝に沿ってかたまるように付いている同属のコムラサキ。

花の柄の根元が葉っぱの柄の根元から、ちょっとズレたところについているという

違いで見分けるそうです。

北沢川緑道で見つけたこの草木はムラサキシキブなのかコムラサキなのか、見分けが

微妙ですが、まだ実も小さく花柄の出所も少しズレているようなので、コムラサキとして

アップさせていただきました。

 

クマツヅラ科 ムラサキシキブ属 

6月~8月頃に白い小さな花を咲かせ、その後紫色の綺麗な実を付けます。

根元に近い方から順次開花し、先端に向かって咲きます。それを追うように

実を付けていき、実は緑色から紫色に変わって行きます。

コムラサキはムラサキシキブを小さくしたものでこの名前になりました。

小さいけれど実の付き方がいいので、花屋さんではムラサキシキブより人気が

髙いようです。

見分け方のひとつとして、ムラサキシキブは実が花の柄の根元と葉っぱの根元が

ほぼ同じところから出ていることで、コムラサキはそれがちょっとズレていることで

見分けているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠くから見分ける時は、全体の樹形を見るとわかるそうで、ムラサキシキブはやや

大型で樹高が髙く、コムラサキは低めで樹形がこんもりしているそうです。

また、ムラサキシキブの葉は全てにギザギザの鋸歯(きょし)がありますが、コムラサキは

葉の先端半分にしかギザギザがないそうです。

どちらにしても、よく似た形態の草木なので、名前よりもこうした容姿を楽しみたいと思います。

 

 

いつもの花をもっと素敵に飾りたい!そんな貴女に

月1回:3,500円(花材、器付き)

花悠々クラブ

http://www.sfdhanatsumugi.com

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

台風18号の影響で、この3連休は外出もままならぬ状況ですが、15日(金)に駒沢の

国立医療センターでの目の定期検診の帰りに、向かいにある駒沢オリンピック記念公園

へ寄ってきました。1週間前にはさほど目立たなかったヒガンバナも街路樹や道端の草むら

から1輪、2輪と赤い花火のような花を覗かせてきました。

公園では、大きな深緑の木々が茂る広いスペースにぽつん、ぽつんと赤く咲く彼岸花が

とても印象的でした。

 

ヒガンバナ科 ヒガンバナ属 多年性球根植物 日本、中国原産

秋の彼岸の頃、高さ30cmの花茎を伸ばし、雄しべを持つ赤い6弁花を数個輪状に付けます。

花後、線形の葉が出て越冬する有毒植物ですが、鱗茎を外用薬として利用しています。

日本では、秋の花として親しまれている彼岸花(ヒガンバナ)。「リコリス」「曼珠沙華」とも

呼ばれ、映画や歌のタイトルにも使われたことから、赤い花びらの彼岸花が一般的な

名前として知られるようになりました。

昔の人は、彼岸花というと”不吉な花”というイメージがあり嫌う人が多かったと言います。

芽が出てから一週間ほどで花が咲くことから「幽霊花」とも呼ばれ、開花期にも関わらず

葉がひとつもなく、茎の頂上に真っ赤な花が咲いて、しかもその花の毒々しい赤の色に

日本人の感覚からして、そうしたけばけばしさを好ましからざるものと見なしていたための

ようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ー街路樹に咲く彼岸花ー

 

 

 

 

 

最近ではまれに白い花が見られるようで、他に同属のものではピンクや黄色の

花もガーデニング用に栽培されてきているようです。

連休明けに行く、いつもの緑道散歩が楽しみになってきました。

 

 

いつもの花をもっと素敵に飾りたい!そんな貴女に

月1回:3,500円(花材、器付き)

花悠々クラブ

http://www.sfdhanatsumugi.com

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

まだサルスベリの花も元気だなあ!と思っていたら、「花の命は短くて」でした。

こうして綺麗だなあ!と思って見ているムクゲの花もそろそろ名残の花となるのでしょうか。

白のムクゲかフヨウの花が撮りたいなあ!と散歩に出て、この花に出会いました。

 

アオイ科 フヨウ属 落葉低木 中国原産

庭木として広く植栽されているほか、夏の茶花としても欠かせない花となっています。

秋の七草としても知られ、7月~10月に淡いピンクや白の大輪の花を咲かせます。

韓国の国花としても知られていますね。

日本では、街路樹や公園の立木として利用され、見かける機会も多いさわやかな

草木となっています。

葉は卵形で縁に荒い切れ込み(鋸歯)の葉形をしています。フヨウの花と似てい

ますが、ムクゲの葉は花より小さくて濃い緑色をしています。フヨウの葉は花と同じ

くらいの大きさで薄い緑色です。

ムクゲは枝を縦に伸ばし生長しますが、フヨウは横にこんもりとした樹形を成しています。

花の印象もムクゲの方が少し力強さを感じるでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アサガオ同様、庭にこんな大輪の花が1輪、2輪と咲きだすと辺り一面に

華やかさが漂い、古人が一枝手折って茶花に活けた気持ちが分かる気が

しますね。

 

 

いつもの花をもっと素敵に飾りたい!そんな貴女に

月一回:3,500円(花材、器付き)

花悠々クラブ

http://www.sfdhanatsumugi.com

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここ蛇崩川(じゃくずれがわ)緑道の散歩道にみるフウセンカズラの光景です。

沿道の民家との境界線に張られた金網に絡みつく、青々としたフウセンカズラです。

 

ムクロジ科 フウセンカズラ属 蔓性一年草 熱帯、亜熱帯、アジア、アフリカ原産

蔓性の一年草で巻きひげを出し、それをフェンスや他の植物に絡ませながらぐんぐん

伸びて3mほどの長さにまで達します。

夏に緑がかった白色の小さな花を咲かせます。花自体はさほど目立ちませんが、

その後にできる風船状の果実が可愛らしくユニークです。果実は3cほどで内側は

ホウズキのように空洞になっており、最初は明るいグリーンで熟すと茶色に変わります。

ひとつの果実からタネが3つとれ、熟したタネは全体が黒くハート型の白い模様ができる

可愛らしい姿をしているようです。

熱帯性の植物なので、暑い夏にぐんぐん伸びて果実をつけ、冬には寒さで枯れますが、

秋に採ったタネを春に蒔いておくと夏には白色の花がたくさん咲きます。

花を観賞するよりむしろ、風船状の果実を観て楽しむために栽培される植物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ー実がなるデュランター

 

 

 

 

 

 

 

 

台風シーズンでもあり、ムシムシと汗ばむ日が続いていますが、そよぐ風には

確実に秋の気配を感じます。

 

 

いつもの花をもっと素敵に飾りたい!そんな貴方に

月1回:3.500円(花材、器付き)

花悠々クラブ

http://www.sfdhanatsumugi.com

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここ蛇崩川(じゃくずれがわ)緑道を散歩中、とても小さな可愛い花を見つけました。

葉が細く糸羽状で花は星形をした紅色のルコウソウという花です。

ブロガーさんの記事内でも見ていたので、これかー!と一瞬ひらめきました。

他の木々に細いツルを張り渡し、緑のベース上に小花を散らし花柄カーテンのようでした。

 

ヒルガオ科 サツマイモ属 非耐寒性蔓性多年草 熱帯アメリカ原産

糸状に分かれた掌状の葉に花径3cほどの星形の赤、ピンク、白色の花を咲かせます。

花言葉も「常に愛らしい」です。

「緑のカーテン」や垣根に向く、丈夫で栽培が簡単なヒルガオ科の植物です・

7月~10月頃が開花時期で、生育適温が20~30℃、暑さには強く低温に弱いので

遅霜には注意が必要です。

繊細でふわっとした見た目の感触が好まれ、最近ガーデナーにも人気の出てきた

植物です。

 

 

 

 

 

 

 

 ニチニチソウの花がルコウソウに混じって咲いています

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて見たルコウソウの花。

ニチニチソウとの組み合わせがとてもあっていて、誰が植えた花なのかわかりませんが

ガーデナーのセンスの良さをかい間見たような気がいたしました。

 

 

いつもの花をもっと素敵に飾りたい!そんな貴女に

月1回:3,500円(花材、器付き)

花悠々クラブ

http://www.sfdhanatsumugi.com

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここ蛇崩川(じゃくずれがわ)緑道の途中から野沢龍雲寺に上がる道沿いに

トランペット形した白やピンクのキダチチョウセンアサガオの花がよく目に留まりました。

 

ナス科 キダチチョウセンアサガオ属(ブルグマンシア属) 半耐寒性常緑性低高木

ブラジル、エクアドルなど南米原産

園芸上「エンジェルトランペット」と呼ばれることもあります。

春から秋にかけて、大きなトランペット(ラッパ)状の花を下向きに咲かせます。

蕾は卵形、球形、紡鐘形などがあり、花は蕾から飛び出すような形で咲きます。

花弁の先端は5つに分かれ反り返っています。

夜道で芳香のある白っぽい大きな筒状花が、ぶら下がるように咲いている様には

ダイナミックでビックリされる方も多いかと思います。

 

 

ー参考写真ー

 原産地では鈴なり状態に花を付けて咲いているのが当たり前のようです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに一度にたくさんのキダチチョウセンアサガオの花を見られるのも

珍しい気がします。意外と白やオレンジ、ピンクと色も豊富なんですね。

 

 

いつもの花をもっと素敵に飾りたい!そんな貴女に

月1回:3,500円(花材、器付き)

花悠々クラブ

http://www.sfdhaatsumugi.com

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

エビのような形と色の花(花序)がおもしろいとガーデナーに注目を浴びてきた

人気の植物コエビソウを、散歩道のここ蛇崩川(じゃくずれがわ)緑道で見る

ことができました。

何処かでちらほらと目にはしていたのですが、こんなに間近でまざまざと見る

ことはなく、あらためておもしろい花だなあ!と見入ってしまいました。

 

キツネノマゴ科 ジャスティシア属 常緑低木 メキシコ原産 別名:ベロペロネ

苞(ほう)と呼ばれる赤褐色の葉が鱗状に重なり合い湾曲し、エビの胴体のような

格好になります。エビの胴体のような部分は「花序」と呼ばれ、実際の花はその間

から顔を覗かせるように咲きます。花色は白で筒状、赤紫色の斑点が入り、花序の

付け根から先端に向かって順に咲きます。

花は季節には関係なく、15℃以上の気温があれば咲くようです。

花の形がエビを連想させるので「コエビソウ」という和名があります。

日本の自然環境下では、主に夏に花を咲かせるようです。

寒いと落葉し、春に再び芽を吹いて成長し、道端などでも晩秋くらいまで目にする

ことが出来るかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで目にしていたコエビソウは、他の草花に混じって1輪、2輪と細く赤い穂状の物を

見ていたのですが、こんなこんもりとした大粒の花を見たのは初めてでした。

どんな植物でも最大限の時の美を見れることがその極致なのでしょうね。

 

 

いつもの花をもっと素敵に飾りたい!そんな貴女に

月1回:3,500円(花材、器付き)

花悠々クラブ

http://www.sfdhanatsumugi.cm

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月から11月頃まで長く、オレンジや赤、黄色にピンク、白と開花時期の長い

ランタナの花。1年中何処かで目にしていて、季節感のない花のように思われて

いますが、本来の原産地では一年中花を咲かせていますが、日本では真冬の間

だけはお休み状態です。

初夏にピンク色のランタナが散歩道を彩っていましたが、この季節に見るオレンジ色の

ランタナの花は、辺りを明るくさわやかな雰囲気に包んでくれ癒されますね。

 

クマツヅラ科 ランタナ属 常緑低木 中南米原産

約150種が熱帯地域に広く分布しています。

低木のランタナ・カマラとほふく性のコバノランタナの2種類に大別され、

初夏から秋まで長く花を咲かせてくれます。

和名で「七変化」と呼ばれるランタナの花は、アジサイ同様徐々に花の色が

変化する不思議な常緑性の花木です。

ランタナは挿し木で簡単に増やすことが出来るので、5月~9月頃がお薦めだそうです。

コデマリ状に咲かせる花も可愛らしく、ガーデニングの初心者には大変人気の草木でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し小高い所の庭先から、下の道路にこぼれ落ちるように咲くランタナの花。

それはそれは見事で、遠くから目にした時は小さなミカンの実でもなっている

かのように見えました。

下馬の友人宅のご近所さんに咲くランタナの花です。

 

 

いつもの花をもっと素敵に飾りたい!そんな貴女に

月1回:3,500円(花材、器付き)

花悠々クラブ

http://www.sfdhanatsumugi.cm

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。