セリエAの下部組織トリノFCとの試合

強豪相手にどこまでできるか?

試合前の撮影



vsFCトリノ
30分3本
2-3(門脇、ミコト)

イタリアの強豪だけあり、選手一人一人のレベルは高く、個人技でやられてしまったシーンが目立ちました。


しかし、フェリーチェも組織的な守備から奪ってカウンターなど随所によいシーンが見られました。

最後の決定機を決めるメンタルの強さが見られたらよかったとおもいます。
そこが身につけば日本に帰ってもさらによくなるはずです。

イタリア遠征で感じることは、どの選手もイキイキしてプレーしていること、日本に帰ればリーグ戦と、クラブユースが待ってます。

誰がスタメンでもおかしくない状況です。
チームのなかで競争を制してピッチに立てるように頑張りましょう!