こんにちは。1upGOLFです。

2018年3月に発売予定の
RODDIOコンパクトドライバーの
試打クラブを先行で完成させました!
RODDIO Deepback ドライバー
      &
RODDIO Midback ドライバー
2タイプのヘッドが登場しますが、
どちらもその名の通り、
ヘッド容量が385ccと
今の時代としては非常にコンパクトです。

試打クラブ用のヘッド専用デザインとして
「385」、「385S」と
ソール側に描かれていますが、
正規販売用のヘッドのデザインは
「R」のデザインと
Deepback Midback
モデル名が描かれています。



Deepback ドライバー 
ヘッド全体に厚みをもたせた形状ですね。

ヘッド自体はやはりコンパクトなので
ディープフェースとまでは言いにくい感じがします。


ぶっ飛びSpoonを思わせるような形状です。



続いてMidback ドライバー

ヘッド後方だけでなく全体的に
シャローに見えます。


Deepback に比べるとシャローフェースです。

Deepback に比べて重心深度は深めです。
投影面積も大きく見えます。

Deepbackタイプ、Midbackタイプ にしても
かなりの低スピン設計のようです。

例によってソールは取り外し可能です。

ヘッドのスペック表。


実はシャフトも新しいドライバー用も登場。


手元調子の
LUNAR:6 にはDeepbackドライバーを。


中調子の
STELLA :5+にはMidbackドライバー。


Deepback + LUNAR:6/スペック
45.25インチ  D2  313.5g  263cpm 
ヘッド重量198.3g  シャフト重量66.5g

Midback + STELLA:5+/スペック
45.5インチ  D2  305.2g  251cpm 
ヘッド重量197.5g  シャフト重量57.5g

ぜひお試し下さい!