ブロックチェーンと言う技術がこんなにすごいことだったなんて… | 元漫画屋日記
2017-09-23 20:38:32

ブロックチェーンと言う技術がこんなにすごいことだったなんて…

テーマ:日記

 

仮想通貨への投資は7月からモナコインへの投資からスタートしてたのですが、退職にともなう有給休暇の消化期間に入ってあらためて仮想通貨に関する勉強を始めて、ようやくビットコインなど仮想通貨の根幹をなすテクノロジー「ブロックチェーン」のポテンシャルを理解し始めて驚愕しております。

 

こんなに凄いモノだったとは…金融と言う枠にとらわれず、不動産取引・保険から、様々なビジネス、働き方一つについてまで様々な場面・業種でパラダイムシフトが起こっていくことでしょう。ある業種で一つ採用されれば、その優位性は圧倒的なので、競合他社も追随しないわけにはいかない類のものです。ソフトバンクのような新しい技術を背景にのし上がっていったような新しい企業も生まれてくるでしょう。

 

私は仮想通貨に手を出してみて最初、「おー、中国株を始めた頃みたいだな(笑)」と興奮したのですが、それどころではなかった。これはWindows95が出回り始めた頃と同じくらいな変化をもたらすものだと、興奮を通り越して驚愕し始めております。

 

(私は小学生の高学年の頃から「パソコンブーム」に乗って、PCに慣れ親しみ始めたのですが、高校生になる頃にいったん離れて、大学生になる前後にWinndowsブームが来て、「今からまた始めれば、また横一線からの再スタートができるぞ!」再び手を出し、漫画の作成などに早くから利用させてもらった物でした。)

 

 

介護の世界にも何年後か分かりませんが、そう遠くなくブロックチェーンの技術が導入されていくのではないでしょうか。利用者様の介護保険や病歴、介護計画作成などブロックチェーンを利用することで、不正を心配することなく安全に手早く、しかも低コストに情報のやりとりが出来るようになるでしょう。働く介護士たちも、今はどこかの会社に所属(派遣会社含む)して仕事をしているわけですが、各々が個別に複数の施設と契約して、思い思いの時間にあちこちで働く、と言った働き方が出来るようになるのではないでしょうか。

 

「ブロックチェーン」の凄さは「信頼のない者同士」でも、「不正を心配することなく」契約ややり取りを成立しうる技術にこそあります。ビットコインなどの仮想通貨はこれまでの通貨は国家などの保障や信頼をベースにしてたわけですが、「そういうのがなくても成り立つよ」というのを分かりやすく形にして見せてくれているに過ぎません。

 

ビットコインが凄いのではなく、ビットコインを通貨たらしめている「ブロックチェーン」という技術が凄いんだとようやく理解し始めました。これは本当に凄い。介護の仕事が忙しすぎて、気づくのにずいぶん遅れてしまいましたよ(笑)

 

ケアマネの試験が控えてますが、すっかりどうでも良くなって(笑)ブロックチェーン関係、仮想通貨関係の本をむさぼり読む日々を送っております。久々に熱い日々を送っている感。まぁケアマネについてはもっとしっかり勉強しないとそもそも無理ですよ。付け焼刃でどうにかなる類のものではないモノ。

 

艦NEXT赤城も少しずつ建造が進んでいます。2番目の写真は初めにこさえた同艦NEXT1作目の大和との比較です。赤城は大きく、大和とならんでもまったくそん色のないサイズなんですね。というか全長はやや赤城のほうが長いようです。元々が巡洋戦艦として計画された船なので横幅は大和に比べるとずっとスマートですが。

岸みきお(沖見四季)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス