どうも、カンザキのブログです。
今日はたまたま作業にも入ってたことだし、最近の推しアイテムをご紹介。


BLACK OX TITE SEALANT

ブラックオックスのチューブレスシーラントです。
シーラント剤は各社あって、仕事柄色んな所のを試しますが今のところコレが一番強力な気がしてます。

 

 

なにせ広告の触れ込みのインパクトがすごい。
タイヤにライフルを放ってそれをこのシーラントが防ぐってものです。



どうやら最大9ミリの穴を塞ぐとな。

 

もちろんこの条件はタイヤの太さやシーラントの量、空気圧やらなんやらとセッティングがあってのことだと思います。正直9ミリを塞げててもそんな大きさの穴を開けてきたバイクを見たら即交換がオススメです。

広告のインパクトは置いといても、実際に使ったりしてみてあ~そりゃあ効くよなあと思いました。
理由は読み勧めて頂ければおわかり頂けるかと。

というわけで

さあ、実際に中身を見てみましょう。

 


その前に、蓋がきっちりしまってることを確認してからよ~く振りましょう。



で実際にビーカーに出してみます。

白い液体の中に黒いつぶつぶガ浮かんでいるのがわかりますか?



コレをしばらく放置していると下に沈殿してこんな感じに。

そう、コレがブラックオックスの最大の売り、カーボン繊維。


この小さなカーボン繊維が互いにくっついたり離れたりしてタイヤ内の気密性を保つのです。

コレをまんべんなく行き渡らせるためによく降るんです。



SHAKE WELL ..... RIDE LIKE HELL!!

実際の効果は?!

はじめの方に書いてあるとおりですがよく止まる感じがしてます。


他のものに比べても早く止まるというか、チューブレスで空気が抜けてしまったという案件の際にはコレをよく使っていて勝率は今の所上々です。

ただ、注意点として前述の通り細かいカーボン繊維が無数に入っているので、大量に肌に付くと繊維が刺さって痒くなったりします。

 

あと、服につくと結構白残りするのでその点も注意して作業してくださいね。



ラインナップは業務用のサイズの他に、一般ユーザーも使いやすい4ozがラインナップ。

チューブレスにチャレンジしたい方も、今のシーラントにちょっと不満な方も是非お試しあれ。




かいたひと → ぼっくす