どうも、カンザキのブログです。

今日も日々の業務の中でコレは!!と思った推しのバイクをご紹介していきたいと思います。

 

今回はこちら↓

 

NESTO 2021 ALTERNA

 

ネストはコーダーブルームやマルキンを展開する自転車メーカーホダカのブランドの一つ。

NESTO (ネスト) は 『NEXT STANDARD』 をコンセプトに、
毎日の生活をより豊かにするスポーツサイクルを展開するブランドです。

 

 

 

ネクストスタンダード、つまりは「次のふつう」を目指した同ブランドらしく、このオルタナも普通なんだけど、

普通だからこそ妥協しない。普通に使える普通に良いバイク!というなんともネストらしいバイクだなと思った次第です。

 

見ていきましょう。

 

 

普通であるためには、普通に使いやすくて普通に走る、曲がる、止まるといった普通の性能がまずは大事。

ということは普通の事を普通にしてくれるSHIMANOのコンポーネントをフルで搭載するというのが必須条件。

 

 

 

そこをオルタナは全てソラのグレードで搭載。妥協されがちなクランクまでしっかりとソラ。

普通にしっかりとフロント変速を決めるためにはここは外せません。

 

 

 

フレームは普通にアルミフレームとカーボンフォーク。でもその中にもこだわりを。

リア三角部分を扁平につぶすことによって振動吸収性を向上。

テーパーヘッド形状を採用することによってブレーキングの剛性が高まります。

 

 

そして普通に買いやすいお値段。税込定価でも10万円を切るという圧倒的コストパフォーマンス。

もう一つ言うとこの価格帯のロードバイクはワンランク下のクラリスで組まれていたりすることが多い中、

このオルタナはワンランク上のソラです。

 

最後に重量。なんと完成車重量で9.0キロ

え、10万円以下の完成車ロードでしょ?

普通に軽い。

 

 

なんやコレ。圧倒的やないか・・・・・。

 

 

名は体を表してネクストスタンダード、ネストのオルタナ。

これは‥‥推せます!

ご紹介のたびに即買いが続出しています。

ご検討は在庫があるうちにお早めに!

 

 

 

 

カラーリングは画像のホワイトとHPに既に掲載中のマットブラック。

そしてさわやかなブルーがラインナップ。

小柄な方や女性の方にも普通に合わせやすい385サイズが展開されているのもポイント高いですね。

 

 

昨日ご紹介のバリアスコートもバッチリ施工です。

クリーニングとコーティングが同時に出来てコレ、便利です。

 

 

書いた人 → ぼっくす