どうも、カンザキのブログです。
たまには一部の方には役立つメンテナンス情報など載せて見ます。



最近はディスクブレーキばっかりになってきたスポーツ自転車業界です。

ディスクは良く止まるしコントロール性良いし油圧システムのタッチが良いし良く止まるし良いですよね。良く止まるし。

でも弱点として、油分がローターに着くと激しく音が鳴ってかつめっちゃ効かなくなります。

もしそう鳴って、いやなってしまった時の対処法を書いておきます。




用意するものはコレ、チャーミーマジカ!
いや、中性洗剤ならなんでも良いです。

コイツでガンガン皿洗いの要領でローターとパッドを洗って下さい。


汚いおててを失礼します。

ここでポイント。
パッドはこのようにブレーキ面を合わせて洗剤を付けて擦って下さい。
2回ほど繰り返すと汚れもとれていい感じです。


あとはまたアブラがついてしまわないように慎重に取り付けてブレーキテストをして音が鳴らなければ終了!あ、キャリパー本体にオイルや汚れが付いてるといけないのでクリーナーを吹いておくといいでしょう。

これでも鳴っちゃう場合はやっぱりパッドごと替えてもらうか、


コレを塗ってみても良いかも。
塗り立てはビックリするぐらい効かなくなりますが一旦皮むきが終わると効き始めます。

単体で買うとちっさいくせに結構な値段がするのでご希望の方は当店で施工しますのでご相談下あれ。


かいたひと→ぼっくす