どうも、カンザキのブログです。

もう良いおっさんなんですが、頑張って最近絵文字を覚え始めようとしてるぼっくすです。
 
 
そんなおっさんは今回ラレーのCRCを組み立てさせていただきました。
 

RALEIGH ラレー2020 CRC Carlton-C

こちらのCRCはラレー流のグラベルロードです。
ここ日本で展開しているラレーといえばクラシックなイメージが先行していますが、今回のCRCはクラシックさとモダンな雰囲気が上手いこと融合しているように思いました。
 
 
クラシックさを強調するクロモリのホリゾンタルフレームフレームに極太のカーボンフォークが搭載されています。グラベルを冠するに相応しい出で立ちですね。
 
なおフレームの肉厚は敢えて厚めにしてるとの事。
重量はもちろん増えますが、使い方を想定しての事で、寧ろそれを考えると必然的かもしれません。
フォークにはフェンダーダボもありますので拡張性もよきです。
 
 
ヘッドパイプは何気にテーパーヘッドです。
この辺がクラシック一辺倒で終わってませんよね。
モダンさを感じられてステキです。
 
 
カラーリングにもご注目。
カタログによるとピーコックブルーという色だそう。
要するにクジャク。納得。
箱を開けた瞬間にキレイ!と感じましたね。
 
 
FDのワイヤーは上から引いて、
 
下から引っ張ります。
一見めんどくさい事してるなぁとなるのですが、
こうしておく事で上引きのFDを装着できる可能性を残しているとしたら。。。アラヤさん、流石やで!!
 
 
 
リアタイヤはまだ余裕ありそうですね。
しっかりと避けを作ってくれてますよ。
 
 
 
リアエンド近影。
こっちはしっかりとフェンダー、キャリアダボと両方作ってくれてますよ。
 
 
いかがでしたか、ラレーのCRC 。
グラベルはもちろん、通勤や週末ライド。
マルチに使っていただけるのが魅力的な一台です。
前述の通り敢えて少し重めに作られてるのでレースとなると少し辛いですが、
そこはファンライドとしてあくまでたのしんでやってもらえれば良きと思います!
 
是非!
 
 
かいたひと→ ぼっくす