どうも

カンザキのブログです。

今回はこちら

GIOS ジオス2019 【特別仕様車】 NATURE GRX [ナチュール ジーアールエックス]

 
 
こちらは昨日のブログでも紹介しましたがもう一度紹介させてください!
昨日の内容はこちら
/////////////////////////////////////////////////////////////

定価261,800 円 (税込)→販売価格158,000 円 (税込)

SHIMANO新コンポーネントGRXを搭載しディスクブレーキで悪天候時でも安定した制動力と幅広タイヤで知らない道もグイグイ走れキャリア用ダボ穴も付き荷物の搭載も容易でツーリングなどにも使いやすいグラベルバイクがこの値段は、

/////////////////////////////////////////////////////////////

 

そうなんです。

まずはみていただきたいのは

コンポーネントがGRXということ

GRXのグレードはいくつかありますが、全て油圧ブレーキ

上記にも記載しておりますが安定した制動力があり、軽い力で握れる為、握力がすくない方にもかなりよい

 

シフトは存在していないですが、少しだけ動く仕様にしており、転倒時にあたっても動くことにより力を逃してくれるとか。。。

SRAMの左レバー(シングル)の場合は動かないのですが、SHIMANOのこのGRXはなんとも不思議な感覚です。

 

38Cという太いタイヤがインストールされており、空気圧を低くし、のり心地を良くしてくれます

※ただし、わたくしKTは試走のときに空気圧を低くしすぎてハンドリングがかなり重たすぎる状況になったので、アスファルトを走る際には少し高めの空気圧をオススメします。

 

 

前の程よい小ささ(40t)と後ろのかなり大きなギア(42t)

こちらのワイドレシオにより、坂道の上りも、平坦も、どちらにも対応し、操作性の良い走りができます。

 

 

クロモリフレームで乗り心地バツグンにしております。

若干重いのは仕方ないですが、この手のグラベルロードは走ったらそんなに重さを感じず、ぐんぐん走る印象しかないです。

 

上記で「ぐんぐん走る」と形容しましたが、こちらのスルーアクスルによる恩恵なのかなと思います。

カーブ時のヨレも少なく、試走でも(長距離走ったわけではないですが)しっかり受けてくれてくれる感じ。

 

サドルにかんしては、GIOSの純正なので、めちゃくちゃよいという印象はあまりありませんでしたが、程よくかたく、安定感がある感じ。個人的にはカスタムしてもよいのかなと思います。

 

ハンドル・ステム

こちらはそのまま乗る分には特に気になることはないのですが、カスタムを考えている人はハンドルクランプ径が25.4mmと小さい径のものが入っているので、31.8mm径のハンドルを使用されたい方はステムと同時交換になりますのでご注意ください。

 

クロモリフレームのグラベルといえば価格的に高価になりがちではありますが、高級でありながら、価格がお手頃なため、ガンガンに扱っても気負いしない自転車だと思います。

この自転車でグラベルに入ってみてもいいんじゃないでしょうか。

 

*************************************************************

ちなみにGIOS繋がりでこちらも宣伝しとこうと思います。

GIOSといったらみなさん「MISTRALミストラル」を連想される方も多いかと思いますが

シティーサイクル最強の自転車

GIOS ジオス2019 ESOLA[イソラ]

 

 

スポーツ自転車というよりももっと街乗りに特価した自転車です。

写真を上げていきましょう

 

グリップシフトでハンドルがブラウン系

 

 

サドルもブラウン系

各パーツもシルバーを使っており、よりクラシカルな感じ

 

洒落た感じのフロントラック

なにげにVブレーキで街乗りにしては制動力バツグン

 

工具がいらないシートポストクラプ

 

 

チェーンガードが一あるので裾もよごれにくい!

 

 

 

 

なによりうれしいキックスタンド付き

あ、あと泥除けもついてます。

街乗りには一番うれしいかもですね

 

よかったらお問い合わせお願いします・

 

かいたひと→KT