どうも、カンザキのブログです。

今日は2019モデルのシナプスディスクSEを組み立てましたよ。

 

Cannondale キャノンデール2019年特価】 

Synapse[シナプス] Disc 105 SE

 

 

実は只今2019モデルがかな~りお買い得なセール中の当店。

ちょっと見て気になってしまった方は是非店頭まで~!

 

 

  • SEはスペシャルエディションのこと

SEと名前を冠しているこちらのシナプスですが、SEとはスペシャルエディションの略称。

デザインが通常のシナプスと比べてどことなく脱・スポーティーなのです。

 

同系色のロゴデザインや、WTBのリムとスキンサイドタイヤでかなりイマドキ感のある装いです。

ロゴを敢えて目立たせないデザインというのが今の流行りであるのは間違いないと思いますが、その点においてはこのSEモデルは現行の2020モデル寄りなのかなと行ったところですね。
 
 
 

・シナプスの系統をしっかり受け継ぐスムーズな乗り心地

シナプスの真骨頂といえば一日中乗っていれるようなスムーズな乗り心地と快適性。
勘違いしてほしくないのは上記のような説明をすると鈍重で乗り心地はいいけれども走りが重たいと思われがちなところ。
シナプスの素晴らしいところはきっちりとしたスポーティーなキビキビさと快適性を両立させているところなのです。
ジオメトリやオフセットの工夫など語りたいことはそこそこあるのですが長くなるのでちょっとだけ見ていきましょう。
 
まずはフロントフォーク、前方に大きめにオフセットをかけたあとに少しだけ後ろに戻すという独特な形状。
こうして縦方向のフレックス性能を高めることによって快適性を向上させています。
 
加えてリア三角はCANNONDALEお得意のSAVE形状でトラクションと振動吸収性を確保しています。
スローピングを大きくとったジオメトリーはシートポストを長めに出させることによってここでも振動吸収を図ります。
 
そう、前・中・後と振動吸収のためのギミックを搭載しているのがこのシナプスなのです。
 
ここで更にSEならではの通常より太めの30cタイヤを搭載してさらなる振動カットを狙います。
SE搭載のタイヤとリムはチューブレス対応ですのでこれをチューブレスにすればまさに極上の乗り心地となることでしょう。
 
 

・豊富なダボはアルミシリーズならでは

今回ご紹介しているのはアルミのシナプスSEなのです。
アルミフレームのバイクはどうしても今の現状ですとカーボンの廉価版の立ち位置になってしまうことは否めません。
ではアルミフレームのバイクに出来て、カーボンのシナプスに出来ないことは無いのか?
 
あるんです!
 
こちらのシナプスSEにはキャリアダボがいい感じに搭載されています。
それこそグラベルロードのそれほどではないにしても、シナプスならではの極上な乗り心地と走行性能を活かしつつキャリアを搭載することにより通勤仕様やツーリング仕様の想定が可能ですね。
勿論カスタムのご相談もおまかせください.。
 
 
 
只今こちらのシナプス以外も含めて2019モデルのCANNONDALEが大幅にセール中!
他のモデルもどんどん更新していきますのでお楽しみに。
 
書いたひと → ぼっくす