どうも、カンザキのブログです。

 


今日はジデコを組み立てました。

ジデコはCINELLI流のグラベルロード。

このなんとも言えない名前はアメリカ南部の音楽からインスパイアされた名前だそうです。

割とアップテンポで明るい感じの音楽でしたよ、ノリノリです。

本国担当者が展示会に来ていたときに話を聞きました。

ちなみに正しく発音すると「ザイデコ」に近かったです。

 

 

 
  • チネリならではのデザインセンス


本来なら事実としてそこに有る性能的な部分を語らなければならないと思うのですが、
敢えてそれを無視してでも語りたくなるこのハイセンスなデザインセンス。


主観的な話で申し訳無いんですが、このスポーティーさを程よく残しつつも所々に遊び心を入れてくるこのバランス感覚はやはりCINELLIです。この虹色カラーが嫌味なく全体にマッチしています。
 
  • 多彩なダボ穴で拡張性バツグン


グラベルロードとしての素性の良さもバッチリです。
太めのタイヤをきっちり飲み込めるフレームクリアランスは勿論、御約束のトップチューブダボや、フェンダーダボ、キャリアダボも搭載。
がっつりフル装備をするもよし、敢えて何も付けずに走りを純粋に楽しむもよし。
乗る人それぞれの個性や使い方次第で如何様にもなる拡張性の高さが素敵です。
 
 
  • SRAM APEX1を搭載


コンポーネントはスラム、APEX1をメインに搭載のミックスコンポです。


フロントシングルのグラベルバイクというほんとにトレンド真っ盛りなところを完璧に抑えてますね~
スラムのコンポは慣れると使い良いですよ。ワンタップはなんだか癖になリます。
スーパーワイドなリアスプロケットも大迫力です。
 

 


一点だけ注意点。
こちらは今回完成車でご注文を頂いたのですが、
ワイヤールーティングをよく見ていただくとわかりますがブレーキ左前仕様で入荷してるんです。
従来のワイヤーで引っ張るブレーキであれば何も言わずにササッと右前にして納車するんですが、なにせ油圧です。そんなにササッと交換というわけには行きません。
 
何よりもスラムの弱点で、スペア系のパーツが高い!ので当然この油圧に使うインサートもメッチャ高いんです。(参考:インサート5セットで約¥2,000・・・・1セットなら約¥1,000!)
 
なのでもし見慣れた/触り慣れたブレーキ右前仕様での納車をご希望の場合は誠に申し訳無いのですが、パーツ代、工賃を別途ご請求させてだください。
なにせギリギリまでいっつも値引きしてますんで。。ご理解いただければ幸いです。
 
 
定価¥352,000 → お問い合わせください
 
(リンク先は現在フレームセットのページですのでご注意くださ〜い。)

でも2020は正直完成車の値段が上がってしまったので、フレームセットで好きな仕様に組むのもありかもしれない。
 
かいたひと → ぼっくす