どうも、カンザキのブログです。




先日のチネリの展示会の日に、同じく大阪の某所でポディウムの展示会が開催されていたので行ってきましたよ。


会場の中に大きな旗が。

なんかシュール笑







会場に入るとid matchという新たなフィッティングサービスを開始するらしく、かなり大掛かりな装置が置いてありました。

狭い当店には全く縁がないので華麗にスルーしますね笑





当店が最近ポディウムでお付き合いが多いのがなんといってもチネリです。

注目はやはり時代の流れに沿ってディスクです。

ヴィゴレリやスーパースターのディスクモデルに注目の他、




やはりニューモデルのキングジデコは気になって仕方のない存在ですね。





それにしてもチネリといえばこのレーザーアズーロ、チネリが纏うこの色はやっぱり最高に渋いなぁ。。







そういえばポディウムさん最近こんなバイクやってるのご存知ですか?

StrijnCycle と書いてステインサイクルと呼びます。


小径車専用のジオメトリーを採用することにより、このサイズだけで140〜200センチの方まで誰が乗っても乗りやすいバイクを作りました。





確かに特徴的な形をしてますがしっかし、140〜200までって。。

俄かには信じがたいですが、乗っても無いのでなんとも言えないですけどね。







さて、カレラです。

今回は、ニューモデルが一本登場でほぼカラーチェンジのみです。

注目はメタリックカラーのフィブラとエラクルエアー。




お気に入りはこのシルバーのフィブラネクスト。

弓なりのシルエットといい、このガンメタなテカリ感が何処と無くはぐれメタルっぽくて好きです笑





そしてこちらがニューモデルのカイダーニャ。

所謂グラベルロードです。

どのメーカーもやはりこの分野は最早無視出来ないですよね。

肝心の値段はまだ未定だそうです。




タイムの靴を発見!

スキーやスケートシューズの作り方を参考に作られているとの事です。

ああ、タイムってロシニョールグループになったんやなぁと感じますねぇ。




そしてそのタイムですが、遂にフランス本国生産から隣国のスロバキアに生産の拠点を移すとの事。技術者をスロバキアに派遣して、クオリティコントロールを行うようです。


コストダウンのためとビジネス的な側面が強いところですが、フランス本国生産!というブランド力というか一種のロマンスも一つの魅力であったのも事実だけに今後の行方が気になりますね。




そして新生タイムのコストダウンの賜物として生み出されたのがこちらのアルプデュエズ21。


フレーム価格が安くても40万前後が当たり前だったタイムの世界感から見れば、リムブレーキモデルが29万円からラインナップがある事に驚きます。


タイムお家芸のアクティブフォーク仕様のラインナップも勿論ありますよ。価格差は5万ほど。


2020はタイムの取り扱いをどうするか悩み中。。

まあ、うちルックあるしなあ。。。




ポディウムはブランドごとに先行展示会があったので、もうそれ知ってるよという方もいらっしゃったかもしれませんね。


当店としては只今チネリの2020が絶賛予約受付中なのでぜひぜひご検討くださいね。


書いた人→ぼっくす