まいど~カンザキのトリックスター、アカネです!

毎回ココに意味はないです。

 

今日は組み立てについて書きますよ~

組み立てるのはコレ!

 

 

TIME SCYLON AKTIV

 

 

ロードバイク乗りなら一度は憧れるTIME

優れたカーボン技術を持つメーカーで、独自のRTM工法で作り出されるフレームは唯一無二といえます。

 

 

そんなTIMEのフラッグシップフレームSCYLON

 

 

しかも、マスダンパーを内蔵し異次元の乗り心地を実現するAKTIVフォーク仕様!

 

ここまでちょっと真面目に書いてきましたが

素の感想を言わせて頂きます。

 

むっちゃヤバいヤツやん!むちゃむちゃカッコエエやん!

 

こんなフレームを組めるなんて

メカニック冥利に尽きるってもんです。

 

早速作業していきます。

 

ますはコーティング前の磨き。

これやっとくとメチャクチャ光沢出るのでオススメ!

 

磨きいれて、ガラスコーティングを施すと~

 

 

 

 

ピッカピカに!

 

 

美しいカーボンがお目見え

セクシー過ぎか!鼻血モンですよコレは。

 

さて、コーティング後はパーツをアッセンブル

 

今回採用したコンポは

 

 

SRAM eTAP

おぎゃあ!(鼻血を出して倒れる音)

ヤバいでしょ~コレは・・・

羨ましい・・・

 

 

ハンドルは乗り心地の良さが特徴のエアロハンドル、SACRA DBサースター

 

 

今回はコレにもガラスコーティングを施しました!

こっちもテッカテカ!

 

さて、組み付け~

ハンドルつけて、コラムカット

TIMEのヘッドは特殊で、通常のバイクみたいにヘッドのアンカーが必要ないのです。

じゃあ何処でヘッドのベアリングに圧力かけるのさというと・・・

 

 

ここ!

トップカバーの部分ですね。

 

 

これに専用工具(棒)をぶっ刺し

 

 

くるくる回すと

分かりますかね?

 

 

コラムにネジ山が接着されてます。

ココとトップカバーが噛み合って、ヘッドを固定します。

つまり、ステム下でヘッドの固定が完了しているということです。

ヘッドの剛性もしっかりしそうです。

僕のバイクもこうならないかしら。

 

フォークを引っこ抜き、コラムカット。

めちゃくちゃキンチョーする・・・

 

オラァ!!!

 

 

切ってもうた!切ってもうたでぇ!!

 

 

コラム内部に至るまでキレイに整ったカーボン・・・

さすがや・・・

 

 

フォーク戻して取り付け~

うん、エエ感じ!

 

あとはもういつも通り組んで~

 

完成!

 

 

 

 

 

美しい・・・

ホントに綺麗なバイクができました!

 

 

eTAPはケーブルが無くなってホンマ綺麗に組めます。

ブレーキケーブルもしっかりロゴが見えるように組んでますよ~

 

非の打ち所ないな、このバイク・・・

こんな良いフレームを組ませて頂いたことに感謝です!

 

納車の日

オーナーさんが車でご来店

車もフランス車や!

 

 

車と一緒にパシャリ

カッケー!!

 

2020からフランス生産ではなくなるTIME

コレが最後のフランス製ですね!大事にしてあげてください!

 

こんな感じで当店ではフレームからの組み立ても大歓迎!

貴方だけの一台を組んでみませんか!?

 

以上、アカネでした~ バイビー☆