どうも
カンザキのブログです。

親指の爪が割れて、イタイイタイ指の先のKTです。

今回は、やっぱり気になるグラベルさん。
みんな気になっているレネゲードのクロモリフレーム。
(みんな気になっている??ぼくだけ??)

まずはEXPAT(当店現金特価税込¥127,870 )


かなりバランスが取れたクロモリのグラベルアドベンチャーロードです。
通常ラインナップはTIAGRAモデル
クロモリパイプはREYNOLDS520
REYNOLDSのメーカーの「いわゆるクロモリ」というクロモリです。

19年カラーリングは「FLAT JACK PINE」「CHACOAL」の2カラー
FLAT JACK PINEはさわやかなグリーン系
CHACOALはシックなマットブラック系
ブレーキは機械式ではありますが、TRPのSPYRE(両側からピストンが押し出されるタイプ)です。
前輪はスルーアクスルで後輪がクイックです。

グラベルもツーリングも街乗りも
快適に過ごせる逸品であります。

そして
EXPATで新しいモデルが登場
その名も「EXPAT PURPLE LTD」(当店現金特価税込¥114,750)


名前の通りPurpleで、ポイントカラーがリフレクターになっており、黒にも見えるし、

夜には光を反射されグレーというか白というか・・・なんとも言えない発色です。


カラーリングだけで言うと通常ラインナップのFLAT JACK PINEも捨てがたいですが

LIMITEDバージョンのPurpleに心惹かれております。
コンポはクラリスです。
グラベルとして使うなら、悪くはないコンポーネントではあります
なぜなら落車して破損してもパーツは安価なので気兼ねなくライドが出来る
ただ、操作感はちょっとチープな感じがします。
できればTIAGRAぐらいの操作感があってもよいのではないかと。。。

もう少し欲をだすのであれば、ブレーキは油圧式であってほしい

(TIAGRAグレードに油圧は存在しますが、正直・・・形が・・・)


この春に新しく登場したモデルがEXPLOIT!!(当店現金特価税込¥238,680)


当店にも51.54が入荷しております。勿論小さいサイズの取寄せ等も可能。

EXPATとの違いはいくつかあります。

まず今期新しくSHIMANOからリリースされた油圧105

(105のグレードの名前が付く油圧は今回初めてです。)が搭載されています。
クロモリのパイプがREYNOLDS630!上位グレードのパイプが使用されている。
前後輪共にスルーアクスル。

ただ、ちょっと高い。
EXPATと比べても少し高い。

そこで
計算してみたんです。
通常のEXPATでEXPLOITと同様の油圧105に変更したとして、必要なパーツを考え、

下記パーツが必要。
STIレバー
フロントディレイラー
リアディレイラー
クランク
スプロケ
チェーン
前後Discブレーキ
BB

このぐらいは必要なのではないかと思います。
あと、新車だとして、当店に到着する状態(箱)で、パーツがある程度組み付けてあるので、外し工賃なども含めると、おおよそではありますが、

通常ラインナップのEXPATで¥230,000ぐらい
LIMITEDのPurpleEXPATで¥210,000ぐらい

外したパーツをオークションに出せばもうすこし価格は抑えられるかな。

でもですよ。
通常EXPATだとあと数千円。
LIMITEDでもあと3万円たらずでフレームがREYNOLDS630になり、後輪スルーアクスルになるんです。

油圧ブレーキを使用するのであれば、できればスルーアクスルであってほしい。と思ってしまうのです。
フレームの形状とパイプの種類が違うっていうのがかなりデカいところの様に思えて仕方ないのです。

とはいえ、
EXPATはかなり良い性能だと思っているので、EXPATもかなり有りだと思います。(価格的にも)

パーツ交換等をして上位グレードに変えたいと思うような性分の方は絶対的に

EXPLOITをおすすめします。

 

僕の希望として

EXPLOITのPurpleはないのか!!!

です。

 

かいたひと→KT