2019台北ショー 後編

テーマ:

どーもドゥーメンです。

2019年台北ショー 前編では日本でも流行り出しているE-BIKE E-MTBや

ディスクブレーキや油圧ディスクブレーキのサードパーティのパーツ等を紹介しましたが

 

後編では今後の流行をドゥーメン的に予想してみたいと思います。

 

■カーゴバイク

E-BIKEのパワーユニットを使う事により自転車に荷物や装備に対する

キャパシティーが大きくなることにより、荷台を大きなE-カーゴバイクが発展するのでは?

現在も各社運送会社が電動アシスト自転車にカートを引きながら配達に勤しんでいる姿を見ると

実用性も高いように感じます。

台北ショーでは各社様々なE-カーゴバイクを開発していてました。

E-カーゴバイクを使うことでケータリングや移動ショップ等のジャンルも大幅に広がり

今後が楽しみで期待が持てます。

日本ではアシスト制限があるのでどこまで形に出来るかが勝負ですね。

ちなみにパワーユニット非搭載のモデルも多く展示があり1台欲しくなりました。

 

■グラベル用タイヤ 太いタイヤ

グラベルロードが多く登場する中、選べるタイヤが少なかったタイヤに新モデルも

各社登場してきました。

 

今まではシクロクロス用のタイヤを多く使用していましたが世界的なグラベルの人気もあり

グラベルに最適化されたタイヤが各社が開発していましたので今後は日本でも

目にする機会が増えるかとおもいます。

さらにディスクブレーキの搭載車が増えたことと、エアーボリュームの増大の恩恵を求める傾向が

あり40Cを超える太タイヤが今後のトレンドになるかと思います。

 

■内装ハブ ベルトドライブ 

アーバンバイクには耐久性やメンテナンス性を有利にする内装ハブが更に採用されていくのでは

無いかと感じます、

以前までの内装変速機と違い変速段数や重量が向上していてクロスバイク等に

採用が増えていきそうな感じです。

さらにアーバンバイクにピッタリなベルトドライブのパーツが多く開発されている傾向にあり

ベルトドライブと内装変速を採用したモデルが今後増えていくことでしょう。

ただまだコスト面では高くなりがちなのがネックです。

 

日本のバイク市場にこの流れが来るかはわかりませんが流行に

敏感な方なら一度は見てみたいのでは?

 

 

 

 

書いた人→最近バス釣りを始めたドゥーメン