まいど!カンザキのギザギザハートことアカネです!

ララバイララバイ。

 

今日は先日組んだカッコいいバイクをご紹介

 

そのバイクは~

 

 

CARRERA PHIBRA NEXT

カレラのベンチマークとも言えるモデル、フィブラ。EVOからモデルチェンジしてフィブラネクストに生まれ変わりました。

 

弓なり形状のトップチューブからシートチューブまでの独特の形状はそのままに

 

 

ブレーキは前後ダイレクトマウント

リアはシートステーに配置され、ブリッジで補強されてます。

制動力重視のダイレクトマウントチョイスですね。

 

 

各部をシェイプアップし、EVOに比べてソリッドな印象になりました。

「あのEVOのアーティスティックな感じがエエねん!」って声も

・・・分かります!分かるでぇ!!

 

でも・・・こっちもカッコエエんです!

ノー モア ウォー!

ラブアンドピースを叫ぶアカネです。

 

さてさて、今回はコレをお持ち込みのパーツで組み立て。

 

組み立ての前に恒例のガラスコーティングを施します

 

 

作業台に吊る為にシートポストを取り付け。

エアロを意識して、シートポストは楕円形。最近この形を採用するメーカーが増えましたね。

固定はフレーム内に専用の臼を入れるのですが・・・

 

 

入れるとこ奥過ぎん!?

手が小さいアカネにはなかなか大変です。

指攣るかと思いました。

 

 

なんとかシートポストを入れて、コーティング作業へ

 

 

テッカテカになりました~

 

 

なお、今回はフレーム内にケーブルを通す為のライナーが入ってましたが、ついカッとなって引っこ抜いてしまいました。

「ビロンビロンしてコーティングしにくいんだもん。後悔はしていない。」

などと供述しており・・・

まぁ、なんとかなるでしょう!

 

 

さて、コーティングが定着するまで別作業。

エアロハンドルにケーブルを通しておきます。

ハンドルはFSAのK-WINGです。(ケーブル通すのが比較的ラクなハンドルで助かる・・・)

 

ハンドルを取り付けたらケーブルの取り回しを決めていきます。

長すぎず短すぎず、ケーブルがキツく曲がらないように・・・

 

 

大体こんな感じかな。

 

 

BB下ガイドまでインナーケーブルを誘導

ここではケーブル同士がクロスしないよう注意します。

 

 

あとは擦れやすいトコ、汚れが付きやすいトコにライナー処理。

 

 

ケーブル通ったらBBを圧入します。

 

 

綺麗に入ります。

 

あとはパパっとパーツ付けて調整したら~

 

 

完成~

 

 

ブラックとレッドが良いバランスでまとめられています!

 

 

フォークからダウンチューブへ美しい繋がり

 

 

結構ボリューミーなBB周り。EVOからそうですが、意外とシャキシャキした加速するんです。

 

 

コンポはR8000

 

 

コックピットはFSAのカーボンで武装

 

 

バーテープはスパカズをチョイス!

 

 

 

最終的にルーティングはこんな感じ。

 

 

ロゴが見せれるトコはしっかり見せますよ~

 

 

フィブラはやっぱ真横から見なきゃですね~

 

かなりカッコいい仕上がりになりました!

お客様のパーツチョイスセンスが光ります!

 

こんな感じで当店ではお持ち込みのパーツでの組み立ても歓迎です!

ぜひご相談くださいませ~

 

以上、アカネでした~ にゃんぱす~