こんにちはドゥメーンです。

キャノンデールユーザー様

エアロ否定をしていたキャノンデールがエアロバイク作りました。

 

「ごめんなさいエアロは速かった」

 

と自己否定をしてまで登場したのがSystemSix[システムシックス]

エアロ効果を否定をし続けていたキャノンデールが今までの遅れを取り戻す

為に作り上げたSystemSix、

■Cannondale SystemSix Carbon Ultegra[システムシックス カーボンアルテグラ]

 

斜度6%までであればエアロ効果が得れて登れるエアロロードとして誕生した

登れるエアロロードを今日はご紹介。

完璧なるケーブルルーティングを目指しハンドルからブレーキ及びシフトケーブルを内蔵し

更にヘッドチューブへと通り空気抵抗を極限まで軽減させています。

ハンドルはVision Metron 4D Flat のカーボンハンドルがアッセンブルせれています。

 

ブレーキのケーブルは専用コラムスペーサーを使用して内蔵式にしており

極限の空気抵抗削減を実現しています、

またHi-MODモデルではKNOT SystemBarが付属してきますこのハンドルバーは

ステム内もケーブル類をまとめることにより更に空力性能を高めたハンドルステムの

セットとなっております。

 

ダウンチューブはヘッドチューブ付近でシェイプしており特徴的なデザインとなっております

この形状もエアロ効果を生み出すためのデザインとなっております。

エアロロードの特徴となりつつあるダウンチューブとホイールが接近した形状

この形状によりホイールで生み出される乱流を受け流す事が可能になり空力性能がUP!

 

SystemSixは完全ディスクブレーキ専用設計となっており

リムブレーキでは設計に制限が出てしまうがディスクブレーキにより設計の自由度が上がり

フレームとフォークのシームレスを可能にしました。

SystemSixに採用されているスルーアクスルはスルーアクスルでの不満の多かったホイール

交換時のスルーアクスルを全て引き抜かなければならない手間を解消してくれる

ギミックとなっています。

片方はねじ切りがされていてもう片方はC型の穴になっていて全てを引き抜かなくても

ホイールの交換を可能としています。

 

こんなにスムーズな取り外しが可能に!

 

機械式変速であればダウンチューブからのケーブルルーティングとなっています。

Di2等の場合は付属のカーボンカバーで蓋をして更に空力性能がアップ!

 

リアのホイールとシートチューブの間も形状を最適化することにより

極限の空力を確保!

SystemSixの特徴的なシートステーは他のメーカーには少ない方法で空力を再提案して

設計されており走りにも大きく貢献してくれています。

リアのワイヤーの出口も空力を考えてか細身な出口となっています。

シャドータイプのリアディレイラーは空力的にも有利でSystemSixピッタリ!

 

サドルは流行りのショートタイプ。

シートポストももちろんエアロ形状!ライトがつけにくい??

そんなあなたにはこちらのブログを読んでね!

 

後ろからの眺めはこんなにもすりむなんですよ。

 

ジオメトリック柄がポイントで入っていてロゴは横からでは見えなくなっていますが

しっかりとダウンチューブにキャノンデールのロゴがありますよ!

 

 

気になった方は当店まで来てください!

絶対に満足する価格ですよ。

■Cannondale SystemSix Carbon Ultegra[システムシックス カーボンアルテグラ]

価格はお問い合わせくださいね!

 

書いた人→ドゥーメン