DAHON!DAHON!DAHON!

テーマ:
どうも、カンザキのブログです。

筋トレトレンドが終了しつつあるktmcです。
先日小径車の新しい店のVelo Kitchinさんに行ってきました


僕の目的は「tern、DAHONの試乗会」



ほぼほぼフォールディングバイク[折りたたみ自転車]
がメインでした
一番気になったのがこちら
vrktron [ベクトロン]

折りたたみの中でも「電動アシスト付き」という、異種な組み合わせ。
乗ってみた感想は
「良い◎」
小径車って、小径であるがゆえにホイールの転がりに負担が出てしまうんですが、
ストレスなく乗れます。
電動アシストは切り替えで強さをちょうせつできて、一番強い「ターボ」だと、



チョン
と足を少し踏み込むだけでかなりのパワーで車体が進みます。
誰かに押されてる感じがしてしまうほど。
※電動アシスト自転車では常識かもしれませんが、スポーツバイクでアシストがあるのが
何とも違和感。
逆にがっつりトルクをかけて踏み込んだ場合はそれほどアシストされません。
「アシストがいらないトルクだな」とコンピュータが判断しているのでしょう。
少しのトルクの方が「こいつ、脚力あれへんやんけ、アシストしたらなあかんわ!」
という具合にグイグイ走ってくれます。
ただ、日本の交通法の関係上、24キロ以上が出せないのが難点。
世界のスタンダードはEバイク[電動アシスト付きスポーツ自転車]なのに、
これでは日本以外の国から取り残されてしまう。
スポーツバイクにアシストがタブー的な風潮は今や時代遅れではないのか!!!
お偉いさんは世の中がめまぐるしいスピードで変わり続けていることを理解しているのか!!?
これからの社会はスピード勝負ですよ。
あ、自転車のスピードではなく、トレンドのスピードの移り変わりに
適合していくべきだという事ですよ。

こちらの車種、スピードが出しやすい反面、ブレーキングが利くように
油圧ディスク(マグラ)です。



僕の乗りたかった車種はこちら
DAHON K3


近年、注目度が高い事として
「災害対策」
・何かあった時の移動手段がほしい
・軽くて持ち運びしやすいものがほしい
・それでいてある程度快適さもほしい
・普段から使えるなら尚良い!

こう言った内容を全てクリアしているのがこのK3と言っても過言ではない!
もちろん、災害対策でなくても、軽快に走ってくれるので、
観光地の探索なんかも折りたたみは最高なのではないかと思っている。

重量だけで言うのであれば
DAHON ダブプラス
※今季カラーは
スパーキーレッド


グランドネイビー
ものすごく軽い(車体重量:6.97kg(※ペダル、スタンド除く))ですが、
シングルギアなので、遠方に行くには少し大変です。
軽量さから、電車に乗るなどの持ち運びはかなり容易にできるものの、
ギア比を近場を楽乗りする感じにするか、より遠くまで走るようにするかで
楽しみ方は変わるのではないかと思う。





長期距離走ってもそれなりに楽しめて軽くてともう少し走りに特化させた軽いバイクなら
MU SLX(8.6kg)

K3に比べて長距離用の位置付け。
YouTubeでしまなみ海道を走っている人の動画も上がっているぐらい。
きっちり走れるバイク

重量を気にしない人には
Boardwalk D7

クロモリでクラシカルな感じ。
上記で「トレンドのスピードの移り変わりに適合していくべき」といいながら、
トレンドを追いかけすぎず昔ながらの変わらないクラシカルが良い事もある
こちらはほんとーにおしゃれで良い◎

この重量になると折りたたんで収納させる人は少なくなるのではないかと推測してしまうが、
「折りたためる」と言うスペックの幅がある事で、より所有感が増すのでは無いかと思う



今回は、楽しく試乗させてもらいました!
なお、当店でもDAHONternは販売しておりますので、よければ問合せください!
かいたひと→ktmc