(dub)/ 新しいBBのお話

テーマ:

こんにちはドゥメーンです。

バイクには様々なBB[ボトムブラケット]があり規格が乱雑していて

困りますよね、、、

 

そんな中SRAMから少し前に新規格のBBが登場していて今回

バイクに取り付けを行ったので少しご紹介。

 

そのなはdubBB!

(dub)/なんか顔文字みたいで可愛いですよねぇ。

ちなみに今回のBBはオフロード系のBB

しかし今後のフロントシングル化やエンド幅のブースト規格やリア変速の多段化

によりオンロードでも活躍する可能性のある規格なのでご紹介を。

高い耐久性のある24ミリスピンドル:SRAMのGXP・SHIMANOのホローテック等

剛性、軽量性のある30ミリスピンドル:キヤノンデールBB30・FSA・ROTOR等

の2つの両方の良いとこどりを兼ね備えた新型スピンドルを開発

自分的には27ミリスピンドルかと思ったんですが、その経は

28.99ミリなんとも微妙なサイズ。

専用のDUBクランクが必要なのですがこのBBの最大の特徴は

BBの規格に左右されずに殆どのBBに適合することが最大の特徴なんです。

 

スレッドBSA・PF92・PF89.5・PF121・BB30・PF30等

様々なBB規格に適合する多さが特徴となっているため。

 

異なるBB規格でもBBさえ交換すれば載せ替えが可能なんです。

そのための絶妙な太さの28.99ミリとなっているのです。

 

他のメーカーでも様々なアダプター等を使いクランクを

取り付けできますがアダプター等を使わずに様々なBBに

互換性が有るクランクとしてはDUBBB規格は期待が持てそうです。

 

そんなDUBBBとクランクをへのクランク交換の依頼を受けさせて頂きました。

カスタム前はpraxisworksのクランクがインストールされています。

クランクを外すとベアリングは踏み込みのパーワー等により削れが発生と共に

水などによりサビが発生していました。

クランク側のスピンドルにも深めの削れがあり音鳴りや回転不良の原因になってしまいます。

上がpraxisworksのGXP規格のスピンドル

下がdub規格のスピンドル

ボリュームが少し増え剛性もありながら軽量で尚且耐久性もup!

今回使用したクランクはTRUVATIVのDescendantのEAGLEクランク6Kクランクを選択。

12速にも対応するクランクです。

 

さらにチェーンリングはSRAMの1×12用のオーバル(楕円)チェーンリングを選択。

 

BBはもちろんdubBB!!

 

取り付けるとこんな感じでスマートでシンプル!

 

MTBのカスタム受け付けていますのでご気軽にご相談ください。

 

書いた人→オフロードが楽しくなってきたドゥーメン