どうも、カンザキのブログです。

 
 
悲報
 
 
プリンターがお逝きになられました。。。
 
その日の内にエディオンに新しいやつを買いに行きましたとさ。。。
 
さて、そんなことはさて置き、
 
 
こんなバイクを最近組みました。

ARCVと書いてアーカイブと読みます。粋ですね。

 

全世界でピストブームが巻き起こっていた最中、

ここ日本で一番売れたストリートピストといっても過言ではない、FUJI TRACKを繰り出した彼等。

 

ストリートピストこそが彼らにとっての重要書類(アーカイブ)なのかも知れない?!

なんて深夜のテンションで考えてしまいました。

 

そうです、ピストです。

最近当店ではピストの取り扱いを始めたのです。

 

ちゃんとブレーキついてますよ。

ブレーキあり、問題なしです。

 

 

 

こちらのカラーパターンはアヴァンギャルドというパターン。

これまた面白いネーミングです。

確かに前衛的ではありますがいい感じにまとまっております。

 

 

 

スギノのクランク。

完成車に付属のパーツにしては中々セクシーじゃないでしょうか?!

なお、こちらのトラックアーカイブは固定ギアのみという潔い仕様。

フリーギアで使用されたい方は別途お申し付けください。

 

ハンドル形状も独特のなで肩のピストバースタイルです。

街中クルージングに結局下ハンドルなんて持たないかもしれません。

でも、一世代前のピスト好きからすればこの形状であることが大事なのです(笑)

 

ステムのクランプサイズは25.4ですので本物のピストバーに簡単にスワップ可能ですよ。

 

変速機等も付いていないのでやっぱり軽く仕上がります。

クルージングにもバイクは軽いほうがいいですよ?!

 

で、もう一回おんなじ写真。

 

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、トップチューブをよく見るとシートチューブからヘッドチューブに向かって逆にスローピングしているのがお分かりになるでしょうか?

今時珍しい逆スローピングの攻めたスタイルです。

 

他にも高めのBBハイトや390ミリというロードではちょっと考えられないほど短いチェーンステーや74度という立ったヘッドアングルなど、ちゃんとトラックバイクらしいジオメトリーも嬉しいですね。

 

只今54サイズ(画像は52サイズです)を店頭展示中ですので是非見に来てくださいね。

 

 

フジといえば、

 

FUJI フジ2018 ROUBAIX[ルーベ] 1.3

 

こちらの特価品もお忘れなく。

同じく店頭展示中です。

 

105スペックで10万円台は結構お買い得ですよ~。

 

 

書いた人 → ぼっくす ちなみに、

 

アーカイブ (archive) とは、重要記録を保存・活用し、未来に伝達することをいう。 日本では一般的に書庫や保存記録と訳されることが多いが、元来は公記録保管所、または公文書の保存所、履歴などを意味し、記録を保存しておく場所である(公文書館も参照のこと)。

 

ということだそうです。

グーグル先生ありがとうございます。