BOMA CIEL組み立て編

テーマ:

まいど~アカネです~

今日は今当店でお問い合わせ急増中の日本のメーカーBOMA(ボーマ)その中でも2018モデルよりラインナップされた超軽量フレーム、シエルについて書きますね~

 

BOMAは日本の繊維の会社でカーボンの技術に関してはかなり高いモノを持っています。

 

プロサイクリングチーム、那須ブラーゼンにバイク供給をしていることでも有名ですね。

 

フレームやホイール、ハンドルなど多くのカーボンパーツをリリースしていて、性能もさることながらコスパも抜群です。

 

そんなBOMAで2018年モデルから新しくラインナップされた超軽量フレーム、その名も

CIEL

 

 

フレーム重量770g(Sサイズ実測)の軽量フレームです。

実は私アカネ、もともとBOMAの営業さんとは仲良くさせて頂いていて、かなり早い段階で試乗車なんかに乗らせてもらってまして

一言で言うと

ベタ惚れでした。軽くて進む。ハンドリングもクセがなく素直、剛性バランスも絶妙と正直、欠点を見つけられないくらいに惚れました。

 

ほんで、良いご縁もあり

買っちゃいました。BOMAは基本フレームセットでの販売なので他のパーツも集めて・・・

 

 

 

 

組みます。

まずは組む前にガラスコートをしていきます。

 

 

今回はガラスの甲冑までのフルコースを施そうと思います。

もともと結構綺麗にクリアーが乗ってますが

 

 

さらなる輝きを求めバフがけ

 

 

細かい部分は小さいマシンでバフがけ

 

 

 

映り込みがハッキリしてきました。また、UDカーボンにクリアー吹いただけなのでカーボン柄がハッキリと見えるようになってきました。

 

表面を磨き上げたら、いよいよコーティング。

甲冑まで施しても重量は10gも変わらないので安心して軽量フレームにも使えます。

 

 

 

 

コーティング終了

テッカテカになりました。映り込みもハッキリ。ガラの悪いスタッフが写ってますねぇ。

 

 

ココのカーボン柄!ここがセクシー!チャームポイントです。

ここまで光沢が変わるとなると新車購入時にはやっておくのがオススメですね。

もちろん、バラすタイミング(オーバーホールとか)の時に今お乗りのバイクも施工できますよ~

 

あとは集めたパーツ達を組み付けていきます。

 

 

クランクはシマノのデュラエース。チェーンリングはROTORのQリングです。

チェーンリングボルトは専用カバーではなく普通のボルト。コレはコレでカッコいい。

 

 

BBは回転性能に定評のあるトライピークの嵌合式。今回はセラミックベアリングで更によく回ります。

 

これらを組み付けて~・・・

 

長くなってきたので今日はココまで!

引っ張りますよ~ 誰得やねんと思われるでしょうがどうかお付き合いくださいませ~

以上、アカネでした~