まいど!ローラー大好きアカネです~ そうです、意外と嫌いじゃないんです。

 

さて、今日は先日行われたカンパニョーロの新製品プレゼンについて書こうと思います。

カンパの新製品といえば!

 

そうです、既に発表され雑誌やネット上で話題の12速化されたスーパーレコード&レコードですね!

12速・・・いよいよココまできましたね。

かなり興味深かったのでワクワクして会場入り。

早速あるー!デモバイクや!

バラでも置いてる!!

スプロケ、アホの子やと思われるから躊躇いましたが、つい数えちゃいました。

やっぱり12枚ある!スゲー!

 

さて、12速化に目が行きがちですが、実はコンポ全体が完全新設計になっています。

そこんとこ、細かくチェックしていきましょう。

 

【エルゴパワー】

前作でも評価の高いエルゴパワー。

新型は従来よりブレーキレバー先端を僅かに外側にオフセットさせ、下ハンを握ったときの指の掛かりを更に良くしています。

また、ブレーキレバーの位置をワンタッチで三段階調整することが可能となりました。

このピンを内、外、真ん中に動かすことで調整します。

真ん中がスタンダード・ポジション

外側がホイール着脱時のポジション

内側が新しく追加されたスモールハンド・ポジションとなります。

手が小さいアカネにも嬉しいポイントです!

また、従来より変速に必要な力が少なくなり、軽いタッチで変速が可能です。

 

【リアディレーラー】

RDもカタチが大きく変わりました。シ◯ノに似てきたような気がs・・・おっと

面白いのがアッパープーリーの位置で、ハブの軸よりアッパープーリーが前方にくるので従来より多くの歯をチェーンが捕らえることが可能となります。

そうすることで、よりダイレクトな加速が出来ます!

 

また、RDは72.5ミリのミドルケージのみのラインナップで32Tまで対応します。

 

【チェーン】

12速化に伴い最適化されたチェーン。

幅が11速チェーンより0.3ミリ細くなりましたが、耐久性は従来と同様らしいです。

なによりビビるのがチェーンのピンの出っ張りの無さ!

従来が0.1ミリの出っ張りでしたが、0.02ミリまで平面化してきました。これはスゴい・・・

動きも滑らかです。さすがカンパ自社工場生産チェーン!

 

【スプロケット】

無論、12枚になったスプロケ。ローとトップ側で色が違いますが、全部スチール製です。表面処理が変わります。

個人的に良いと思ったのがロー側の歯の裏の突起。

チェーンが落ちてスポークとの間に挟まることがないように設けられています。

あるようで無かった機構です。目からウロコ。

 

【フロントディレーラー】

チェーンが細くなったのでFDのケージもナロー化されました。

また、リアも多段化されたのでチェーンに当たらないよう、インナーで3段階、アウターで2段階の計5段階動きます。

5段階!!ビックリです。

また、ケーブルの固定ネジが前後どちらからでも締め込め、逆付けすることで32mmまでのタイヤに対応します。

 

【クランク】

おなじみのカーボン中空クランク

新型スーパーレコードのみに採用される独特のアウターリングとの接合部分。

メチャメチャにエロいです。セクシー過ぎです。

チェーンリングとアームの接合をチェーンリングに近づければ近づけるほど剛性が上がるので理にかなった設計ですね。

これにより、スーレコだけアウターリングが専用品になります。

 

【ブレーキキャリパー】

長らくシングルピボットだったカンパもいよいよデュアルピボットになりました。

ガツンと利く制動力を獲得しながら、カンパの売りであるコントロール性の良さは失われていないとのこと。

 

【ケーブル】

開発に2年を費やしリリースされるマキシマム・スムーズネスのロゴが入ったケーブル。

テフロンレイヤーが折込内部まで浸透しコーティングされているので滑らかな引きと、従来よりも長寿命を実現しています!

触ってみましたが、インナーケーブルがトゥルットゥルでした!

 

っとまぁ、こんな感じで進化したスーパーレコード・レコード。

トレンドを押さえつつも、製品へのハンパないこだわりを感じました。お値段はやはりカンパですが、その価値は十分にありそうでした。

 

さて、少し細かい内容になりましたが、たまにはこういうのも書きたいアカネなのでした。

では~