突然ですが皆さんハンドルは何を使っていますか?

サイズは合っていますか?

 

ハンドルが体に合っていないとバイクの本来の性能を発揮できないかも、

身長が同じ人でも肩幅は人それぞれなのでもしハンドルが自分に適合していないと思ったら

サイクルショップカンザキ上新庄店にご相談をフィッティングや相談に対応させて頂きます、

今回はそんなハンドルで当店人気のSACRA DBサースターをご紹介!

■SACRA DBサースター

 

SACRAと聞いて桜?と思われた方が多いかと

SACRAは日本のブランドなんです

自転車の研究開発を通して自転車業界を良くし

機材で走りが変わった時のワクワクしたりドキドキをサイクリストに届けよう

と立ち上がったブランドです、

元はSHIMANOでの研究開発の一人であった方が立ち上げただけあって

研究に対する熱意が感じられるメーカーでもあります、

その証拠にメーカーホームページには検証データなどが記載されています。

DBThirsterの一番の特徴として振動吸収が良い!

特殊な振動吸収層DBR(DB Reduction)を使い普通のハンドルに比べて60%の

振動低減を実現、

振動吸収が良いハンドルは他にもありますが、中には振動吸収を実現するために

重量が増えたり剛性が少ないハンドルが有るのも現実です。

DBThirsterはカーボンの剛性・軽量性はそのままに振動低減を実現させています、

しかもそこにエアロ効果により9ワットの抵抗を低減までも実現させています。

※詳しくはメーカーホームページで実験データを確認して頂ければと思います。

 

強度にも自信を持っおり東レカーボンを使い日本での仕上げ行うなど品質にも

こだわりが見受けられます、いい意味で日本のブランドだと思います

試験動画を記載しておきますね。

 

 

SACRA DBサースターは良い物であることは確かですが

一つだけ難点があります、DBサースターだけではないのですがエアロハンドル等で多い

急激なアウターワイヤの曲がり等で起きるフリクションの影響でブレーキや変速が本来の

性能が落ちることが稀にあります、

そんな時に活躍するのが

Nissen SP31 スペシャルステンレスインナーケーブル

以前ブログでも紹介しましたが

通常のインナーケーブルは19本SP31はなんと31本の素線から構成されていて
柔軟性が格段に上がり、エアロバイクなどの取り回しがキツくなりがちなバイクに
使うことによりハンドリングも軽くなりDBサースターの様なエアロハンドルに使うことで

パフォーマンスが上がること間違いなし。

アウターワイヤーも様々なカラーが揃っておりバイクのカラーカスタムにもオススメのケーブルです、

コチラも大阪は岸和田に拠点を置くNISSEN(日泉ケーブル)
高品質の商品を発信してくれる日本のブランドです。

 

 

 

今回紹介したSACRA DBサースターとNISSEN CABLE SP31 を

使用したカスタムのいらいを頂きましたので少し写真を載せて起きますね。

完成車に付いてくるノーマルなハンドルを交換のご依頼です。

施工前はSTI内部でワイヤーが切れて変速ができな状態に、

STIやケーブルを外していきます。

ワイヤーを小さい穴に誘導しながら抵抗が出来るだけ増えないように注意しながら通します。

SACRA DBサースターを装着

バーテープはジオメトリックバーテープでカラーカスタムもバッチリ!

日泉ケーブルのアップルグリーンでカラーカスタム!

ハンドルのサイズが合わないや気になる方は交換ついでにカーボンハンドルにしてみては?

ジオメトリックバーテープはカラーも豊富でカラーカスタムにぴったり!

 

書いた人→ドゥーメン