まいど!アカネです~

暖かくなってきましたね。っていうか暑くなってきましたね。

ハワイ生まれの僕は暑い方が調子が良いです。

 

すいませんウソです。兵庫県出身です。

 

そんなことより今回のネタ!

 

 

CARRERA フィブラです。

2019モデルからモデルチェンジを果たしたフィブラ。

 

image

image

 

各所がシェイプアップされました。

しかしベンチマークである弓なりのトップチューブからシートステーの特徴的な造形は継続です。

かなりカッコエエですね。

 

でも、「前のフィブラが好き!」って人多いんじゃないですか?

おっきいモデルチェンジでは必ずあることです。仕方ない。

でもモデルチェンジはしちゃうんです!

じゃあ無くなっちゃうモデルは今しか買えないじゃないですか!

まだMサイズのブルーが当店で生き残っております。お急ぎください。

 

んで、こないだフィブラを組ませて頂いたんです。

レッドのフレーム。

 

 

これをしっかりガラスの甲冑を施工させて頂き

 

御光のさすエッグいハンドル

3T AERONOVA LTDです。

 

これにSHIMANOのR8050 Di2組みですよ。

ヤバさしか無いです。

 

早速組んでいきます。

ガラコの写真はゴメンなさい。忘れてました(・_・;)

でもテッカテカでしょ!?

 

機械式ケーブルが通る部分からエレクトリックケーブルを通します。

機械式ではいつもケーブルを磁石で誘導しながら出口まで持って来るのですが、エレクトリックケーブルは柔らかいのでなかなか通ってくれません。

そこで、ダミーのケーブルを通して

 

ダミーケーブルにエレクトリックケーブルくっつけて

 

 

引っ張り出します。

人差し指にかかってるケーブルがさっき通したジャンクションAにつながるヤツ。

もう一本がシートポスト内のバッテリーから出たケーブル。

これらはココでジャンクションBに接続します。

 

 

接続してジャンクションBをシェル側面の穴に収納しました。

スマートですよねぇ。

 

 

エレクトリックケーブルはブレーキケーブルと収縮チューブでまとめます。

この状態で動くか確認をして、しっかり動作確認が取れたので

 

 

BBを圧入していきます。

今回はスギノ。回転の良さがうりです。

 

 

専用工具でグッとやって

 

 

入りました。ロゴが見えるようにするのがポイント。

後はもういつも通り組んで…

 

 

完成です~ サドルはお客様自身で付けられるとのこと。

 

バーテープはスパカズにして頂きました。

相変わらず人気のバーテープです。

 

 

えげつないハンドル、やはり存在感あります。

 

 

レッドでまとめた車体ですが、バーエンドに遊び心が。

 

 

今回はココを押すとリアが変速するよう設定させて頂きました。

深いポジションをとった時でもココのスイッチは便利で良いですね。

 

 

っとまぁ、こんな感じでバラ完、Di2でも受け付けております。

気になるフレームがある方はご相談くださいませ~

 

以上、ハワイアンパンチ・アカネでした!マハロ~