tern 2018 Clutch[クラッチ]

テーマ:

どうも、カンザキのブログです。

 

ストリートに根差したクロスバイクがターンのROJI BIKESシリーズ。

 

シンプルなデザインの中に造り手の色々な思いが見え隠れする1台です。

 

 

 

tern ターン2018 

Clutch[クラッチ]

 

ROJI BIKES(ロジバイクス:路地=ストリート)シリーズとして生み出された、tern(ターン)ジャパンによる日本人のためのクロスバイク。

クラッチはまさにそんなロジバイクスの考えを強く映し出した一台。
 

フレームサイズに応じてホイールのサイズが変わるのです。

スポーツバイクは560サイズで設計をされていることがほとんどで、フレームのサイズを変えてもホイールのサイズが変わらないのであればホイールは相対的に大きくなります。

そうすると見た目のバランスだけでなくもともと設計として狙っていたハンドリングなんかの機能性まで損なわれてしまう。

そこでこのロジバイクシリーズはスポーツバイク=700Cという固定概念を打ち破った、新世代のクロスバイクなのです。

リア8速のコンポーネントにフロントシングル仕様と必要最低限かつ実にシンプル。ワイドギアなので街中で困るようなことはないでしょう。

カラーは豊富に6色ラインナップ、シンプルにそのまま乗るもよし、ダボ穴もフロント/リアに搭載しているのでキャリアの拡張性もばっちりです。

街中=路地=ROJIをあなたのスタイルでゆったりと流してください。

ターンの雰囲気がバッチリ伝わる公式HPも必見です。

 

 

 

高級感のある立体的なヘッドバッジ。

ここが豪勢なだけで自転車全体の格が上がるってもんです。


700Cホイールとの比較。一回り小さくなるだけでフレームサイズに圧倒的な余裕が生まれます。



シンプルかつ洗練されたデザインがロジバイクスの特徴。


街乗りに必要最低限な1×8というシンプルなギア構成。


街乗りバイクとしてギアガード付なのは実に親切な設計です。




小さめサイズの42もラインナップ。650Cホイールの組み合わせが140cm台の方までカバーします。

 

 

お値段も手ごろ、というか街乗りで使うなら手ごろなぐらいの自転車が丁度良いでしょう?

 

という値段まで含めたデザイナーの意図なのかもしれませんね。

 

なるほど、秀逸です。

 

 

書いた人 → ぼっくす。