BIANCHI 2018 SEMPRE PRO TIAGRA

テーマ:

どうも、カンザキのブログです。

 

本日はビアンキの2018モデル、センプレプロ ティアグラをご紹介。

フルカーボン✕ティアグラコンポの完成車です。

 

現在は昔に比べてカーボンフレームの値段も随分下がってきたもんです。

 

ビギナーの方が1台目にフルカーボンバイク!なんてのも最早普通になってきましたね。


 

 

BIANCHI ビアンキ2018 

SEMPRE PRO TIAGRA

 

鮮烈なチェレステグリーンが印象的なイタリアの名門ビアンキ。
中でもセンプレは純粋なオールラウンダーという位置づけです。

イタリア語にお詳しい方ならもうお気づきのはず。
SEMPREは英語で言うALWAYS、「いつも」の意味なんです。

数あるビアンキのロードバイクのラインナップの中でも、

「いつでも」使っていただけるオールラウンダーとして開発されました。

スリム&軽量に作られたシートステーは振動吸収にも効果を発揮。
レースOKな高反応のフレームながらもロングも快適にこなせます。

モダンなカーボンレーサーらしく太目の1.5テーパーヘッドを採用。
ここがしっかりするとコーナリングやブレーキにも違いが出てきます。

BBには軽量&高剛性のPF30を採用です。
圧入式BBは軽量性と剛性においてはやっぱり有利だったりします。

オールラウンダーらしいクセの無い実に使いやすいジオメトリー。
さすがはビアンキといったところ。
長年の相棒としていつでもどこへでも連れて行ってくれるステキな1台です。
 

それでは各部見ていきましょう。

 

 

パンチングレザー風のバーテープ。カラーがチェレステでビアンキらしさを主張。

 

フィジークのバーテープのような質感です。

 

逆に言うとこの感じの質感を自分のバイクに出すならばフィジークを選べば◎です。



ヘッドバッジは立体感があり高級感があります。


最近はコストダウンと軽量化の為にプリントばかりになってしまいました。

 

けれどもそこを敢えて立体ロゴにするのがポイント高いです。



コンポーネントはティアグラをフルで搭載。コストパフォーマンスも良く秀逸です。




しなやかな走りを生み出すモノステー。

 

シートステーも細くデザインされて美しいです。


BBは圧入式。PF30規格です。





チェーン落ち防止のためのチェーンキャッチャーが標準装備。地味にうれしい。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

お値段もかなり手頃に高性能なフレームの自転車にのることができるのでフルカーボン✕ティアグラは個人的には有りだと思っています。

 

ロードバイクに何を求めるのかは人それぞれですが、走りを求めるのならばまずはエンジン(人)。そしてフレーム/ホイールですからね。

 

この部分に関して言うならば実はコンポは二の次だったりして。

 

自転車に使いたい予算に限りがあるビギナーの方にこそ良いフレームで初めてもらいたいもの。

 

その良さを感じてもらってから色々いじって行くのも楽しいと思いますよ。

 

 

 

書いた人 → ぼっくす

 

-----------------------------

 

ティアグラ搭載のお得なフルカーボンバイクこんなんもありますよ

 

↓↓↓↓↓

 

Cannondale キャノンデール