進藤龍也牧師のヤクザな日記

進藤龍也牧師のヤクザな日記

私がヤクザから牧師になった人生が真実の様に聖書の話はありえない!信じられない!ような真実の話です
いつでも何処でも誰でも人生やり直せます!ぜひルームをご覧下さい♪

サポーター企業・団体 ↓クリックしてご覧ください↓







テーマ:

去年までは地下教会でしたのでネットであげることはできませんでしたが、今年ライセンス(共産党の許可)がおりました。

220以上の枝教会を持ち、300人の牧師を30年以上かけて、建て上げた教会です。

薬物中毒者の更生に力を入れている教会です。

70名の人が教会で雑魚寝の住み込みをして頑張っています。

 

ここでもメッセージしています。

己の価値についてお話しました。

 

 

 

 


テーマ:

「心定めた印としてのキリスト」

ダニエル3:25
すると王は言った。「だが私には火の中を縄を解かれて歩いている4人の者が見える。しかも彼は何の害も受けていない。第4の者は神々の子のようだ。」


観察
バビロンのネブカデネザル王は、金の像を拝ませることを決めた。これは黙示録に出てくる獣の像を拝ませる予型である。
権威の中に入らなければ、権威を教えられないのと同じように、神の権威の中に入るからこそ、油注ぎは増して行く。
悪魔の権威に入ることを拒んだダニエルの親友シャデラク、メシャク、アベデネゴは燃える火の中に投げ込まれた。しかし、神々の子のような方が共におられて前髪も燃えることなく無傷で出てくる。

適用
この世は世知辛く、悪魔のはびこる世の中だ。燃える火の中に投げ込まれることもあるだろう。
しかし、恐れることなかれ!
キリストに心定めた者たちは、キリストが共にいてくださり、無傷で助けてくれる。
そして、その火の中から出るときは、入れた張本人がキリストによって変えられるという「しるし」までついてくるのである。

心定めた者たちは悪魔の権威の中には入らないのである!
ノー イズ ノー!

神社仏閣を人の作った美として見学するが、拝みはしない。
先祖を敬い、大切に扱うが拝みはしない。
墓掃除はするが、先祖に、拝み礼拝はしない。墓前で神を礼拝する
もちろん、占い、おみくじなどしない。
テレビの星座占いもすぐにチャンネルを変える。
このような、キリストに心定めた姿勢が大切だ。

祈り
殉教を覚悟した3人を見習います。それを助け出された顕現前のキリスト(私はこの立場をとる)を称えます!この世の神、サタンとその悪霊たちの権威を拒絶し踏みつけます!
主の力において。アーメン

 

 

 


テーマ:

「ダニエルのように高潔でありたい」

ダニエル1:8-9
ダニエルは王の食べるご馳走や王の飲むぶどう酒で、身を汚すまいと心に定め、身を汚さないようにさせてくれ、と宦官の長に願った
神は宦官の長にダニエルを愛し、慈しむ心を与えた。


観察
ダニエルは奴隷の身分
2::25b 「ユダからの捕虜の中に、王に解き明かしのできる1人の男を見つけました」

ダニエルは恐らく宦官(生殖機能を奪われた奴隷)で、10代後半の少年の時に捕囚となった。〔宦官に預けられていることから〕

同じ時代の預言者にエゼキエルがいる。ダニエルは王宮で仕える奴隷となったが、エゼキエルは民衆の只中において預言者として活躍

ダニエルという人物は、その時代において、すでに高潔な人物として名が轟いていた。

エゼキエル14:14 たとい、そこにノアとダニエルとヨブの、これらの三人のものがいても、彼らは自分たちの義によって自分たちの命を救い出すだけだ➖主の御告げ➖

神がエゼキエルを通して語られた預言の中に、この世の、この世代の代表としてダニエルの名前を出す。もちろんエゼキエルは噂でも知っていたろうし、捕囚前に会っていたかもしれない。

王の食べるご馳走とぶどう酒は、偶像に捧げられたものであったという。また、肉は律法において血抜きしなければ食べてはならないので、同じものは食べられない。

適用
捕虜であり、奴隷であり、宦官であったダニエルとその3人の仲間は、希望を失わなかった。
故郷が戦争に負け、踏みにじられ、家族を虐殺されても尚、神ご自身に希望を持った!これを真の信仰という。

試練の時、自分の罪の刈り取りの時、サタンの持ち込む不幸の時に、神に背を向ける人もいる。ダーウィンは幼い娘をなくして神に逆らった。しかし、このダニエルたちは、不幸のどん底で神を見上げたのだ。
男として、男の象徴を切り取られて、奴隷にされ、国は踏みにじられても、

神に
「心を定めた」のである。


神に「心を定めた」結果、神は宦官の長にダニエルを愛し、慈しむ心を与えたのであった。

申命記6:5&マタイ22:37
「心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。」


祈り
私の父、私の救い主よ!あなたが私の命を握られています。私はあなたのものです。あなたの命と引き換えに私の命があるのですから、私はあなたのものです。ダニエルのように、あなたに心を定めます!アーメン

 

 

上は葬儀に参列の写真

 

下は教会員が神の家族教会(足立区)でマジックを披露している写真


 


テーマ:

「私の存在は主の恵みによる」

哀歌3:22-24
私たちが滅び失せなかったのは、主の恵みによる。主のあわれみは尽きないからだ。
それは朝ごとに新しい。
「あなたの真実は力強い。
主こそ、私の受ける分です」
私の魂はいう。
それゆえ、私は主を待ち望む。


観察
預言者エレミヤの哀歌
エルサレム陥落、ユダ王国の罪と咎、偶像礼拝とその悪しき風習、邪心の故にバビロンを通して滅ぼされた時の哀歌。

適用
神の契約に基づく愛は変わることがない。
破るのはいつも人間の方なのに、その原因すら忘れて神に文句を言う。
神に文句を言う前にいつも神の前にへりくだり、神の言うことを優先し、謙遜に悔い改めの日々を送ること。

進藤龍也が滅び失せなかったのは主の恵みによることだ!
主の恵みに出会わなければ、一生、刑務所の出入りを繰り返す人生を送っていたはずだ。

恵み、それは無条件の救い!
その恵みに感謝する1日は、毎日尽きることなく、朝ごとに新しい
そんな感謝の祈りの日々の積み重ねが自分をつくることになる。

主イエスの十字架の契約は変わることがない。
主イエスこそ、私の受ける分。
この方さえいれば、私は他に何もいらない!なぜなら、
神の国と神の義を第一にする心と生活をすれば、必要なものは加えて与えられるからである!

どんな困難、試練、罪の刈り取りがあろうとも、私は私自身をつくることをやめない。すべては、万事が益に、変えられるのだから!
それゆえ、私はいつも主を待ち望む。

祈り
何と素晴らしい朝なのだろう!それは毎日繰り返される!私の魂は主イエスを見て満足する!私の心はイエス様を捉えて満足する。苦難の日の砦になる主でもある。

ヤコブ5:13
ヤコブあなた方のうちに苦しんでいる人はいますか。その人は祈りなさい。喜んでいる人はいますか。その人は賛美しなさい。

 

 

 

 

 


テーマ:

「陰口をやめるだけで神に愛され用いられる」

箴言24:17-18
あなたの敵が倒れるとき、喜んではならない。彼がつまづくとき、あなたは心から楽しんではならない。
主がそれを見て、御心を痛め、彼への怒りをやめられるといけないから。


観察
今日の聖書通読箇所はエゼキエル25-28章で、アモン人、モアブ人、エドム、ペリシテ人、ツロ王国の裁きの預言がなられる。
彼らが裁かれる理由は、
エルサレムが神によって裁かれたことを、喜んだから!
イスラエル人をいつまでも憎んでいたからである!
そして、心が高ぶっていたからである。

アモン人ーユダの家が捕囚となって行ったとき、あなたは、あはは、と言ってあざけった。25:3

エドムーユダの家に復讐を企て罪を犯し続け復讐をした。25:12

ペリシテ人ー復讐を企て心からあざけって、ひどい復讐をし、敵意を持って滅ぼそうとした。25:17

ツローエルサレムは廃墟となったと言って、あざけった。26:2
自分の心を神のようにみなした。28:2
財宝で高ぶった。28:5
自分の美しさに高ぶり自分の知恵を腐らせた。28:17


これらの周辺諸国への神の裁きの理由を読んでいて、思い出したのが、今日の箴言のみことばである。

箴言24:17-18
あなたの敵が倒れるとき、喜んではならない。彼がつまづくとき、あなたは心から楽しんではならない。
主がそれを見て、御心を痛め、彼への怒りをやめられるといけないから。


適用
霊的戦い自分編である赦す戦いは、諦めてはならない。

常に赦しを告白して自分のものとする。

根に持っていてはならない。
根に持つと、ゆるさなければならない相手が不幸になった時、病気になったときに、喜んでしまう。

これは、エルサレムが廃墟となったときに喜んだ周辺諸国と同じである。

エルサレムを主が愛しておられご計画を持っているように、自分に嫌なことをした相手、陰口を言いふらす相手、分派分裂を起こす相手、裏切った人にも、神は愛され、神にはご計画があり、神の作品なのだ。


気の合う仲間でも、いい加減なことが多くて、距離を置いていた友人が何年かぶりに会った時、大病を患っていた。いい加減にしろ!という思いが一気に吹き飛んだとこは神の恵みであった。

会ったとこもない人に、インターネットで悪口を書かれたけれど、(今も書かれているけど)人のふり見て、我がふり直せ我が振り直せではないが、聖書の神はなんて言っているのか?
赦しを宣言し、祝福し続けた。
そして自分はインターネットの世界ではネガティブな記事は上げないことを決意できた。
すると、どうだろう?何人も、見ず知らずの人が、謝罪に来たのだ。悪口書いてごめんなさい!と。
なので、私も心からゆるし、私自身も悪口を遠ざけるように注意をしている。

人の悪口、陰口をやめるだけで、どうなるか?神に愛され、神に用いられ、神の祝福にあずかることができる。

あの野郎の文句がある!そういう時は、祈りの中で主イエスに聞いてもらおう。自分の心も探ってもらえる。

祈り
単純明解に悪口や陰口をやめる決意をして、この群れ全体が祝福され、用いられますように!悪口や陰口はサタンの好む餌であることを理解し、サタン罠にかかりませんように。敵の不幸を喜ぶこともサタンの好む餌であることを知りました。感謝します。私たちクリスチャンはとことんキリストに習うものです!アーメン

 


洗足式写真@日本バイブルホーム

 


テーマ:
「高ぶると聞く耳を持てなくなる」

「彼らの神である主がエレミヤを遣わして伝えさせたすべての言葉を、彼が民の全員に語り終えたとき、 ホシャヤの子アザルヤ、カレアの子ヨハナンおよび高慢な人々はエレミヤに向かって言った。「あなたの言っていることは偽りだ。我々の神である主はあなたを遣わしていない。主は、『エジプトへ行って寄留してはならない』と言ってはおられない。」
‭‭エレミヤ書‬ ‭43:1-2‬ ‭新共同訳‬‬


観察
残りのものとして、生き残ったイスラエル人たちが、エジプトに逃れようとする。しかしエジプトに行く前に、預言者エレミヤに神の御心を求める。一週間ののちにエレミヤに神の託宣があった。

「ユダの残った人々よ、主はあなたたちに対して、『エジプトへ行ってはならない』と語られた。今日、わたしがこの警告を伝えたことを、しっかり心に留めなさい。」
‭‭エレミヤ書‬ ‭42:19‬ ‭
新共同訳

しかし、天の女王という偶像を礼拝したいものたちは、エレミヤの言うことはきこうとしなかった。

適用
相談者の中にも、自分の考えに同意を求めるだけの人もいる。
自分の考えや、やり方に神がノーと言う時、どのような態度を取れるかが問題。
高ぶる人は、謙遜に人の意見に耳を貸せない。
礼拝説教もしかり。
この人から学ぼうと言う姿勢が、何より成長を促す。

祈り
最近来られていない方々を覚えて祈っています。どうぞ平安を与えてください。また、諦めることがありませんように!アーメン



テーマ:
「キリストによって変えられた証拠」

人は他人の心は見えないが、その人の中に、確かにキリストがおられるという証拠は、その人の生き方が変わったことを通してである。

今日のみことば エゼキエ23:48-49
新改訳三版
<私はこの地から淫らな行いをやめさせる。すべての女たちは自分自身を戒めて、あなた方がしたような、淫らな行いをしなくなる。
あなた方の淫らな行いの報いはあなた方の上に下り、あなた方の偶像の罪の罰を負わなければならない。このとき、あなた方は、わたしが神、主であることを知ろう>

観察
偶像礼拝と、その偶像礼拝からくる悪魔的な習慣、貪りと神を神として思わない人の行く末が、エゼキエル23:35から短くまとめられている。

その偶像礼拝と、その慣習と罪と咎(刑罰)は、救い主イエスキリストが十字架で負ってくださったのだ!

適用
淫らなこととは、偶像礼拝であり、貪りからくる自己中心であり、占いであり、子供を悪霊に捧げることである。
これは、この当時の人々のように、実際に子供を焼いて殺さなくても、七五三などの祝いなども同じことである。
神の忌み嫌うべきすべてのことは、憎み、根絶する日常!

すべての過去の罪、現在の罪を十字架で支払ってくださった救い主イエスキリストへの感謝に溢れる!その偉大さに目をとめる。

人を憎むことは殺人の罪である!
この殺人の霊と呼ばれる悪霊に扉を開いてはいけない!
いつも赦しを宣言し祝福したくないものを祝福する!
このことが出来ることは、変えられた証拠である!

祈り
火曜日なので朝デボに来られて感謝です!新会堂の見学会にも感謝です!収容会も恵まれて感謝です!あなたとの人生の共演を感謝します!アーメン



テーマ:
「報われることを信じるのが信仰」

詩篇111:9
主は御民に贖いを送り、ご自分の契約をとこしえに定められた。
主の御名は聖であり、畏れ多い。

(新改訳三版)

昨日の礼拝では「必ず報われることを信じなければならない」と何度も話した。それが信仰だからだ。

罪による刈り取りだとしても、訓練のための試練だとしても、
苦しみを通って研がれていく。

苦しみの中で、諦めたり、神を疑ったり、神を責めて、ホーキンス博士や進化論のダーウィンのように神に逆らう立場にいつでもなれる。

しかし、クリスチャンの平安とはなんだろうか?
どんな時にも神は共にいます!インマヌエル!

もし、報われないのなら、キリストが私のために十字架で苦しんでくれたことが、犬死である!
主は生きておられる!
これがインマヌエル!

「主は御民に贖いを送り」とは、キリストを送ってくださったということである!

適用
とこしえに定められた贖い主イエスのゆえに、いつも報われることを信じて、ジェリー先生のアドバイス通りに、
牧師はいつもポジティブでいること!を心がける。

喜びを選択して、喜びを決断する!

主を正しく畏れ敬う。

祈り
神にしがみついているものを喜びに変えてください。喜んでいる者はさらに仕えることを通して成長しますように。アーメン


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス