進藤龍也牧師のヤクザな日記

私がヤクザから牧師になった人生が真実の様に聖書の話はありえない!信じられない!ような真実の話です
いつでも何処でも誰でも人生やり直せます!ぜひルームをご覧下さい♪

サポーター企業・団体 ↓クリックしてご覧ください↓







テーマ:

キリストに捕らえられた薬物経験者で元ヤクザ、今牧師!

若者達が憧れる芸能界やスポーツ界の薬物汚染のニュースが社会を賑わせています。同時に立ち直ることの難しさも伝えられています。しかし今から 十数年前、薬物経験者で元ヤクザ、救いようのない者が、今ではキリスト教牧師になっている進藤龍也牧師をご紹介します。

自分を変えたくても変えられないで悩んでいる方々に、「あなたは愛されている」そして「あなたが求めるならば、あなたの心は変えられ、必ず、人生をやり直すことができる」ということをお伝えしたいのです。

 

ヤクザ以前・・寂しい少年時代・・

 一九七〇年埼玉県生まれ。父は毎晩飲み歩き、小学校四年の時に母も夜働きに出た。兄弟もいないので夜一人になるのが無性に寂しかった。それが私を非行に駆り立てた。高校一年で喧嘩が原因で退学処分。

 

十八才でヤクザデビュー、シャブを打ち、シャブ中毒へ

 東京池袋を本拠地として人を脅かし、金を取り、苦しめてきた。覚醒剤の売人として自分も相手もボロボロになった。ヤクザ生活十五年、そのうちの半分は刑務所の中。前科七犯、服役三回。やがてシャブ中毒が原因でミスを犯し組も破門。三度の結婚も破綻。  

こんな毎日から抜け出したいが、抜け出せない惨めな自分

何度も生活を立て直そうとあがいたが、したいと思う善を行わないで、かえってしたくない悪を行っている惨めな自分であった。

 

拘置所の中で、「できることならやり直したい」と考えるようになっていた。出所後のことを考えると、不安感はますます膨らんだ。これまで堅気仕事をしたことがない三十の男である。学歴無し、職歴無し、小指無し、あるのは前科とイレズミと薬物経験。こんな人間が、社会でやり直すことができるだろうか。悩みは日増しに大きくなっていった。

 

拘置所の中でキリストに捉えられる

何もすることのない拘置所の中で、もしかしたら聖書の中に救いがあるかもしれないと思った私は、内縁の妻が置いていった聖書を読んでみることにした。そして心に届いたのがエゼキエル書三三章十一節だった

「彼らに言いなさい。わたしは生きている、と主なる神は言われる。わたしは悪人が死ぬのを喜ばない。                                

立ち帰れ、立ち帰れ、おまえ達の悪しきみちから。

イスラエルの家よ、どうしてお前たちは死んでよいだろうか。」

このみことばに触れた時、一字一句が、目の前に浮かび上がってくるように迫ってきたかと思うと、頭の中にストンと入ってしまった。読むたびに自分の心に染みわたっていった。あまりのうれしさに独居房の中で万歳をしながら、「やった、やった」と跳ねた。看守に怪訝そうな目で睨まれ、「おい、おとなしく座っていろ」と注意されてしまうほどだった。

第二の人生の出発点を、聖書のこの一節によって与えられた。神様に覚えられている自分、さらに神は、私が人生をやり直すことを望んでいる。確かに神様はいる。しかもヤクザをやめてもキリスト者になれば、社会復帰も可能になる。口で説明できるだけの根拠はなかったが、その事を強く確信した。

 

頭の中は聖書や神、イエス様のことでいっぱいになった。その急激な変化には自分自身でも驚いたが、神に愛されているという満たされた感覚は、何ものにも替えられるものではなく、心はどんどん穏やかになっていった。これ以降、さまざまな点で変わっていくことになる。

 

聖書は神から人へのラブレター

聖書は、有限な人間を超えた創造主であり人格神ある方からの人間に対する愛の語りかけの書である。神から人間へのラブレターという人もいる。人間を超えた神を、有限な人間の力では知るとことは不可能である。有名な「分け登る麓の道は多けれど、同じ高嶺の月を見るかな」は、人間の力で知ることができるということが前提になっている。月を見るにはそれは当てはまるが、しかし、それは、人間を超えた神を知るには、当てはまらない。

神の側から人間に働きかけて語って下されば知り得る、これを啓示という。その神のことばが、人となられたのが、主イエス・キリストである。主イエスは、罪人を愛し、罪人を救うために、罪人である全人類の罪の刑罰を身代わりとして十字架上で引き受けて罰せられて死んで葬られ三日目に死を打つ破って復活された。

創造主である神を自分の罪を通してイエスキリストによる罪の赦しを得ないと、人間に関わる神が定めた真理を知り得ない。自分がどこから来て、自分が何者か、自分がどこへ行くのか、「わからない」のが答えである。それで自分の力で自分の人生の意味と価値をみつけなければならない。しかし絶えず高慢と自己嫌悪に付きまとわれながら生きなければならない。それもまた虚しことである。空なのだ。ところが、この神を知ると人生の不可解は解け、人生は一変する。
 

親分であるイエス様に弟子入り

人間を超えた神の働きを、有限な人間の理性や経験を基にしては理解しにくいこともあるので、例えば、三位一体の神、処女降誕、復活など、信じにくいのは当然である。しかし信じれば、罪は赦され、心は新しく造りかえられ、永遠のいのちが与えられ、人生が新しくされる。これを新生の恵という。どんな極悪人であっても自分の罪を認めてこれを告白してイエスキリストを自分の救い主として心に迎えるならば新しくされる。これが福音(エバンゲリオン)である。

比べるのはおこがましいですが、熱心なキリスト教会の大迫害者であったパウロが、ダマスコ途上で、キリストから語りかけられ、キリストに捕らえられて人生が一八〇度大逆転したのと原理的には同じである。

ある日、保護司会の講演会で同席した警察関係者から「なぜ、キリスト教を信じたのですか?」と尋ねられ、「神にかけてみたからです」と答えた。

パンセの中のパスカルの賭けのように、神にかけたのである。イエス様という親分にかけたのである。

出所後、神学校での学びを修め、教会を開く

出所後、母に三つ指をついて畳に額をこすりながら今までの親不孝を謝罪した。「あなたの息子であることに感謝しています」と告げた。母は一体自分の息子に何が起ったのだろうという顔つきをした。

そして働きながら神学校での学びを修め、罪人の友 主イエスキリスト教会を開き、刑務所伝道も始めた。

 

無期懲役囚Mさんのこと

現在、文通している無期懲役囚のMさんがいる。彼は子供の頃から親に虐待を受け、大きくなると非行に走った。彼が犯した罪は殺人だった。家族との関係も絶えており、本当に孤独な人だった。以下Mさんからの手紙である。

「(前略)先生、私は最近明るくなったね。とよく人に言われます。ーー先生やCさん達と出会えて今まで私の心の中にあった孤独という不安が軽くなり、今や先生やCさんとこうやって手紙のやりとりをできる楽しみもでき、毎週安心して受刑生活に専念することができるのです。

先生、安心ってこんなにいいものなんですね。初めて知りました。

先生、私はもう二度と悪いことはしません!

イエス様の十字架によって赦され、生まれ変わった私の新しい人生、今度こそ大切にしたいと心から願っています。(中略)

それと先生から頂いた聖書ですが、新約は全部読み終え、今は旧約に入りました。

先生、“愛”とは本当にすばらしい力ですね。

本に書いてあった言葉ですが、『愛するというのは、他者のために自分のいのちをふり注いで、悔やまず、惜しまぬ精神である。』

.愛は、相手を思いやる心。

愛は、相手の苦しみを、自分のものとする心。

愛は、相手のために、自分の痛みに耐える心。

愛がある時、たとえ身に古びた衣装をつけた貧しい暮らしの中でも、たとえ下積みの辛い生活を続けていても、人に笑われののしられても、心は明々と灯がともっている。心には希望がある。

自分が生きているということで誰かが幸せになるならば、“愛”とはすばらしいですよね。(後略)」

Mさんは無期懲役です。しかし獄中にあっても、キリストの赦しの愛を知り、神の愛を実感しています。この記事を読んでいて下さっているあなたも、たとえ、あなたが、あなた自身を嫌っていても、間違いなく神に愛されています。このことを伝えるために九月二十三、二十四日と津市戸木町にある久居聖書教会に来て下さいます。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
今年は名栗川での洗礼者が仕事の都合で2名でしたが教会での滴礼洗礼者が3名与えられておりますが、越後屋さんも6人目となりそうです。お祈りください。聖霊派 ペンテコステ派の牧師に驚かれたのですが私も滴礼洗礼でありました。私の母教会もペンテコステ派なんですけどね!さて、今日のデボーション

みことば エゼキエル36:24-28
わたしはあなた方を諸国の民の間から連れ出し、すべての国から集め、あなた方の地に連れて行く。
わたしがきよい水をあなた方の上に振りけるその時、あなた方はすべての汚れからきよめられる。わたしはすべての偶像の汚れからあなた方をきよめ、
あなた方に新しい心を与え、あなた方に新しい霊を授ける。わたしはあなた方の体から、石の心を取り除き、あなた方に肉の心を与える。
わたしの霊をあなた方のうちに授け、わたしの掟に従って歩ませ、わたしの定めを行わせる。
あなた方はわたしがあなた方の先祖に与えた土地に住み、あなた方はわたしの民となり、わたしはあなた方の神となる。


観察
エゼキエルの預言
70年後、エレミヤの預言通りに捕囚が終わりエルサレムに帰還して、成就する。このエゼキエルもまた同じように預言する。また、キリストが生まれ、キリストを拒否し、またもやローマ帝国により国を追われても、なんと2000年後にイスラエル国家樹立🇮🇱を果たす。神の召命と賜物は変わらない ローマ書の通り。

適用
私もやりたい14年前に、きよい水を振りかけられ、すべての偶像からきよめられた。日常生活における偶像、むさぼりの心からも、ど貧乏経験でかなりなくなった。そこを通ったことによる神の訓練であったと思う。きよい水をふりかけられ、ふりかけるものに変えていただいた。感謝に尽きる。また、ふりかけられるように導くことは、主イエスの世界宣教命令を実践することである。すべてのキリスト者は伝道者であり、万民祭司である。

祈り
今年もあと後半、越後屋さんも含めて、しっかりと救いに導いてください。また、救いを受けたものがしっかりとキリストの体なる教会の一部として結合しますように。私に謙虚さと大胆さ、知恵を与えてくださり各リーダーを育ててくださいますように。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

三重県津市の地元紙に掲載されたようです。

 

9月23日 土曜日14時

  24日 日曜日10時半 

 

久居キリスト教会に行き、メッセージです。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
タイトル 罪から離れなさい!

みことば 黙示録18:4
私は天からもう1つの声がこういうのを聞いた。~我が民よ。この女から離れなさい。その罪にあずからないため、また、その災害を受けないためです。

観察
いよいよ、大淫婦の裁きが来ようとしています。千年王国の前の出来事です。

適応
私たちは自分の果てしない罪をイエス様の十字架で赦してもらいました。その後にも罪を犯しますが、その都度、悔い改めて赦してもらう必要がありますが、その悔い改めには涙があるはずです。

私たちは罪深い世の中で、清く生きることをしなければなりません。
特に薬物依存、盗み依存、犯罪と言われるものには、徹底的に離れなければならないのです。それは自分を守る知恵なのです。シャブやめられました!という人が、シャブ中のところに出入りすれば、またバックスライドするでしょう。徹底的に離れなければならないのです。

ヤクザやめました!というなら、ヤクザと付き合わないことなのです。ヤクザを辞めた時に、妬まなかったヤクザ、よくやったと言ってくれたヤクザは昔からの友達でした。彼らが救われることを祈りますが普段付き合えば、悪いことに染まってしまうのです。ヤクザ伝道と称して自分は高ぶり事務所に出入りしていた神学生の時に、やり直し人生を台無しにする失敗をしました。神の哀れみにより悔い改めて赦されましたが手痛い教訓でした。

エゼキエル33:9
あなたが悪者にその道から立ち返るように警告しても、彼がその道から立ち返らないなら、彼は自分のとがのために死ななければならない。しかし、あなたは自分の命を救うことになる。

祈り
私の救いの神よ。私たちは天の民としての自覚を持ち、罪から離れる民として導いてください。悪者を裁くのではなく、哀れみ、神様の救いを祈る民であり、立ち直りには惜しみなく協力する群としてこれからも助け、導いてください。現在の住込みも、そのために来ている2代目モーリーにも主の助けがありますように!


罪人の友 主イエス キリスト教会 進藤龍也


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
慰めの言葉がかえって邪魔なことがある。

ただ、そばにいてくれるだけでいい時がある。

泣いているのをじっと受け止めてくれるだけでいい時がある。

なによりそれが慰めだったりする。

新約聖書ローマ12:15 そのまんま


12:14 あなたがたを迫害する者のために祝福を祈りなさい。祝福を祈るのであって、呪ってはなりません。
12:15 喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい。
12:16 互いに思いを一つにし、高ぶらず、身分の低い人々と交わりなさい。自分を賢い者とうぬぼれてはなりません。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
シオン国際学校の子供たちとキャンプに行くようになって3年目です。
今年から私たちの教会
罪人の友 主イエス・キリスト教会と合流することにしました。
合同キャンプです。

私たちのテーマは今年は
「モーセに学ぶ謙遜と、へりくだり」でした。

今年はなんと!長澤崇史牧師と一緒でした!























私たちは土曜日も泊まって聖書の学びをしました。













子供もたちへのメッセージ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ですから、神に従いなさい。そして、悪魔に立ち向かいなさい。そうすれば、悪魔はあなた方からにげさります。
ヤコブ4:7

霊的法則、霊的な原理原則。
いつも私がministryにおいて宣言し教える聖句の1つ。

臆病の霊ではなく、力と愛と慎みの霊とテトスの手紙にあるように、力と愛と慎みが私たちの武器の1つである。聖書は、恐れるな!と繰り返し伝える。恐れこそが自分をダメにする。信仰を萎えさせる。悪霊どもはいつも恐れを植え付けさせる。恐れを抱くことはじつは罪なのだ。

適応
恐れを抱く時、平安に書くときに、聖霊様による警笛なのか?サタンから来る恐れなのか?人生の失敗の痛みから来るものなのか?吟味して祈り、導かれることをしっかりしよう!

祈り
聖霊様による知恵を増し加えてください。また、教え導くことの謙虚さと力強さを与えてください。アーメン

ライフチェンジスタッフトレーニングの宿題デボーション


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
しかし、悪者でも自分がしている悪事をやめ、公義と正義を行うなら、彼は自分の命を生かす。
彼は反省して、自分のすべてのそむきの罪を悔い改めたのだから、彼は生き、死ぬことはない。
エゼキエル18:27-28

観察
親の罪で子が死ぬことはないと明言するみことばの章。罪に罪を重ね、悔い改め用としない選民イスラエルに対して、なお、神は正義を求めよ!悔い改めて生きよ!と繰り返し諭す。

適用
なぜ、毎日の悔い改めなければならないのか?それは私たちは毎日、罪を犯すからである。特に心の中で。怒る!裁く!あいつせいだ!むしゃくしゃする!ふざけるな!などなど平安を打ち破る感情を起こす。このことは罪なのだ。

すべてのそむきの罪を悔い改めたのだからと聖句にある。だから、昨日書いた悔い改めの祈りの中の、忘れてしまっている罪をもお赦しください!という祈りも大切なのだ。この祈りは自分を謙虚にさせる。神の約束の聖書。悔い改めたら、必ず生きる。キリストの私の身代わりの十字架を思う時にありがたさしかない。

祈り
今日も罪友から六人の収容会参加合流があります。絆を深め、無事に来れますように。シオンと長澤崇史先生が帰ります。祝福の中で帰れますように。明日の礼拝が楽しみです!あなたに会える礼拝を私はいつも待ち遠しいです。すべての私の友、そして罪友とあなたが祝福してください。アーメン


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
あなたはほんのしばらくの間だけ、彼らの道に歩まず、彼らの忌み嫌うべきワザを真似なかったが、ついにあなたのすべての道において、彼らよりも堕落してしまった。
エゼキエル16:47


観察
エゼキエルがエレミヤのように何度もなんども裁きの理由を語る。読むたびに心が痛む。

適用
神の愛を受け赦されてクリスチャンとなり、キリストの体となり、いつの間にかに、姿が見えなくなり、連絡も取れなくなるというのと変わらない。さばいているのではなく、どこかでも、礼拝という神に愛を示す生き方を続けて欲しい。また、礼拝が難しい生活の中でも、諦めずに祈り神を慕い求めて礼拝に戻ることを意識して欲しいと願い祈る。それはゴール、天国のことを思って生きて欲しいと思うからだ。そのための牧師でもある。

祈り
今日、明日とキャンプに合流する罪友の1人1人、また、すべてのメンバーのために祈ります。ガイ先生との友情を感謝します。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

ジャンル人気記事ランキング アラフォー女子ジャンル

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。