1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2015-06-30 18:42:44

明日は3ヶ月ぶり、西川口アンダーグラウンド『埼玉サイファー』

テーマ:ライブ感想
とは書きましたが、思いきり地上にハウスを構える西川口ハーツでのお馴染みのイベントになります(笑)

主催は西川口と言えば勿論この人、マサキオンザマイク!

マサキさん、毎回ありがとうございます!

今回も特典CDのレコーディングなど担当させて頂きました。


埼玉サイファー先着特典!
「超ノウミソクリーニング」
ILL THE 1H,FIZZ,DJ Ambitious,空廻
mix by kazubariki


こちらもかなりヤバイチューンに仕上がりましたので、是非ゲットして下さい!

下記イベント詳細!


---



ZGR/マサキオンザマイク主催
「埼玉サイファー9」
7月1日(水) 西川口ハーツ
16:00-22:00
¥500(D別/特典CD付)

◆DJ
YEW
KTR

◆LIVE
空也MC
マサキオンザマイク
1horse
ANCELL
Z.I.O-RAMA
村田活彦
SALPHA
KOOPA
赤目
狩谷赤人
&
当日枠!!!(恐らく早い者勝ち)

◆MC
FIZZ

(タイムテーブル動画)
https://youtu.be/k45EJgdKWBE

---

マサキさんの12インチ『ノウミソクリーニング』も間も無くリリース!

主催のマサキさんはじめ温かいメンバーでお迎え致しますので、お近くの方は是非遊びに来て下さい!

以上

I'll be back☆

---



2014年12月10日発売
【3rd Album『リスタート』/1horse/凱旋門Recordings(GSNMN-008)】¥2,500+Tax

また新たな旅の始まり…

沈黙から完全に復活し、溢れんばかりのバイタリティを源に活動する神奈川秦野出身のMC、1horse。

2nd Album『Sequence Music』から約三年の時が経ち、活動休止も含めた様々を経て、今までを見つめ直し、この三年間を凝縮した『リスタート』と銘打った3rd Albumが遂に完成。

活動再開後、UMB2013の東京予選でベスト4などMCバトルでの活躍やキレを増した多くのライブを重ね、『Between 2nd And 3rd E.P.』『Between 2nd And 3rd E.P.②』と3rdの架け橋となるEP2枚をリリース。

人生とは何だろうか…

辿り着いた今作品にはそんな思い通りに進まない三十路前の苦悩、その中に見い出す前向きな感情や希望、怒り、闇、本音…今まで内包されていた感のある奥底まで感情全てをさらけ出し、ストレートにリリックに落とし込み形になった。

過去作品に比べ、よりシンプルになった言葉は重みが増し、殆どが1度聴けば頭に入る曲ばかりで構成されている。

トラックメイカーには初めてとなるCARREC、KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA)、ElmØre、KO-ney、Osurek Bertopと既にシーンを騒がせている敏腕に加え、DJ RIND、yukihILL、I.B production、蝋人G女と身近の間違いない面子が勢揃い。

勿論凱旋門からも才人tanpiにKazubariki、nexus-Xが後押し。

客演にはサイプレス上野、DEJI、Y.A.S、ヒロキ、究慈、ROOKと重鎮から若い才能までが集結。

Lazy-13が手掛けたジャケットからも感じることが出来る、過去から脱却し、今の自分を信じ勝負に打って出る本番、これが3枚目。

先行で届けられた『Dream Walking』も含め全20曲、
約70分のフルセット、繰り広げるロングラリー必聴盤。

Trackmaker
CARREC,KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA),ElmØre,KO-ney,DJ RIND,yukihILL,Osurek Bertop,I.B production,tanpi,蝋人G女,Kazubariki,nexus-X

Featurig Artist
サイプレス上野,DEJI,Y.A.S,ヒロキ,究慈,ROOK

-Track List-
01.リスタートのOpening
(Prod by Kazubariki)
02.準備
(Prod by Kazubariki)
03.Restart
(Prod by CARREC)
04.Focus feat.DEJI,ヒロキ
(Prod by I.B production)
05.チャレンジャー
(Prod by CARREC)
06.腹減ノ詩
(Prod by 蝋人G女)
07.小旅行 feat. 究慈,ROOK
(Prod by tanpi)
08.打ちこわし
(Prod by 蝋人G女)
09.Skit -2年連続の失敗-
(Prod by DJ RIND)
10.好きな事だけ出来たなら -二つの世界-
(Prod by yukihILL)
11.History
(Prod by ElmØre)
12.また会おう
(Prod by Osurek Bertop)
13.気持ちだけ
(Prod by 蝋人G女)
14.Skit -ブレインノイズ-
(Prod by nexus-X)
15.ヒップホップの無い生活
(Prod by Kazubariki)
16.Dream Walking
(Prod by ElmØre)
17.ソノサキ feat.Y.A.S
(Prod by tanpi)
18.聴こえる feat.サイプレス上野
(Prod by CARREC)
19.Big Wave
(Prod by KO-ney)
20.リスタートのEnding
(Prod by KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA))

02,11.Scratched By DJ SION
03.04,05,15.Scratched By DJ RIND
All Mastered By Taizo Hayama At Green Brew Studio
Art Works By LAZY-13&Kazubariki


【MV】1horse/Restart(Prod by CARREC)
http://m.youtube.com/watch?v=9e4fCqVYOHI


【MV】1horse/Dream Walking(Prod by ElmØre)
https://m.youtube.com/watch?v=4Ik8_3PRPAk


【MV】1horse/聴こえる feat.サイプレス上野(Prod by CARREC)
http://youtu.be/dke1-jNmQ3s


【Trailer】リスタートTrailer -打ちこわし!!- /1horse(凱旋門Recordings)
https://m.youtube.com/watch?v=wOzY6uB_bZk


【取扱店舗】
TOWER RECORDS

DISK UNION

WENOD

CASTLE RECORDS

HMV

ZAKAI

LOCO SOUL

Amazon

---
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-06-30 18:19:17

日曜日の胎動のMCバトルに出て感じた事、イベント感想

テーマ:ライブ感想
日曜日は幡ヶ谷HeavySickでの『胎動』でのMCバトルに参戦させて頂きました。

胎動というイベントに初めて触れてきましたが、主催のikomaさんが現場で毎回丁寧にフライヤーを配っていてその姿勢からも前から本当に気になっていました。

ジャンルごちゃ混ぜのイベントとしてとても興味があり、自分はヒップホップサイドの人間という気持ちを持って胎動MCバトルに参戦させて頂きました。

もう既にTwitterに上げましたが、今回色々なジャンルが混ざっている胎動に出て本当に色々考えさせられることがありました。


まずMCバトルについて。

結果的に僕は決勝でINNTANAさんに敗れ準優勝でした。

バトルの結果を振り返りたいと思います。

トーナメント表を撮影し忘れてしまった為、準々決勝~の結果と覚えている試合を書きたいと思います。

トーナメントには28人が参加。

1回戦からビートも普通のバトルで使わないようなものを揃えていてとても面白かったと思いますし、吹き出してしまうようなものもありました。

やはり普段乗せないようなビートでありMCは全体的に苦戦していた印象です。

VS対戦MCであり、VSビートでもあるという感じでしょうか。

2回戦の『Z.I.O-RAMA VS chaplin』での北斗の拳にはかなりやられやした。

観ている分にはかなり面白かったのですが、2人とも見えない敵と戦っている、そんな感じがしました。

ど頭でビートを流したDJアンビシャスさんに秘孔(ひこう)を付かれてしまった感がありました。

でも格好良い試合だったと思います。

なぜか2回戦から出てきた(枠の関係?)主催のikomaさんとマサキさんの試合も笑いました。

ルパン三世をバトルビートに用いたのもやられました。


僕は1回戦はMCclock君。

去年のUMB西東京予選以来の再戦、機材トラブルあって2回やる形になりましたが、気持ち良く出来ました。

2回戦はバンドサイドレペゼンの港土君。

対峙してみて物凄い気魄を感じました。

試合はバトルモード、試合後はがっちり握手も出来て凄い伝わってくるものがありました。

28人の変則トーナメントの為、7人が勝ち上がり、ikomaを覗いた負けた6人でジャンケンをしてMI'zさんも準々決勝へ。


【準々決勝】
○BOZ VS INAVA aka モノオキ
○1horse VS マサキオンザマイク
chaplin VS INNTANA○
Carter VS MI'z(敗者復活)○


ここまで来たMCはブレが少ない人が残ったと思います。

『Carter VS MI'z(敗者復活)』は2回戦と同カード。

2回戦も延長でとても良い勝負でしたが、MI'zさんの熱量が勝りました。

Carter君はバンドもやっているので知識もありますし、ラップも上手い。この日1番ビートに乗っていました。


僕はマサキさんとの対決。

確か…5年前のジゴクナイトのバトル以来だと思います。

何とか勝利。正直に近過ぎるだけにやりづらかった。

しかし、闘いの後に温かい声を掛けてくれてやはり間違い無いなと思いました。

マサキさん、本当にありがとうございます!



準決勝へ。


【準決勝】
BOZ VS 1horse○
○INNTANA VS MI'z


『INNTANA VS MI'z』このあたりからINNTANAさんのエンジンが掛かり始めた感じがしました。

MI'zさんはこの日1番ビートに惑わされる事なく自分を出していたと思います。

やはり熱い気持ちはどの現場でも響くのかなと思いました。


そして僕は…遂に約束を果たす時が来た。

いつもどちらかが一歩手前で負けてしまい実現出来ていなかったBOZ君との準決勝。

ビートトラブルもありましたが、それ含めてかなり良い撃ち合いが出来ました。

安い言葉無しにぶつけ合う。BOZ君はマジで良いMCだと思いましたね。

かなりの僅差、勝って言うのもですが、延長やりたい試合でした。

BOZ君本当にありがとう!またやろう!

決勝へ。


【決勝】
1horse VS INNTANA○

先に書きますが、すいません。決勝はちょっとかまし切れませんでした。

INNTANAさんにも申し訳ありませんでしたが、INNTANAさんが文句無しの優勝。

おめでとうございます!

自分に悔しい気持ちがありましたが、INNTANAさんが優勝フリースタイルで『1horse君、一緒にやろうよ』と言ってくれて本当に嬉しかったです。

偶然ですがINNTANAさんは来月の上昇気流MC BATTLE特別篇のGUESTでもあり、また色々と宜しくお願い致します!




バトル全体を振り返ると胎動ならではのMCバトルで面白かったのですが、トラブルも多かったと思います。

まずビートを掛けているブレイクDJ自身がちゃんと8小説を分かっていない感じがありましたが、さすがにそれは厳しいと思います。

ちゃんと切り替わっているのにMCがミスしてしまう分にはこちらの責任なんですが、ちょっと度を超えていたような気がします。

やはり切り替わりはスクラッチも欲しいです。

エントリーMCも本気。

皆そうだと思いますが、少なくとも僕は遊びではエントリーはしません。

基本はやはり押さえないとと思いました。

しかし難解なビートだったり歌謡曲だったりDJ Ambitiousさんの挑戦する姿勢には本当に頭が下がりますし、流石胎動だとも思いました。

ビートが面白くてお客さん目線ではめちゃめちゃ楽しめていたので、更にスムーズになれば次回は更に良くなると思います。


BPMがかなりの速さだったり、8小説が分かり辛くて消化不良のMCも居たと思う。

今回に関してはズレもかなりあった。

ただ一回戦で負けてしまった富嶽MC君に『ビート難しかったね』と言ったら『いえ、自分が至りませんでした』と。

富嶽MC君の言い訳無しの潔さ、同じMCとしてビガップです!


反面、一回戦負けですぐ帰ったMCが多かった。

僕に挨拶してくれてそれは嬉しい。ただ『用事があるので…』

これは聞きたくない言葉でした。勝ち残ってたらどうだろう。

優勝するつもりが無いのか。

何人も居たのでショックでした。

ただ僕も普通に挨拶しちゃったし、直接言えなかった自分の甘さもあり申し訳なく思っています。

僕も前に最後まで残らなかった事があって凄い後悔している。

もし勝ち残ってたらどうにかして残ったと思うんです。

やはり最後までイベント楽しんでバトルの優勝者を見届けて生でその雰囲気を感じたMCがバトルも強くなりMCとしても成長した人が多いかなと周りをみていて思います。

だから昨日の事をこれ以上とやかく言うつもりは無いしもう終わってしまった事なので、もしこれを見て感じる事があるMCが居たら今後に繋げて欲しいと思っています。


色々含めて昨日はヒップホップサイドの甘さをかなり感じてしまいました。

バトルの試合に遅刻、エントリーのキャンセル…バンドの人達はかなりフロアを見ていて『さっきまでMCバトルに出ていたMCは今はどこにいるんだ』と言われた時、フロアにMCはほぼいなくて後ろめたい気持ちになりましたね。


僕ははっきり言いますが、音楽に関してかなり無知だと思います。

ハードコアについても全く知りませんでした。

それでも昨日出ていたバンドでFORCEOUT、ヱヰ十、RAGE WITH COURAGE…問答無用に格好良かったと思います。

本気でやっているのがめちゃめちゃ伝わってきました!


モッシュはちょっと怖いなというのが正直な感想。

ただヱヰ十のメンバーの1人が『この文化は他の側からしたら分からないと思う。だからこっち側も今日はそれ抜きで楽しもう』みたいに最初に言ってくれて響きました。

歩み寄ってくれている。

流石にモッシュは参加出来ませんでしたが、僕はヒップホップより頭振れたし、隣に居たINNTANAさんも頭振りまくりでした。

こういう表現で申し訳ありませんが心の中でモッシュしまくってました。

最高のライブだったなと思います。

そしてハードコア側のお客さんのマナーについて。

ギラついたモッシュしていた人がいましたが、暴れ回った後は一転、まわりに『ごめんなさい』という事を示す。

そして僕は壁際居たのですが、モッシュする人達が僕の方に来ると隣にいた女の人が手で塞いでくれたり(恐らく…)

素晴らしいなと思いました。


レゲエの祭華unitedさんのライブも本当に楽しかった。

下ネタ満載なんですけど乱暴なライブでは無く技量と丁寧さがありました。

ヒップホップでいうと我らがMC鈴木DXさんみたいな感じというのでしょうか、凄い楽しめました。


単二(土竜)君も相変わらず熱かった。

もうすぐfeat.にGama氏を迎えた曲を配信するみたいで楽しみですね。


トリのマサキさんのライブもジャンルレスに巻き込んでました。

マサキさんの知識は本当に凄い。説得力がある。

しかし終盤の熱くなってきた時にいきなり祭華さん達がオープンマイクみたいので恐らく勝手に乱入し、マサキさんがそれに応え笛を吹いたものの収拾つかない感じになりましたが、絶妙なタイミングで

マサキさん『おい、お前らもうステージから降りろ!』

という流れは最高でした(笑)


あとこの日のライブで初見だったもがくひとさんが良かった。

昨日の中でも稀有な感じでしたが丁寧に作り込まれていて好感が持てました。

もがくひとさんやSHUYA君が居たことがより胎動っぽさを増させていたような気がします。


RUB A DUBにも少し参加。

初めてやりましたが、なかなか難しい。

ただ上手く出来るわけも無いので、楽しんでやらせて頂きました。


カーター君も書いていてナイスだと思いましたが、FUTA-Rock君は影のMVPだと思う。

バトル負けた後も関係無くモッシュも含めフロアでずっと楽しんでいた姿勢は凄い。

色々な面でFUTA-Rock君は強くなっていくんじゃないかなと思います。


そういう面ではDJでも大車輪の活躍をしていたアンビシャスさんも凄かった。

自分の役割が終わるや否やライブをしっかり観てフロアでハッスル。

大先輩ですけど本当にタフでありフレッシュなんですよね。

なかなか出来る事じゃないです。


今まで上げた課題はキャパや箱の作りも多少関係あるかなと。

フロアとラウンジが完全に分離して居ましたし、出演者だけでも相当埋まっていましたし難しかったかなとは思います。

僕は飲めないのであれですけど飲みながら話したりするのもイベントの醍醐味でもあるのかなと思う。

来て頂いたお客さんも居ますしね。


ここまで色々書いてしまいましたが、今回ジャンルの壁を壊すというのを掲げたイベント『胎動』だからこそ書かせて頂きました。

普段のヒップホップのイベントでも思う事は山程あります。

でもあまり書かないのは改めて書くようなレベルの話で無かったりするんです。

誰かに言われて直すのでは無く、自然に出来なければいけないこと。

後はリリックもそうですけど、僕は皮肉めいた事を書くのはあまり好きじゃ無いというのもあります。

言い訳をしてしまい申し訳ありません。


でも今回は気持ちの面でヒップホップ代表として乗り込んだので色々考えてしまう事が多かったです。

特にハードコアバンド側に対して失礼だった気がしました。

僕はヒップホップは最高の音楽だと思ってやっている。

ハードコアの人達も同じでハードコアを最高だと思って取り組んでいるはず。

ジャンルの壁の無いイベントではありますが、それぞれが本気でやっているジャンルを持ち込んでいると思うんです。

僕にはハードコアの人達の本気さが凄い伝わってきました。

今回ヒップホップのライブ勢は間違い無かったと思うんですが、果たしてMCバトルのMCを観てどう思われたか考えてしまいました。

一回戦でパンパンだったフロアは決勝は隙間がありました。

一回戦から観てくれていたバンド側の人達はずっとしっかり観てくれていました。


最初から全てを理解出来る訳はありませんし、ikomaさんのTwitterを観させて頂きましたが、その通りだと思います。

ただ理解しようとする気持ちは絶対必要。

ましてや胎動のMCバトルを選んだならばそれは持って欲しい。


僕はこの日、出来る限りライブを観ました。

それをしたから凄いとかは全く無いんです。

ぶっちゃけこの日にハードコアを体感したからと言ってハードコアのイベントに行くという風にはならないのが正直なところです。

僕の場合はレゲエもそうだし、同ジャンルにしてもおかしくないポエトリーのイベントもなかなか行かないです。

だからこそこの日の胎動ではMCバトルもやれて、他ジャンルも体感出来る。

しかもikomaさんのイベントだからハードコアもレゲエも気持ちが間違い無い出演者のはず。

こんなイベントはなかなか無い。

そういう気持ちで胎動楽しませて頂きました。

他のジャンルの凄みを目の当たりにしたからこそ、より僕は自分なりのヒップホップを、音楽を頑張ろうと思いました。


色々マイナス面も書きましたが、それを言いたいわけでは無く、凄い可能性を秘めたイベントだということです。

少しずつでも気持ちを寄せることが出来れば更に良くなる。

今回こんなに楽しかったのに課題が多かったり話題になるというのは本当に凄いことだと思いますし、皆考えているんだなと思い嬉しくなりました。

現場は別に荒れたりとかは無く節度あるイベントでした。

主催のikomaさんはかなり大変だったと思いますが、イベント自体頭から最後まで本当に楽しかったです。


偉そうに書いてしまいましたが、僕もまだまだ至らない点多いので磨きたいと思います。

Tsukinowa君からもめっちゃ元気貰いました。

7/19の胎動のMCバトルではこの日の忘れ物取りにいきたいと思います。

ikomaさんはじめ関係者の皆さん、お疲れ様でした!

以上

I'll be back☆

---



2014年12月10日発売
【3rd Album『リスタート』/1horse/凱旋門Recordings(GSNMN-008)】¥2,500+Tax

また新たな旅の始まり…

沈黙から完全に復活し、溢れんばかりのバイタリティを源に活動する神奈川秦野出身のMC、1horse。

2nd Album『Sequence Music』から約三年の時が経ち、活動休止も含めた様々を経て、今までを見つめ直し、この三年間を凝縮した『リスタート』と銘打った3rd Albumが遂に完成。

活動再開後、UMB2013の東京予選でベスト4などMCバトルでの活躍やキレを増した多くのライブを重ね、『Between 2nd And 3rd E.P.』『Between 2nd And 3rd E.P.②』と3rdの架け橋となるEP2枚をリリース。

人生とは何だろうか…

辿り着いた今作品にはそんな思い通りに進まない三十路前の苦悩、その中に見い出す前向きな感情や希望、怒り、闇、本音…今まで内包されていた感のある奥底まで感情全てをさらけ出し、ストレートにリリックに落とし込み形になった。

過去作品に比べ、よりシンプルになった言葉は重みが増し、殆どが1度聴けば頭に入る曲ばかりで構成されている。

トラックメイカーには初めてとなるCARREC、KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA)、ElmØre、KO-ney、Osurek Bertopと既にシーンを騒がせている敏腕に加え、DJ RIND、yukihILL、I.B production、蝋人G女と身近の間違いない面子が勢揃い。

勿論凱旋門からも才人tanpiにKazubariki、nexus-Xが後押し。

客演にはサイプレス上野、DEJI、Y.A.S、ヒロキ、究慈、ROOKと重鎮から若い才能までが集結。

Lazy-13が手掛けたジャケットからも感じることが出来る、過去から脱却し、今の自分を信じ勝負に打って出る本番、これが3枚目。

先行で届けられた『Dream Walking』も含め全20曲、
約70分のフルセット、繰り広げるロングラリー必聴盤。

Trackmaker
CARREC,KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA),ElmØre,KO-ney,DJ RIND,yukihILL,Osurek Bertop,I.B production,tanpi,蝋人G女,Kazubariki,nexus-X

Featurig Artist
サイプレス上野,DEJI,Y.A.S,ヒロキ,究慈,ROOK

-Track List-
01.リスタートのOpening
(Prod by Kazubariki)
02.準備
(Prod by Kazubariki)
03.Restart
(Prod by CARREC)
04.Focus feat.DEJI,ヒロキ
(Prod by I.B production)
05.チャレンジャー
(Prod by CARREC)
06.腹減ノ詩
(Prod by 蝋人G女)
07.小旅行 feat. 究慈,ROOK
(Prod by tanpi)
08.打ちこわし
(Prod by 蝋人G女)
09.Skit -2年連続の失敗-
(Prod by DJ RIND)
10.好きな事だけ出来たなら -二つの世界-
(Prod by yukihILL)
11.History
(Prod by ElmØre)
12.また会おう
(Prod by Osurek Bertop)
13.気持ちだけ
(Prod by 蝋人G女)
14.Skit -ブレインノイズ-
(Prod by nexus-X)
15.ヒップホップの無い生活
(Prod by Kazubariki)
16.Dream Walking
(Prod by ElmØre)
17.ソノサキ feat.Y.A.S
(Prod by tanpi)
18.聴こえる feat.サイプレス上野
(Prod by CARREC)
19.Big Wave
(Prod by KO-ney)
20.リスタートのEnding
(Prod by KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA))

02,11.Scratched By DJ SION
03.04,05,15.Scratched By DJ RIND
All Mastered By Taizo Hayama At Green Brew Studio
Art Works By LAZY-13&Kazubariki


【MV】1horse/Restart(Prod by CARREC)
http://m.youtube.com/watch?v=9e4fCqVYOHI


【MV】1horse/Dream Walking(Prod by ElmØre)
https://m.youtube.com/watch?v=4Ik8_3PRPAk


【MV】1horse/聴こえる feat.サイプレス上野(Prod by CARREC)
http://youtu.be/dke1-jNmQ3s


【Trailer】リスタートTrailer -打ちこわし!!- /1horse(凱旋門Recordings)
https://m.youtube.com/watch?v=wOzY6uB_bZk


【取扱店舗】
TOWER RECORDS

DISK UNION

WENOD

CASTLE RECORDS

HMV

ZAKAI

LOCO SOUL

Amazon

---
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-06-29 19:42:50

土曜日の秦野での『五指烈弾』感想

テーマ:ライブ感想
表題の件ですが、その前夜の金曜の夜は初めて海老名サイファーに行きました。

本当は東海大学前駅サイファーに行こうと思ったのですが、戦極の撮影の関係で本来毎月第一金曜に合同でやっている海老名サイファーにこの日はなったとの事(結局雨の関係で撮影は無しに)

21:30くらいに合流しましたが、既に20~30人くらい居ました。

海老名には10代の頃は本当によく来ましたし、映画館など県央の人間にはかなり馴染み深い場所だと思います。

ビナウォークが出来て本厚木にかわって海老名が台頭。

本厚木が廃れていった感も感じましたが、更に海老名にはららぽーとも出来るようです。

ビナウォークが出来る前を考えると想像出来ないくらいに栄えましたね。

そういうのも手伝ってか集まりやすいですし、雨も完全にしのげる場所、そして雰囲気も良かった。

主催のクチナシ先生が居ると安心感半端無いですね。

手裏剣君やマッキーさん、太郎後藤君、呪外無君達とひたすらサイファー。

3年弱前に主催していた大森サイファーを終えてからサイファーに行ったのは北千住の一回だけだと思いますが、その時もあまりラップはしなかったんです。

なので、本当に久々のサイファーでMCバトルやオープンマイクより緊張しました(笑)

がすぐにほぐれ下らない内容なども交えて本当に楽しくラップ出来ました。

前から気になっていたのですが、今回翌日に秦野で『五指烈弾』があったのでタイミングが合いました。

主催のクチナシ君、東海大学前駅サイファー主催の太郎後藤君、そして集まった皆さん、お疲れ様でした!


そして土曜日は『五指烈弾』

イベント前にマウンテンレコーズ(以下ヤマレコ)に寄りましたが、そこにパンやお菓子の出張販売に来て居る方が。

会釈したら『一馬君ですよね?』と言われ…

最初分からなかったのですが、実家の近所に住んでいた方でした。

その方のお子さんが僕の一つ下で小学校の頃はよく皆で遊んでいました。

今は引越してしまい近所ではありませんが、秦野に住んでいますしパン屋さんを2年前くらいからやっているとの事。

いや~、びっくりしました。

良い土産話が出来たと思い帰って母親に話したら既に知っていて『知ってるんかい!』となりましたが(笑)

ヤマレコでお菓子やサンドを購入しイベント開催場所であるg109(ジートック)へ。

4月にオープンしたライブBARでなかなか秦野に帰れなかったので初めて伺いました。



ガチな秦野駅前!駅から最高のアクセス条件!

いや~、秦野に本当に良い場所が出来たと思います。


イベントは雰囲気良く凄い賑わっていたと思います。

しかも10年くらい会っていなかった友達がアポなしで来てくれ…この日はびっくりする事が本当多かった。

全然変わっていなくてしかもかなり前から自分のCDをチェックしていてくれたみたいで、大きな謎も解けました(笑)

色々話せましたし、本当にありがとう!


ゴモラ君とBeefy君(O-NISH)と続いたDJはアナログでのプレイ。

1年半ぶりに会ったBeefy君はMCだと思っていたのでDJやっているのは知りませんでした。

フロアも良い感じに温まりライブへ。


まずroofolks。

最近バトルの現場でよく会うSONNY君、チケット君、Ness君の1995の3MC。

本人達も納得いくライブじゃなかったかもしれませんが、気持ちは感じましたし、どんどん進んで欲しいです。


そして太郎後藤君。

ビートも本人、ラップも含め凄い研究しているんだろうというの感じました。

シンプルですが好きなライブでした。


そしてGorilla Gorilla君。

ライブは初めて観ましたが、本人のキャラもあると思いますが、余裕あるステージングで楽しいライブ。

ラップも上手いですし、雰囲気も更に良くなりました。


そしてJimBenjamin FROM HELL。

謎みっちゃんさんも加わり万全の体制。

なかなか観ないスタイルだと思うので皆の刺激になったのではと思います。

秦野に来てくれてやはり嬉しいです。


その後に僕も思いきりライブをやらせて頂きました。

バックDJをやってくれたBABE君、力を貸してくれたお客さんに感謝。


主催の妖精君(てぃんか~べる)のDJプレイで揺らした後にもう1人の主催者、Lili乃花君のライブ。

今までで1番気合い入っていたライブだと思う。

とても格好良かったです!

秦野は勿論、外部でもどんどん活躍して欲しいと思います。


そして妖精君(HELL BELL)のライブ。

HELL BELLに改名してから初めてということでしたが、ビートも格好良いし、最後の2曲は内面的な部分、かなり感じるものありました。

凄い良かった!

今は元気みたいですし、来月EPも出すとの事で頑張って欲しい。


主催の2人がバッチリなライブをした後に遂に秦野に…

GUEST LIVEでDUSTY HUSKY!

登場からヤバかった。というか皆マジでヘッズ過ぎ(笑)

僕もこのライブは完全にヘッズに戻りましたが(笑)

30分揺れっぱなし。

もうひたすら格好良いライブでした。

そしてまさかのWARAJIからJumbo君も客演で登場というサプライズ。

マジで最高のライブでした。

N.I.K.E君(DUSTY HUSKY)もですが、この日繋がれたJumbo君も同じ歳、めちゃめちゃ刺激になりました。

N.I.K.E君からCD買おうとしたら自分のと交換してくれて、本当にありがとう!

久々に会いましたがかなりやられましたね。

まだ聴けて無いんですけど、この日のライブからして絶対間違い無い。

元々購入する予定でしたが、こんなにライブ観て欲しいと思ったCDは久々かもしれないです。

秦野で本当に凄い事が起きていました!


客人にも色々な人が居ましたが、特にDJ surhyme君、CMK君の静岡勢に妖精君の同級生、インブラン君が居たのには上がりました。

皆3年以上ぶりだったと思います。

少し話しましたが、それぞれの道を進んでいるなと思いました。

surhyme君がライブを観てくれて『3年前と全然違いました!殻破りましたね』と言ってくれたのは素直に嬉しかったです。

僕もちょっと止まりましたが、今の元気な姿を観てもらえて良かったなと思います。


インブラン君は彼が中学生時代に大井町でのサイファー(大森サイファーの前身)から来てくれていたんです。もう6年前の話。

妖精君と僕が繋がったのは元はといえばインブラン君が大森サイファーのイベントに連れて来てくれて知り合いました。

その後インブラン君は高校からラグビーに打ち込んでいて現在大学3年生。

最初はかなり細いイメージでしたが、ラグビーで鍛え上げられ筋肉隆々でした!(笑)


ヤマレコの山上さんも駆けつけてくれて本当にありがとうございます!


全てが良かったと言えるのではと思います。

ヤマレコが出来て、g109というライブ出来る場所が出来ました。

Naked Truthが閉まってからは今まで機材を持ち込んでカラオケの一室でやっていた。

格段にやりやすくなりましたし、僕やLili乃花君の秦野勢も少しずつ成長。

平塚の妖精君達とも繋がり、Lili乃花君と妖精君2人がイベント主催。

本当に良い流れのまま開催に繋がったと思います。

2人に本当に感謝。

g109のスタッフの方々、関係者の皆さん、遊びに来てくれた方々、本当にありがとうございました。



四年前にNakedで僕が主催した『伝道師』には2人も来てくれていて、その時も新たな始まりでしたが、今回は更に踏み進んだ秦野のターニングポイントだと思います。

これから更に秦野や0463エリア面白くしたいですし、なると思います。

乞うご期待!

日曜日の胎動日記は別に書きます。

以上

I'll be back☆

---



2014年12月10日発売
【3rd Album『リスタート』/1horse/凱旋門Recordings(GSNMN-008)】¥2,500+Tax

また新たな旅の始まり…

沈黙から完全に復活し、溢れんばかりのバイタリティを源に活動する神奈川秦野出身のMC、1horse。

2nd Album『Sequence Music』から約三年の時が経ち、活動休止も含めた様々を経て、今までを見つめ直し、この三年間を凝縮した『リスタート』と銘打った3rd Albumが遂に完成。

活動再開後、UMB2013の東京予選でベスト4などMCバトルでの活躍やキレを増した多くのライブを重ね、『Between 2nd And 3rd E.P.』『Between 2nd And 3rd E.P.②』と3rdの架け橋となるEP2枚をリリース。

人生とは何だろうか…

辿り着いた今作品にはそんな思い通りに進まない三十路前の苦悩、その中に見い出す前向きな感情や希望、怒り、闇、本音…今まで内包されていた感のある奥底まで感情全てをさらけ出し、ストレートにリリックに落とし込み形になった。

過去作品に比べ、よりシンプルになった言葉は重みが増し、殆どが1度聴けば頭に入る曲ばかりで構成されている。

トラックメイカーには初めてとなるCARREC、KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA)、ElmØre、KO-ney、Osurek Bertopと既にシーンを騒がせている敏腕に加え、DJ RIND、yukihILL、I.B production、蝋人G女と身近の間違いない面子が勢揃い。

勿論凱旋門からも才人tanpiにKazubariki、nexus-Xが後押し。

客演にはサイプレス上野、DEJI、Y.A.S、ヒロキ、究慈、ROOKと重鎮から若い才能までが集結。

Lazy-13が手掛けたジャケットからも感じることが出来る、過去から脱却し、今の自分を信じ勝負に打って出る本番、これが3枚目。

先行で届けられた『Dream Walking』も含め全20曲、
約70分のフルセット、繰り広げるロングラリー必聴盤。

Trackmaker
CARREC,KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA),ElmØre,KO-ney,DJ RIND,yukihILL,Osurek Bertop,I.B production,tanpi,蝋人G女,Kazubariki,nexus-X

Featurig Artist
サイプレス上野,DEJI,Y.A.S,ヒロキ,究慈,ROOK

-Track List-
01.リスタートのOpening
(Prod by Kazubariki)
02.準備
(Prod by Kazubariki)
03.Restart
(Prod by CARREC)
04.Focus feat.DEJI,ヒロキ
(Prod by I.B production)
05.チャレンジャー
(Prod by CARREC)
06.腹減ノ詩
(Prod by 蝋人G女)
07.小旅行 feat. 究慈,ROOK
(Prod by tanpi)
08.打ちこわし
(Prod by 蝋人G女)
09.Skit -2年連続の失敗-
(Prod by DJ RIND)
10.好きな事だけ出来たなら -二つの世界-
(Prod by yukihILL)
11.History
(Prod by ElmØre)
12.また会おう
(Prod by Osurek Bertop)
13.気持ちだけ
(Prod by 蝋人G女)
14.Skit -ブレインノイズ-
(Prod by nexus-X)
15.ヒップホップの無い生活
(Prod by Kazubariki)
16.Dream Walking
(Prod by ElmØre)
17.ソノサキ feat.Y.A.S
(Prod by tanpi)
18.聴こえる feat.サイプレス上野
(Prod by CARREC)
19.Big Wave
(Prod by KO-ney)
20.リスタートのEnding
(Prod by KOYAN MUSIC(SDJUNKSTA))

02,11.Scratched By DJ SION
03.04,05,15.Scratched By DJ RIND
All Mastered By Taizo Hayama At Green Brew Studio
Art Works By LAZY-13&Kazubariki


【MV】1horse/Restart(Prod by CARREC)
http://m.youtube.com/watch?v=9e4fCqVYOHI


【MV】1horse/Dream Walking(Prod by ElmØre)
https://m.youtube.com/watch?v=4Ik8_3PRPAk


【MV】1horse/聴こえる feat.サイプレス上野(Prod by CARREC)
http://youtu.be/dke1-jNmQ3s


【Trailer】リスタートTrailer -打ちこわし!!- /1horse(凱旋門Recordings)
https://m.youtube.com/watch?v=wOzY6uB_bZk


【取扱店舗】
TOWER RECORDS

DISK UNION

WENOD

CASTLE RECORDS

HMV

ZAKAI

LOCO SOUL

Amazon

---
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。