契約更改16(千賀)

テーマ:

本日千賀選手の契約更改が行なわれました。

 

 

6500万からの6000万増の1億2500万で契約しました。今年は怪我もしましたが、最高勝率のタイトルも取りましたし、納得ですね。それにしてもホークスの今冬の契約更改はバブリーですね。

 

彼はプロ野球選手になった時、育成選手としてホークスに入団しました。育成選手というのは、簡単に言えば準プロ的な存在です。立派なプロ野球選手ですけどね。育成選手と通常選手の何が違うのかというと、まず背番号が3桁です。そして育成選手たちは1軍の試合に出られません。1軍というのは私たちが普段テレビなどで見る試合です。1軍があれば2軍もあり、育成選手は2軍で試合に出て結果を出して支配下登録をしてもらい始めて1軍の試合に出られる権利を得られます。支配下登録というのは本登録みたいなもので、背番号が2桁になります。でもまたそこから競争で一言言えば育成選手が1軍で活躍するのはものすごい難しいことです。現にほとんどの育成選手は1軍はおろか支配下選手すらされないままクビになってしまいます。

 

そして千賀選手も育成選手の一人でした。彼が入った時は、野手に自分より速い球を投げる人がいて心が折れかけたと話しています。まぁその選手は柳田選手なんですけど。彼についてはいずれ話します。ちなみに野手とはピッチャーじゃない人です。ピッチャーなのに野手より球が遅いなんて屈辱でしょうね…。大体育成選手が契約される理由は今はまだ大したことないが、一つ大きな武器を持っている可能性がある選手です。千賀の場合それはフォークでした。フォークというのは変化球の一種で、真下にストンと落ちる変化球のことです。ボールを人差し指と中指で挟んで投げます。

こんな感じで。速いストレート(変化しない真っ直ぐのボール)を投げられるピッチャーは大体持ってます。実いうと千賀投手は球速いです。最初は遅かったそうですが今は普通に155キロ投げられます。その話は置いといて、この千賀のフォークはとにかく落ちるんです。とにかくとにかく落ちます。落ちすぎて他の選手からお化けフォークとあだ名をつけられています。とにかくすごいんです。このフォークを武器にぐんぐん頭角を現しついに1軍デビューを果たします。初めて見た衝撃はすごかったです。巨人相手にフォークでどんどん三振を奪って行く姿。どんどん成長し、去年育成出身で初めて10勝以上をマークしました。今年は13勝4敗で最高勝率のタイトルを獲得しました。途中怪我で離脱してこの成績。彼の場合本当に負けないです。今年は見てて安心感もありました。

 

 

あと千賀選手はWBCという世界野球大会にも出場しています。この大会は今年ので4回目なのですが、日本は2回優勝しています。あのイチローや松坂大輔も出場しました。ですが近年の日本はメジャーリーガーが出場しにくくなったのでなかなか100%の戦力で出場できてません(メジャーリーガーとはアメリカのプロ野球リーグ【メジャーリーグ】でプレーしてる選手のことです。略してMLB。MLBは世界最高の野球リーグで日本とは桁違いです。日本のトップレベルの選手たちも何人か所属しています。イチローなどが有名ですね。)そして最近アメリカが本気をだして4回大会は一流メジャーリーガーをずらり揃えてきました。日本は準決勝でアメリカと戦って1対2で惜敗しました。負けましたが、日本のトップレベルはアメリカに通用すると証明してくれました。この試合で千賀も投げました。フォークでメジャーリーガーが三振するのは鳥肌が立ちました。味方のエラーで1点取られてしまいましたが、5試合くらいなげて失点はその1点のみ。大会の表彰で日本からただ一人千賀は選ばれました。なので彼は世界のSENGAとあだ名がつけられました。育成選手が世界大会で表彰を受けるまでに成長したのです。そして2017シーズンは日本一。彼は今年疲れはしたであろうけど、最高のシーズンだったのではないでしょうか。世界にも認められはじめて、今後ますます期待できます。

 

来年は20勝&防御率1点代を目指してほしい。そして欲を言えば、完封を増やしてほしいです。それができたらもうメジャーレベルですね。来年もお願いします。