星組バウ「New Wave!-星-」の私的感想(未見の方は閲覧注意) | たからづかを愛していた▪タカラヅカを愛している▪宝塚を愛していく…多分

たからづかを愛していた▪タカラヅカを愛している▪宝塚を愛していく…多分

恐らく、殆ど大部分宝塚の話になると思います^_^;
ごく稀に日常とか…


テーマ:
感想書くの遅くなりましたが…幸運にも、初日見る事が出来ました(*´∀`)♪


では、早速私見バリバリに…


私はNWシリーズは花組映像しか見ていなくて、後は断片的映像しか見ていません。


花組NWから早5年…センターだった望海風斗嬢は、今や雪組トップ…

足かけ5年でようやく星組に回ってきましたが、いつかは全組制覇…は想像出来ても、誰が瀬央ゆりあ嬢と紫藤りゅう嬢センターを想像出来たでしょうか?


私だって、するなら

十碧れいや
麻央侑希
礼真琴

このお三方センター…と思っていた位です。

もっと早く星NWしていたら、センター入り出来たか?無理だったかも…な瀬央嬢と紫藤嬢…強運の持ち主だと思います。



そして今回…紫藤嬢もセンターの位置付けではありますが…実質、瀬央嬢がド真ん中でした。

いかんせん初日で、固さとか緊張、センター不慣れ感は否めなかったんですけど、重圧に負けまい、成功させたい!これを足掛かりにしたい!という熱や、いい意味での野心は感じられました。


演出は…花組のNWしかちゃんと見てないけど、今回もラテンスタートから、生徒紹介にティンパレス演奏、その組の作品楽曲メドレー…と手抜き、基、恒例ものに色々加味されていた感じだったかな?

友フートは「花NWは、通いはキツかった…」と言ってますが、私はまぁ、楽しく見れました。生で見るの初めてだったし(笑)

でも、懐かしの星作品メドレーとか、幻の名作「ジュジュ」のシーンとか、知らない方は知らないなりに楽しめるけど、ファン歴長い方にはより美味しい構成で…

私もジーザス・ディアマンテとかテンション上がったけど、ああ、オルフェウス見れなかった!コルドバも!ジュジュ、見たい~!とか、悔しさ込み上げました…(苦笑)



では、各場面雑感

プロローグ

「コパカバーナ」から始まるラテン…熱かったわ~、バウ、寒い位冷房効いていたから、丁度良かった(笑)

ティンパレス演奏

これ、客は手拍子とか打ちにくいし、最初は見ているだけになりがちなのがなぁ…最後、瀬央嬢スティック落としそうだったけど、なんとか踏ん張った( ̄▽ ̄;)

「ノバ・ボサ・ノバ」メドレー

私が暗黒時代からの復活間もない頃に、星組ノバ…を見ました。瀬央嬢はどこにいるか分からなかったし、華鳥礼良嬢は初舞台生でした。そうした方々が「オ~ラ~ラ~オ~レレ~♪」と真ん中で歌ってるのを聞いて、感慨深かったです…( ;∀;)


洋楽メドレー

カーペンターズの「クローズ・トゥ・ユー」とか「スーパースター」とかあって、「おい、版権大丈夫だろうな!?」ってなったけど、日本語交えて歌ったので、なんとかクリア出来るのでは…(^_^;)

桜庭舞嬢…キラールージュでの歌唱がイマイチに感じていたので、どうかな?だったけど、ここでは伸びのある綺麗な歌唱でした。

「スーパースター」を歌った極美慎嬢…目立つ目立つ!でっかい原石だなぁ…お歌はまだ発展途上中だけど、今後、どんな研磨かけられるか楽しみ(*´∀`)

瀬央嬢センターでマイケル・ジャクソン氏の「スムース・クリミナル」…超好きなので、胸熱( ;∀;)

でもさ…仕方ないけどさ…「スムース・クリミナル」なら、やはり「斜め45度」なのよ…無理なのは承知だけど、見たかったのよ…


これね(笑)
衣装もこれにしてほしかったな…


ジャズメドレー

紫藤嬢シーン…躍動感あるなぁ…って、紫藤嬢って、技術に目立つ穴がないのね(゜ロ゜)全然そつなくて、アピール力あってあまり目立たなかったのが不思議な位…


タンゴシーン

水乃ゆり嬢が瀬央嬢と組んで踊り…瀬央嬢、ダンス頑張ってました。
水乃嬢…夢咲ねね女史に似てる!と言われてますが、私はダンス姿に、風花舞女史や愛原実花女史の面影を見ました。


「リベルタンゴ」で1幕は終わり…瀬央嬢、トークとかはゆるめなので、その後にここでの色香…で、ものすごいギャップ!それを上手くファン獲得に取り入れられないものか…


2幕

かつての星演目メドレー

瀬央嬢のオルフェウス…見てなくても、寺田メロディーにジーンとくる( ;∀;)
紫藤嬢のコルドバ…お品ある顔からのパッションある歌唱で、聴かせていた
極美嬢の花の業平…歌うまなら誰もが憧れる「忍ぶの乱れ」…うん、もうちょい余裕感がほしいかな?

紫藤嬢と華鳥嬢の「ひとかけらの勇気」…歌いだしが華鳥嬢なので、え?華鳥嬢がパーシー!?になる(汗)でも華鳥嬢、ナイスアシスト!

ロミジュリの「世界の王」、オーシャンズ11の「楽園を出た二人」と続いて

やはり、ファンはたまらないでしょう…瀬央嬢の「運命よ、今夜は女神らしく」再び!
新公主演から早3年、あの時より大人で余裕あるスカイで、こちらも「きゃーっ(//∇//)」になりました(笑)


「サマータイム」を紫藤嬢がムーディーに聴かせた後


瀬央嬢と華鳥嬢のカフェのシーン…ガンガン歌って誘惑して…と、本公演では見られないだろうヒロイン技を見せてくれました。その後の瀬央嬢のレ・ミゼラブルの歌も良かった。


遥斗勇帆嬢の情感ある「セ・シャルマン」に「セ・シャルマンが見たい~!( ノД`)…」になり…
「I am what I am」に、大地真央女史の生歌、聞きたかった…(。´Д⊂)になり…
「ジュジュ」の子守唄を歌う瀬央嬢に「ジュジュ~!!」となり…

昔を半端に知ってる自分は、つくづくめんどくさい(苦笑)


黒い瞳

麻路さき×白城あやかという、かつての星組ゴージャスコンビが演じたシーン…

…私、この時まで瀬央嬢女装シーンがあることをすっかり忘れていて、出てきた美女に「誰っっ!?(゜〇゜;)?????」ってなりました(笑)
以前、タカスペで女装をして、それがトラウマだったという瀬央嬢…私も「うーん…」とならなかったと言えば、嘘になります( ̄▽ ̄;)

しかし、ちゃんと挽回してきてるんです!

今回は衣装が良かったのと、ヅラ選びに成功したのが勝利の原因だと思いますが、「あなた、やれば出来るじゃない…( ;∀;)」となります。瀬央嬢を見る最大の楽しみは、そこなのかも知れません…しかも、美脚だったし(笑)

そして、NW恒例アメイジング・グレイスとイフ・イッツ・オーバー…ソウルフルに歌う華鳥嬢と透明感ある桜庭嬢…対照的な歌を聴けて良かった( ̄ー ̄)


瀬央嬢の挨拶…センターだけでなく、組の長でもあるのでプレッシャー半端なかっただろうけど、無事に初日終わって柔らかい表情になってましたね(*´ー`*)

…まぁ、技術的には「華鳥礼良withフレンズ」といった赴きのあるショーになっていたように感じますが…(^_^;)

でも、初日から1週間経った今頃は、いい具合にこなれていってるかも…初日のまっさらな状態で見るのもいいけど、今も見たいなぁ…チケットも時間もないわ…(T_T)
(因みに、バウ初日観劇は、今回が初めてでした)

熱い波を起こしている星組子ですが、台風まで呼び寄せているようで(汗)、明後日見る方はご用心を…


最後に、活きが良く未来ある星組子(特に瀬央嬢)に、関西の親戚のおばちゃん風にエールを送りたいと思います(笑)


「あんた、頑張りやっ!」

Maryさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス