週末もバランガンにお越し下さりありがとうございました。バランガン 銀座店の遙華です。


昨日勉強が終わった後、夕食を作っているとTVから4月12日に行われた東京大学の入学式で、女性学のパイオニアである社会学者の野千鶴子氏の祝辞についてのニュースが流れ


それは難しい事はよくわからない私でさえも、上野氏の柔和な佇まいとともに、優しさと受け入れながらも芯がある二黒土星を感じる話し方で心にしみる内容でした。


熾烈な競争を勝ち抜いた入学生への歓迎の言葉とともに2割を超えない東大への女性入学者の話を交えながら社会での差別の話をした後


抜粋

あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。

の言葉に改めて自分自身も頑張ることの報いを信じれる、信じれた環境があったこと、作ってもらっていたことへの感謝を感じ

抜粋

あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。

の言葉に去年読んだ本の中で一流と超一流の違いについての文章を思い出しました。


一流とはそのものだけが引き立ち
超一流とは他の周りにあるものも引き立たせる力があるもの。


とありその言葉の通りに入学生に対して言われていた事に感銘を受けました。
そしてそれを話す上野氏が気学で命式を立てると


御歳71歳  


話す事が上手く口を表す七赤金星を本命星にもち、女性学がないから作った。というくらいの行動力といくつになっても若々しさをもつ三碧木星、華やかさと先見の明がある九紫火星をお持ちでやはり柔らかさは日命で二黒土星をお持ちでした。


今回の祝辞が賛否両論をよんだのは年運で破れと書く歳破がついてるからかな


けれどニュースで大きく出たことで全く東大の祝辞とは縁がない私も知る事、考える事、感じる事ができ爆笑他を尊重し思いやる気持ちを大事にし助け合い、平等であって平等でない時代に東京大学という場所での祝辞で上野氏がのべられていた事に応援者ができたような勇気をもらえました。


何かを信じれる恵まれている今に気づかされ感謝ができ、応援がすぐ近くにあると感じると見えなかった未来が見える


皆様は様々な形で導く力をもつ星と未来をお持ちです。
それを見させて頂けませんか?


本日バランガン 銀座店にてお待ちしております。





 バランガン  銀座 

中央区銀座2丁目3-18
銀座高考ビル2F
12時〜20時

※月曜、金曜、土曜日 出演 


お電話一本で「遙華」でご予約とご指名
頂けます。



バランガン 新宿にて
4月23日水曜 レディースデイ 
イレギュラー出演致します!

新宿

予約・お問い合わせ 

03-3353-8030

営業時間 12時~20



Twitter、Instagramもやっております。
バランガン 遙華で検索して頂けるとでてきます!